インスタンスフリートまたはユニフォームインスタンスグループでクラスターを作成する - Amazon EMR

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

インスタンスフリートまたはユニフォームインスタンスグループでクラスターを作成する

クラスターを作成して、マスターノード、コアノード、およびタスクノードの構成を指定するとき、2 つの構成オプションがあります。インスタンスフリートまたはユニフォームインスタンスグループ を使用できます. 選択する構成オプションは、すべてのノードに適用されます。クラスターの使用期間にわたり適用され、インスタンスフリートとインスタンスグループはクラスター内で共存できません。インスタンスフリート構成は、5.0.xバージョンを除き、Amazon EMRのバージョン 4.8.0 以降で利用できます。

EMR コンソール、AWS CLI、または EMR API を使用して、いずれかの構成のクラスターを作成できます。create-cluster から AWS CLI コマンドを使用するとき、--instance-fleets パラメータでインスタンスフリートを使用してクラスターを作成するか、--instance-groups パラメータでユニフォームインスタンスグループを使用してクラスターを作成します。

EMR APIを使用する場合も同じです。構成を使用して InstanceGroups オブジェクトの配列を指定するか、 InstanceGroupConfig 構成を使用して、 InstanceFleets オブジェクトの配列を指定します InstanceFleetConfig

EMR コンソールで、クラスターの作成時にデフォルトの [Quick Options (クイックオプション)] 設定を使用する場合、 はユニフォームインスタンスグループ設定をAmazon EMRクラスターに適用し、オンデマンドインスタンスを使用します。ユニフォームインスタンスグループでスポットインスタンスを使用するか、インスタンスフリートと他のカスタマイゼーションを構成するには、[Advanced Options (詳細オプション).] を選択します。

ヒント

すでに作成したクラスターを素早く簡単にレプリケートするために、Amazon EMRはコンソール内で 2つのオプションを提供します。クラスターをクローンするか、 create cluster CLIコマンドを生成できます。まず、[クラスターリスト] を選択し、レプリケートするクラスターを選択します。[AWS CLI export (AWS CLI エクスポート)] を選択して、 によってクラスター用の同等の Amazon EMR CLI コマンドcreate clusterが生成されるようにします。これにより、コピーして貼り付けることができます。[Clone (クローン)] ボタンを選択して、 がコンソール設定をAmazon EMRレプリケートするようにします。 Amazon EMR は、[Advanced Options (詳細オプション)] の最後のステップを表示して、クラスターの設定を確認します。[Create cluster (クラスターの作成)] を選択して新しいクラスター (同じ名前で別のクラスター ID) を作成するか、[Previous (前へ)] を選択して戻って設定を変更します。

インスタンスフリート

インスタンスフリート構成により、EC2 インスタンスのプロビジョニングオプションが最も広範になります。各ノードタイプには 1 つのインスタンスフリートがあり、タスクインスタンスフリートはオプションです。インスタンスフリートごとに、最大 5 つのインスタンスタイプ (タスクインスタンスフリートで最大 15 のインスタンスタイプを割り当て戦略を使用する場合) を指定し、オンデマンドインスタンスおよびスポットインスタンスとしてプロビジョニングできます。コアインスタンスフリートとタスクインスタンスフリートの場合、オンデマンドインスタンスにはターゲット容量を割り当て、スポットインスタンスには別の容量を割り当てます。 は、指定されたインスタンスタイプの組み合わせAmazon EMRを選択して、ターゲット容量を満たし、オンデマンドインスタンスとスポットインスタンスの両方をプロビジョニングします。

マスターノードタイプの場合、 はインスタンスのリストから単一のインスタンスタイプAmazon EMRを選択し、オンデマンドインスタンスまたはスポットインスタンスとしてプロビジョニングされるかどうかを指定します。インスタンスフリートには、スポットインスタンスとオンデマンド購入の追加オプションもあります。スポットインスタンスオプションには、定義された期間 (スポットブロックとも呼ばれる)、スポット容量をプロビジョニングできない場合に実行するアクションを指定するタイムアウト、スポットインスタンスフリートを起動するための優先配分戦略 (容量最適化) が含まれます。オンデマンドインスタンスフリートは、 配分戦略 (最低価格) を使用して起動することもできます。詳細については、「 」を参照してください。インスタンスフリートを構成する. サービスロールで EMR のデフォルトサービスロールまたは EMR 管理ポリシーではないサービスロールを使用している場合は、カスタムクラスターサービスロールにアクセス許可を追加して、配分戦略を有効にする必要があります。詳細については、「 」を参照してください。Service Role for Amazon EMR (EMR Role).

ユニフォームインスタンスグループ

ユニフォームインスタンスグループは、簡素化されたセットアップを提供します。各 Amazon EMR クラスターは、1 つの EC2 インスタンスを含む 1 つのマスターインスタンスグループ、1 つ以上の EC2 インスタンスを含むコアインスタンスグループ、および最大 48 オプションのタスクインスタンスグループから成る、最大 50 のインスタンスを含む可能性があります。各コアおよびタスクインスタンスグループは、任意の数の EC2 インスタンスを含むことができます。手動で EC2 インスタンスを追加または削除することで、各インスタンスグループをスケールするか、自動スケーリングを設定することもできます。ユニフォームインスタンスグループの構成の詳細については、「 」を参照してください。ユニフォームインスタンスグループを構成する. インスタンスの追加および削除の詳細については、「 」を参照してください。クラスターリソースのスケーリング.