クラスターの管理 - Amazon EKS

クラスターの管理

この章では、クラスターの管理に役立つ以下のトピックについて説明します。AWS Management Consoleを使用して、ノードおよびワークロードに関する情報を表示することもできます。

  • kubectl のインストール — Kubernetes を管理するためのコマンドラインツール kubectl のインストール方法を説明します。

  • eksctl コマンドラインユーティリティ — Amazon EKS で Kubernetes クラスターを作成および管理するためのシンプルなコマンドラインユーティリティをインストールする方法について説明します。

  • チュートリアル: Kubernetes ダッシュボード (ウェブ UI) のデプロイ — Kubernetes クラスターとアプリケーション用のウェブベースのユーザーインターフェイスであるダッシュボードをインストールする方法について説明します。

  • Kubernetes メトリクスサーバーのインストール – Kubernetes メトリクスサーバーは、クラスター内のリソース使用状況データを集約します。デフォルトでは、クラスターにはデプロイされませんが、Kubernetes ダッシュボードや Horizontal Pod Autoscaler などの Kubernetes のアドオンで使用されます。このトピックでは、メトリクスサーバーのインストール方法を説明します。

  • Prometheus を使用したプレーンメトリクスのコントロール – Kubernetes API サーバーは、モニタリングと分析に役立つ多数のメトリクスを公開します。このトピックでは、Prometheus をデプロイする方法と、これを使用してクラスターの動作を表示および分析する方法をいくつか説明します。

  • Amazon EKS での Helm の使用 – Kubernetes 用の Helm パッケージマネージャーを使用すると、Kubernetes クラスターにアプリケーションをインストールし、管理できます。このトピックは、Helm バイナリをインストールして実行する際に役立ちます。これにより、ローカルコンピューターで Helm CLI を使用してチャートをインストールおよび管理することができます。

  • Amazon EKS リソースのタグ付け – Amazon EKS リソースを管理しやすくするために、タグ形式で各リソースに独自のメタデータを割り当てることができます。ここでは、タグとその作成方法について説明します。

  • Amazon EKS サービスクォータ – AWS アカウントには、AWS のサービスごとにデフォルトのクォータ (以前は制限と呼ばれていました) があります。Amazon EKS のクォータと拡大方法について説明します。