クラスターハードウェアおよびネットワークを設定する - Amazon EMR

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

クラスターハードウェアおよびネットワークを設定する

Amazon EMR クラスターの作成時における重要な考慮事項は、Amazon EC2 インスタンスおよびネットワークオプションを構成する方法です。この章では、次のオプションについて説明し、それらをすべてとベストプラクティスとガイドライン

  • Node Types— EMR クラスターの Amazon EC2 インスタンスは、次のように編成されています。ノードの種類。3 つがあります。マスターノード,コアノード, およびタスクノード。各ノードタイプは、クラスター上にインストールする分散アプリケーションにより定義される一連のロールを実行します。たとえば、Hadoop MapReduce または Spark ジョブの実行中に、コアノードとタスクノードのコンポーネントはデータを処理し、出力をAmazon S3 または HDFS に転送し、ステータスメタデータをマスターノードに提供します。単一ノードクラスターの場合、すべてのコンポーネントはマスターノード上で実行されます。詳細については、「」を参照してくださいノードタイプ (マスター、コア、タスクノード) について理解する

  • EC2 インスタンス— クラスターの作成時に、各タイプのノードが実行する Amazon EC2 インスタンスについて選択します。EC2 インスタンスタイプは、ノードの処理およびストレージプロファイルを決定します。ノードの Amazon EC2 インスタンスの選択は、クラスター内の個々のノードタイプのパフォーマンスプロファイルを決定するため、重要です。詳細については、「」を参照してくださいAmazon EC2 インスタンスを設定する

  • ネットワーク— Amazon EMR クラスターは、パブリックサブネット、プライベートサブネット、または共有サブネットを使用して VPC 内で起動できます。ネットワーク構成によって、顧客とサービスがクラスタに接続して作業を実行する方法、クラスタがデータストアへの接続方法などを決定します。AWSリソース、およびそれらの接続のトラフィックを制御するためのオプション。詳細については、「」を参照してくださいネットワーキングを設定する

  • インスタンスのグループ化— 各ノードタイプをホストする EC2 インスタンスの集合は、インスタンスフリートまたはユニフォームインスタンスグループ。インスタンスグループ化設定は、クラスターの作成時に選択します。この選択により、クラスターの実行中にクラスターにノードを追加する方法が決まります。設定は、すべてのノードタイプに適用されます。この価格を後で変更することはできません。詳細については、「」を参照してくださいインスタンスフリートまたはユニフォームインスタンスグループでクラスターを作成する

    注記

    インスタンスフリート設定は、5.0.0 および 5.0.3 を除く Amazon EMR リリースバージョン 4.8.0 以降でのみ使用できます。