Elastic Beanstalk 環境でのリソースのタグ付け - AWS Elastic Beanstalk

Elastic Beanstalk 環境でのリソースのタグ付け

AWS Elastic Beanstalk 環境にタグを適用できます。タグは、AWS リソースに関連付けられているキーと値のペアです。Elastic Beanstalk リソースのタグ付け、ユースケース、タグのキーと値の制約、サポートされているリソースタイプの詳細については、「Elastic Beanstalk アプリケーションリソースのタグ付け」を参照してください。

Elastic Beanstalk は、環境タグを環境リソース自体に適用するだけでなく、Elastic Beanstalk が環境用に作成する他の AWS リソースにも適用します。タグを使用して、環境内の特定のリソースレベルでアクセス権限を管理することができます。詳細については、Linux インスタンス用 Amazon EC2 ユーザーガイドの「Amazon EC2 リソースのタグ付け」を参照してください。

Elastic Beanstalk では、デフォルトで環境にいくつかのタグが適用されます。

  • elasticbeanstalk:environment-name – 環境の名前。

  • elasticbeanstalk:environment-id – 環境 ID。

  • Name – こちらも環境の名前です。Name は、Amazon EC2 ダッシュボードでリソースを識別およびソートするために使用されます。

これらのデフォルトのタグは編集できません。

タグは、Elastic Beanstal 環境の作成時に指定できます。既存の環境では、タグの追加や削除、既存タグの値の更新ができます。環境には、デフォルトのタグを含む最大 50 個のタグを含めることができます。

環境の作成時にタグを追加する

Elastic Beanstalk コンソールを使用して環境を作成する場合、新しい環境の作成ウィザードの [タグの変更] 設定ページでタグのキーと値を指定できます。


        Elastic Beanstalk コンソールで環境作成時に使用するタグの変更設定ページ

EB CLI を使用して環境を作成する場合は、eb create--tags オプションを使用してタグを追加します。

~/workspace/my-app$ eb create --tags mytag1=value1,mytag2=value2

AWS CLI や他の API ベースのクライアントでは、create-environment コマンドで --tags パラメータを使用します。

$ aws elasticbeanstalk create-environment \ --tags Key=mytag1,Value=value1 Key=mytag2,Value=value2 \ --application-name my-app --environment-name my-env --cname-prefix my-app --version-label v1 --template-name my-saved-config

保存済み設定にはユーザー定義タグが含まれます。環境の作成時にタグが含まれる情報を適用すると、新しいタグを指定しない限り、これらのタグが新しい環境に適用されます。前述の方法の 1 つを使用して環境にタグを追加した場合、保存済み設定に定義されているタグはすべて破棄されます。

既存環境のタグの管理

既存の Elastic Beanstalk 環境のタグを追加、更新、削除できます。Elastic Beanstalk により、環境のリソースに変更が適用されます。

ただし、Elastic Beanstalk によって環境に適用されるデフォルトのタグは編集できません。

Elastic Beanstalk コンソールで環境のタグを管理するには

  1. Elastic Beanstalk コンソールを開き、[リージョン] リストで AWS リージョンを選択します。

  2. ナビゲーションペインで、[環境] を選択し、リストから環境の名前を選択します。

    注記

    環境が多数ある場合は、検索バーを使用して環境リストをフィルタリングします。

  3. ナビゲーションペインで、[ Tags] を選択します。

    タグの管理ページに、現在環境に存在するタグのリストが表示されます。

    
            環境のタグを示すタグの管理ページ
  4. タグを追加、更新、または削除します。

    • タグを追加するには、リストの下部にある空のボックスに入力します。別のタグを追加するには、[タグの追加] を選択すると、Elastic Beanstalk によって空ボックスのペアが追加されます。

    • タグのキーまたは値を更新するには、タグの行で対応するボックスを編集します。

    • タグを削除するには、タグの値ボックスの横にある [Remove (削除)] を選択します。

  5. [適用] を選択します。

EB CLI を使用して環境を更新する場合は、eb tags を使用してタグを追加、更新、削除、一覧表示します。

たとえば、次のコマンドでは、デフォルト環境のタグを一覧表示します。

~/workspace/my-app$ eb tags --list

次のコマンドでは、mytag1 タグを更新して mytag2 タグを削除します。

~/workspace/my-app$ eb tags --update mytag1=newvalue --delete mytag2

オプションの完全なリストおよび詳細な例については、「eb tags」を参照してください。

AWS CLI または他の API ベースのクライアントでは、list-tags-for-resource コマンドを使用して、環境のタグを一覧表示します。

$ aws elasticbeanstalk list-tags-for-resource --resource-arn "arn:aws:elasticbeanstalk:us-east-2:my-account-id:environment/my-app/my-env"

環境のタグを追加、更新、または削除するには、update-tags-for-resource コマンドを使用します。

$ aws elasticbeanstalk update-tags-for-resource \ --tags-to-add Key=mytag1,Value=newvalue --tags-to-remove mytag2 \ --resource-arn "arn:aws:elasticbeanstalk:us-east-2:my-account-id:environment/my-app/my-env"

追加するタグと更新するタグを update-tags-for-resource--tags-to-add パラメータで指定します。存在していないタグが追加され、既存のタグの値が更新されます。

注記

これらの 2 つの AWS CLI コマンドを Elastic Beanstalk 環境で使用するには、環境の ARN が必要です。ARN を取得するには、次のコマンドを使用します。

$ aws elasticbeanstalk describe-environments