AWS IoT Device Shadow デモアプリケーション - FreeRTOS

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS IoT Device Shadow デモアプリケーション

重要

このデモは、廃止された Amazon FreeRTOS リポジトリでホストされています。新しいプロジェクトを作成するときは、ここから始めることをお勧めします。廃止予定の Amazon FreeRTOS リポジトリに基づく既存の FreeRTOS プロジェクトがすでにある場合は、を参照してくださいアマゾン無料の GitHub リポジトリ移行ガイド

はじめに

このデモでは、AWS IoT Device Shadow ライブラリを使って AWS Device Shadow サービスに接続する方法を説明しています。coreMQTT ライブラリ を使用して、AWS IoT MQTT ブローカーと coreJSON ライブラリパーサーへの TLS (相互認証) MQTT 接続を確立し、AWS Shadow サービスから受信したシャドウドキュメントを解析します。デモでは、シャドウドキュメントの更新方法やシャドウドキュメントの削除方法など、基本的なシャドウオペレーションについて説明します。また、AWS IoT Device Shadow サービスから送信されるメッセージ (シャドウ /update/update/delta メッセージなど) を処理するために coreMQTT ライブラリを使ってコールバック関数を登録する方法も示します。

このデモは、シャドウドキュメント (状態) の更新要求と更新レスポンスが同じアプリケーションによって行われるため、学習演習としてのみ意図されています。現実的な本番シナリオでは、デバイスが現在接続されていない場合でも、外部アプリケーションによってデバイスの状態の更新がリモートで要求されます。デバイスは、接続時に更新要求を承認します。

注記

FreeRTOS デモをセットアップして実行するには、FreeRTOS の開始方法 の手順に従います。

機能

デモでは、シャドウ /update/update/delta コールバックを示す一連の例をループする 1 つのアプリケーションタスクを作成して、リモートデバイスの状態を切り替えます。新しい desired 状態のシャドウアップデートを送信し、デバイスが新しい desired 状態に応答して reported を変更するまで待ちます。さらに、シャドウ /update コールバックは、変化するシャドウの状態を出力するために使用されます。また、AWS IoT MQTT ブローカーへの安全な MQTT 接続を使用し、デバイスシャドウが powerOn の状態であると想定します。

このデモでは以下のオペレーションを実行します。

  1. shadow_demo_helpers.c のヘルパー関数を使用して MQTT 接続を確立します。

  2. AWS IoT Device Shadow ライブラリで定義されたマクロを使用して、デバイスシャドウオペレーションの MQTT トピック文字列を組み立てます。

  3. デバイスシャドウの削除用に使用する MQTT トピックに公開して、既存のデバイスシャドウを削除します。

  4. shadow_demo_helpers.c のヘルパー関数を使って、/update/delta/update/accepted/update/rejected の MQTT トピックをサブスクライブします。

  5. shadow_demo_helpers.c のヘルパー関数を使って powerOn の望ましい状態を公開します。これにより、デバイスに /update/delta メッセージが送信されます。

  6. prvEventCallback で受信 MQTT メッセージを処理し、AWS IoT Device Shadow ライブラリ (Shadow_MatchTopic) で定義される関数を使ってそのメッセージがデバイスシャドウに関連しているかどうかを判断します。メッセージがデバイスシャドウ /update/delta メッセージの場合、メインのデモ関数が 2 つ目のメッセージを発行して、報告された状態を powerOn に更新します。/update/accepted メッセージを受信した場合、以前更新メッセージで発行されたものと clientToken が同じか確認します。これでデモは終了です。


                シャドウデモ端末の出力

freertos/demos/device_shadow_for_aws/shadow_demo_main.cデモはファイルまたはにあります GitHub

次のスクリーンショットは、デモが成功したときに予想される出力です。


                成功した場合のシャドウデモ端末の出力

AWS IoT MQTT ブローカーに接続する

AWS IoT MQTT ブローカーに接続するには、coreMQTT Mutual Authentication デモMQTT_Connect() と同じ方法を使用します。

シャドウキュメントを削除する

シャドウドキュメントを削除するには、AWS IoT Device Shadow ライブラリによって定義されるマクロを使って、空のメッセージで xPublishToTopic を呼び出します。これは MQTT_Publish を使用して /delete トピックに公開します。次のコードセクションでは、これを prvShadowDemoTask 関数で実行する方法を示します。

/* First of all, try to delete any Shadow document in the cloud. */ returnStatus = PublishToTopic( SHADOW_TOPIC_STRING_DELETE( THING_NAME ), SHADOW_TOPIC_LENGTH_DELETE( THING_NAME_LENGTH ), pcUpdateDocument, 0U );

シャドウトピックをサブスクライブする

Device Shadow のトピックをサブスクライブして、AWS IoT ブローカーからシャドウの変更に関する通知を受信します。Device Shadow のトピックは、Device Shadow ライブラリで定義されているマクロによって組み立てられます。次のコードセクションでは、これを prvShadowDemoTask 関数で実行する方法を示します。

/* Then try to subscribe shadow topics. */ if( returnStatus == EXIT_SUCCESS ) { returnStatus = SubscribeToTopic( SHADOW_TOPIC_STRING_UPDATE_DELTA( THING_NAME ), SHADOW_TOPIC_LENGTH_UPDATE_DELTA( THING_NAME_LENGTH ) ); } if( returnStatus == EXIT_SUCCESS ) { returnStatus = SubscribeToTopic( SHADOW_TOPIC_STRING_UPDATE_ACCEPTED( THING_NAME ), SHADOW_TOPIC_LENGTH_UPDATE_ACCEPTED( THING_NAME_LENGTH ) ); } if( returnStatus == EXIT_SUCCESS ) { returnStatus = SubscribeToTopic( SHADOW_TOPIC_STRING_UPDATE_REJECTED( THING_NAME ), SHADOW_TOPIC_LENGTH_UPDATE_REJECTED( THING_NAME_LENGTH ) ); }

シャドウの更新を送信する

シャドウアップデートを送信するために、Device Shadow ライブラリで定義されるマクロを使用して、JSON 形式のメッセージ付きの xPublishToTopic を呼び出します。これは MQTT_Publish を使用して /delete トピックに公開します。次のコードセクションでは、これを prvShadowDemoTask 関数で実行する方法を示します。

#define SHADOW_REPORTED_JSON \ "{" \ "\"state\":{" \ "\"reported\":{" \ "\"powerOn\":%01d" \ "}" \ "}," \ "\"clientToken\":\"%06lu\"" \ "}" snprintf( pcUpdateDocument, SHADOW_REPORTED_JSON_LENGTH + 1, SHADOW_REPORTED_JSON, ( int ) ulCurrentPowerOnState, ( long unsigned ) ulClientToken ); xPublishToTopic( SHADOW_TOPIC_STRING_UPDATE( THING_NAME ), SHADOW_TOPIC_LENGTH_UPDATE( THING_NAME_LENGTH ), pcUpdateDocument, ( SHADOW_DESIRED_JSON_LENGTH + 1 ) );

シャドウデルタメッセージとシャドウ更新メッセージを処理する

ユーザーコールバック関数は MQTT_Init 関数を使って coreMQTT クライアントライブラリ に登録され、受信パケットイベントを通知します。 prvEventCallbackのコールバック関数を参照してください GitHub。

コールバック関数は受信パケットが MQTT_PACKET_TYPE_PUBLISH のタイプであることを確認し、Device Shadow ライブラリ API Shadow_MatchTopic を使用して、受信メッセージがシャドウメッセージであることを確認します。

受信メッセージが Type のシャドウメッセージである場合ShadowMessageTypeUpdateDelta prvUpdateDeltaHandler を呼び出してこのメッセージを処理します。ハンドラ prvUpdateDeltaHandler が coreJSON ライブラリを使用してメッセージを解析し、powerOn 状態のデルタ値を取得し、これをローカルで保持されているデバイスの現在の状態と比較します。これらが異なる場合、シャドウドキュメントの powerOn 状態の新しい値を反映するようにローカルデバイスの状態が更新されます。

受信メッセージが Type のシャドウメッセージである場合ShadowMessageTypeUpdateAccepted prvUpdateAcceptedHandler を呼び出してこのメッセージを処理します。ハンドラ prvUpdateAcceptedHandler は coreJSON ライブラリを使用してメッセージを解析し、メッセージから clientToken を取得します。このハンドラ関数は、JSON メッセージのクライアントトークンが、アプリケーションで使用されるクライアントトークンと一致するかチェックします。一致しない場合、関数は警告メッセージをログに記録します。