Amazon FSx for Windows File Server の開始方法 - Amazon FSx for Windows File Server

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon FSx for Windows File Server の開始方法

次に、FSx for Windows File Server の使用を開始する方法について説明します。この入門演習では、次のステップが含まれます。

  1. にサインアップ AWS アカウント し、アカウントに管理ユーザーを作成します。

  2. を使用して AWS Managed Microsoft AD Active Directory を作成します AWS Directory Service。ファイルシステムとコンピューティングインスタンスを Active Directory に結合します。

  3. Microsoft Windows Server を実行する Amazon Elastic Compute Cloud コンピューティングインスタンスを作成します。このインスタンスを使用してファイルシステムにアクセスします。

  4. Amazon FSx コンソールを使用して、Amazon FSx for Windows File Server ファイルシステムを作成します。

  5. ファイルシステムを EC2 インスタンスにマッピングする

  6. ファイルシステムにデータを書き込みます。

  7. ファイルシステムをバックアップします。

  8. 作成した リソースをクリーンアップします。

のセットアップ AWS アカウント

Amazon FSx を初めて使用する場合は、事前に以下のタスクを実行してください。

にサインアップする AWS アカウント

がない場合は AWS アカウント、次の手順を実行して作成します。

にサインアップするには AWS アカウント
  1. https://portal.aws.amazon.com/billing/signup を開きます。

  2. オンラインの手順に従います。

    サインアップ手順の一環として、通話呼び出しを受け取り、電話キーパッドで検証コードを入力するように求められます。

    にサインアップすると AWS アカウント、 AWS アカウントのルートユーザーが作成されます。ルートユーザーには、アカウントのすべての AWS のサービス とリソースへのアクセス権があります。セキュリティのベストプラクティスとして、ユーザーに管理アクセスを割り当て、ルートユーザーのみを使用してルートユーザーアクセスが必要なタスクを実行してください。

AWS サインアッププロセスが完了すると、 から確認メールが送信されます。https://aws.amazon.com/[マイアカウント] を選んで、いつでもアカウントの現在のアクティビティを表示し、アカウントを管理できます。

管理アクセスを持つユーザーを作成する

にサインアップしたら AWS アカウント、 を保護し AWS アカウントのルートユーザー、 を有効にして AWS IAM Identity Center、日常的なタスクにルートユーザーを使用しないように管理ユーザーを作成します。

のセキュリティ保護 AWS アカウントのルートユーザー
  1. ルートユーザーを選択し、 AWS アカウント E メールアドレスを入力して、アカウント所有者AWS Management Consoleとして にサインインします。次のページでパスワードを入力します。

    ルートユーザーを使用してサインインする方法については、AWS サインイン ユーザーガイドの「ルートユーザーとしてサインインする」を参照してください。

  2. ルートユーザーの多要素認証 (MFA) を有効にします。

    手順については、「IAM ユーザーガイド」の AWS アカウント 「ルートユーザーの仮想 MFA デバイスを有効にする (コンソール)」を参照してください。

管理アクセスを持つユーザーを作成する
  1. IAM アイデンティティセンターを有効にします。

    手順については、「AWS IAM Identity Center ユーザーガイド」の「AWS IAM Identity Centerの有効化」を参照してください。

  2. IAM アイデンティティセンターで、ユーザーに管理アクセスを付与します。

    を ID ソース IAM アイデンティティセンターディレクトリ として使用する方法のチュートリアルについては、「 ユーザーガイド」の「デフォルト でユーザーアクセス IAM アイデンティティセンターディレクトリを設定するAWS IAM Identity Center 」を参照してください。

管理アクセス権を持つユーザーとしてサインインする
  • IAM アイデンティティセンターのユーザーとしてサインインするには、IAM アイデンティティセンターのユーザーの作成時に E メールアドレスに送信されたサインイン URL を使用します。

    IAM Identity Center ユーザーを使用してサインインする方法については、「 AWS サインイン ユーザーガイド」の AWS 「 アクセスポータルにサインインする」を参照してください。

追加のユーザーにアクセス権を割り当てる
  1. IAM アイデンティティセンターで、最小特権のアクセス許可を適用するというベストプラクティスに従ったアクセス許可セットを作成します。

    手順については、「AWS IAM Identity Center ユーザーガイド」の「権限設定を作成する」を参照してください。

  2. グループにユーザーを割り当て、そのグループにシングルサインオンアクセス権を割り当てます。

    手順については、「AWS IAM Identity Center ユーザーガイド」の「グループの参加」を参照してください。

ファイルシステムを作成する

Amazon FSx ファイルシステムを作成するには、Windows Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンスと AWS Directory Service ディレクトリを作成する必要があります。まだ設定していない場合は、「チュートリアル 1:スタートするための前提条件」を参照してください。

ファイルシステムを作成するには (コンソール)
  1. https://console.aws.amazon.com/fsx/ で Amazon FSx コンソールを開きます。

  2. ダッシュボードで [Create file system] (ファイルシステムの作成) を選択して、ファイルシステム作成ウィザードをスタートします。

  3. [Select file system type] (ファイルシステムのタイプを選択) のページで、[FSx for Windows File Server] (FSx for Windows ファイルサーバー) を選択し、[Next] (次へ) を選択します。[Create file system] (ファイルシステムを作成) ページが表示されます。

  4. 作成方法 で、標準作成 を選択します。

ファイルシステムの詳細
  1. [File system details] (ファイルシステム詳細) セクションで、ファイルシステムの名前を入力します。ファイルシステムに名前を付けると、ファイルシステムを簡単に検索および管理できます。最大 256 個の Unicode 文字、空白文字、数字、そして特殊文字 (+ - = . _ : /) が使用できます

  2. [Deployment type] (デプロイタイプ) では [Multi-AZ] (マルチ AZ) または [Single-AZ] (シングル AZ) を選択します。

    • [Multi-AZ] (マルチ AZ) を選択して、利用できないアベイラビリティーゾーンにも対応できるファイルシステムをデプロイします。このオプションは、SSD と HDD ストレージをサポートします。

    • [Single-AZ] (シングル AZ) を選択して、1 つのアベイラビリティーゾーンにデプロイされたファイルシステムをデプロイします。[Single-AZ 2] (シングル AZ 2) は、最新世代の単一アベイラビリティーゾーンファイルシステムで、SSD および HDD ストレージをサポートします。

    詳細については、「可用性および耐久性: シングル AZ およびマルチ AZ のファイルシステム」を参照してください。

  3. ストレージタイプ では、SSD または HDD のいずれかを選択できます。

    FSx for Windows ファイルサーバーは、ソリッドステートドライブ (SSD) とハードディスクドライブ (HDD) のストレージタイプを提供します。SSD ストレージは、データベースやメディア処理ワークロード、データ分析アプリケーションなど、最高のパフォーマンスでレイテンシーに最も敏感なワークロード向けに設計されています。HDD ストレージは、ホームディレクトリ、ユーザーおよび部門のファイル共有、コンテンツ管理システムなど、幅広いワークロードに対応するように設計されています。詳細については、「ストレージタイプを使用したコストの最適化」を参照してください。

  4. [プロビジョンド SSD IOPS] では、[自動] モードまたは [ユーザープロビジョニング] モードのいずれかを選択できます。

    自動モードを選択すると、FSx for Windows ファイルサーバーは SSD IOPS を自動的にスケールして、ストレージ容量の GiB あたり 3 SSD IOPS を維持します。ユーザープロビジョニングモードを選択した場合は、96~400,000 の範囲で任意の整数を入力します。SSD IOPS を 80,000 以上にスケールできるのは、米国東部 (バージニア北部)、米国西部 (オレゴン)、米国東部 (オハイオ)、欧州 (アイルランド)、アジアパシフィック (東京)、アジアパシフィック (シンガポール) です。詳細については、「SSD IOPS の管理」を参照してください。

  5. [Storage capacity] (ストレージ容量) では、ファイルシステムのストレージ容量を GiB 単位で入力します。SSD ストレージを使用している場合は、32~65,536 の範囲で任意の整数を入力します。HDD ストレージを使用している場合は、2,000~65,536 の範囲で任意の整数を入力します。ファイルシステムの作成した後、いつでも必要なストレージ容量を増やすことができます。詳細については、「ストレージ容量の管理」を参照してください。

  6. スループット容量 はデフォルト設定のままにします。スループット容量 は、ファイルシステムをホストするファイルサーバーがデータを提供できる持続可能速度です。推奨スループット容量 設定は、選択したストレージ容量に基づきます。推奨スループット容量を超える容量が必要な場合は、[Specify throughput capacity] (スループット容量の指定) を選択し、値を選択します。詳細については、「FSx for Windows File Server のパフォーマンス」を参照してください。

    注記

    ファイルアクセス監査を有効にする場合は、32 MB / 秒以上のスループット容量を選択する必要があります。詳細については、「ファイルアクセスの監査」を参照してください。

    スループット容量は、ファイルシステムを作成した後、いつでも必要に応じて変更できます。詳細については、「スループット容量の管理」を参照してください。

ネットワークとセキュリティ
  1. [Network & security] (ネットワークとセキュリティ) セクションで、ファイルシステムに関連付ける Amazon VPC を選択します。この入門演習では、 AWS Directory Service ディレクトリと Amazon EC2 インスタンスに選択したのと同じ Amazon VPC を選択します。

  2. [VPC Security Groups] (VPC セキュリティグループ) では、デフォルト Amazon VPC のデフォルトのセキュリティグループが、コンソール内のファイルシステムにすでに追加されています。デフォルトのセキュリティグループを使用していない場合は、選択したセキュリティグループがファイルシステム AWS リージョン と同じ にあることを確認してください。EC2 インスタンスをファイルシステムに接続できるようにするには、選択したセキュリティグループに次のルールを追加する必要があります。

    1. 以下のインバウンドおよびアウトバウンドルールを追加して、次のポートを許可します。

      ルール ポート

      UDP

      53、88、123、389、464

      TCP 53、88、135、389、445、464、636、3268、3269、5985、9389、49152-65535

      IP アドレスまたはセキュリティグループから、およびファイルシステムにアクセスするクライアントコンピューティングインスタンスに関連付けられている IP アドレスまたはセキュリティグループ ID に追加します。

    2. アウトバウンドルールを追加して、ファイルシステムに結合されているアクティブディレクトリへのすべてのトラフィックを許可します。これを行うには、次のいずれかを実行します。

      • AWS マネージド AD ディレクトリに関連付けられているセキュリティグループ ID への、アウトバウンドトラフィックを許可します。

      • セルフマネージドアクティブディレクトリドメインコントローラーに関連付けられた IP アドレスへの、アウトバウンドトラフィックを許可します。

    注記

    場合によっては、 AWS Managed Microsoft AD セキュリティグループのルールをデフォルト設定から変更した可能性があります。その場合、このセキュリティグループに Amazon FSx ファイルシステムからのトラフィックを許可するために必要なインバウンドルールがあることを確認してください。必要なインバウンドルールの詳細については、「AWS Directory Service 管理ガイド」の「AWS Managed Microsoft AD 前提条件」を参照してください。

    詳細については、「Amazon VPC を使用したファイルシステムアクセスコントロール」を参照してください。

  3. マルチ AZ ファイルシステムには、それぞれ独自のアベイラビリティーゾーンとサブネットにプライマリファイルサーバーとスタンバイファイルサーバーがあります。マルチ AZ ファイルシステムを作成する場合 (ステップ 5 を参照)、プライマリファイルサーバーの優先サブネット値とスタンバイファイルサーバーのスタンバイサブネット値を選択します。

    シングル AZ ファイルシステムを作成する場合は、ファイルシステムのサブネットを選択します。

Windows 認証
  • Windows 認証 では、次のオプションがあります。

    ファイルシステムを によって管理されている AWS Microsoft Active Directory ドメインに結合する場合は、 Managed Microsoft Active Directory を選択し AWS、リストから AWS Directory Service ディレクトリを選択します。詳細については、「FSx for Windows ファイルサーバーでの Microsoft アクティブディレクトリの使用」を参照してください。

    ファイルシステムをセルフマネージド Microsoft Active Directory ドメイン に参加させる場合は、セルフマネージド Microsoft Active Directory を選択し、Active Directory に次の詳細を指定します。詳細については、セルフマネージド Microsoft アクティブディレクトリでの Amazon FSx の使用を参照してください。

    • アクティブディレクトリの完全修飾ドメイン名。

      重要

      シングル AZ 2 およびすべてのマルチ AZ ファイルシステムの場合は、アクティブディレクトリのドメイン名は 47 文字を超えてはいけません。この制限は、 AWS Directory Service とセルフマネージド Active Directory ドメイン名の両方に適用されます。

      Amazon FSx では、DNS IP アドレスへの内部トラフィックに直接接続する必要があります。インターネットゲートウェイ経由の接続はサポートされていません。代わりに、 AWS Virtual Private Network、VPC ピアリング、 AWS Direct Connect、または の AWS Transit Gateway 関連付けを使用します。

    • DNS サーバーの IP アドレス - ドメインの DNS サーバーの IPv4 アドレス

      注記

      DNS サーバーで EDNS (DNS の拡張メカニズム) が有効になっている必要があります。EDNS が無効になっている場合、ファイルシステムの作成に失敗する可能性があります。

    • サービスアカウントのユーザーネーム - 既存のアクティブディレクトリでのサービスアカウントのユーザー名。ドメインのプレフィックスやサフィックスを含めないでください。

    • サービスアカウントのパスワード - サービスアカウントのパスワード。

    • (オプション) 組織単位 (OU) - ファイルシステムを結合させる組織単位の識別パス名。

    • (オプション) 委任されたファイルシステム管理者グループ - ファイルシステムを管理するアクティブディレクトリ内のグループの名前。デフォルトのグループは「ドメイン管理者」です。詳細については、「 Amazon FSx サービスアカウントへの許可の委任 」を参照してください。

暗号化、監査、アクセス (DNS エイリアス)
  1. 暗号化 で、保管中のファイルシステムのデータを暗号化するために使用される暗号化 AWS KMS key キーを選択します。、既存のキー AWS KMS、またはカスタマーマネージドキーによって管理されるデフォルトの aws/fsx (デフォルト) は、キーの ARN を指定することで選択できます。詳細については、「保管時の暗号化」を参照してください。

  2. [Auditing - optional] (監査 - オプション) の場合、ファイルアクセス監査はデフォルトで無効になっています。ファイルアクセス監査の有効化と設定の詳細については、「ファイルシステムの作成時にファイルアクセス監査を有効にするには (コンソール)」を参照してください。

  3. [Access - optional] (アクセス - オプション) の場合、ファイルシステムに関連付ける DNS エイリアスを入力します。各エイリアス名は、完全修飾ドメイン名 (FQDN) としてフォーマットする必要があります。詳細については、「DNS エイリアスを管理する」を参照してください。

バックアップとメンテナンス

自動日次バックアップとこのセクションの設定の詳細については、「」を参照してくださいバックアップの使用

  1. 日次自動バックアップ の場合、 はデフォルトで有効になっています。Amazon FSx がファイルシステムのバックアップを毎日自動的に作成しない場合は、この設定を無効にすることができます。

  2. 自動バックアップが有効になっている場合は、バックアップウィンドウと呼ばれる期間内に実行されます。デフォルトウィンドウを使用するか、自動バックアップウィンドウの開始時刻 を選択できます。

  3. 自動バックアップ保持期間 では、デフォルト設定の 30 日を使用するか、Amazon FSx がファイルシステムの自動バックアップを毎日保持する 1~90 日の値を設定できます。この設定は、ユーザーが開始したバックアップ、または によって作成されたバックアップには適用されません AWS Backup。

  4. [Tags - optional] (タグ - オプション) では、キーと値を入力して、ファイルシステムにタグを追加します。タグは、ファイルシステムの管理、フィルタリング、および検索に便利な大文字と小文字の区別があるキーと値のペアです。詳細については、「Amazon FSx リソースのタグ付け」を参照してください。

    [Next] (次へ) を選択します。

設定を確認して を作成する
  1. ファイルシステムを作成する ページで表示されるファイルシステムの設定を確認します。参考までに、ファイルシステムの作成後に変更できるファイルシステム設定と変更できないファイルシステム設定を確認できます。ファイルシステムを作成する を選択します。

  2. Amazon FSx がファイルシステムを作成したら、ファイルシステムダッシュボードのリストからファイルシステム ID を選択して詳細を表示します。アタッチ を選択し、ファイルシステムの DNS 名ネットワークとセキュリティタブを書き留めます。共有を EC2 インスタンスにマッピングするには、次の手順でこれが必要になります。

Windows Server を実行している EC2 インスタンスにファイル共有をマッピングする

Amazon FSx ファイルシステムを、 AWS Directory Service ディレクトリに参加している Microsoft Windows ベースの Amazon EC2 インスタンスにマウントできるようになりました。ファイル共有の名前は、ファイルシステムの名前と同じではありません。

GUI を使用して Amazon EC2 Windows インスタンス上のファイル共有をマッピングするには
  1. Windows インスタンスにファイル共有をマウントする前に、EC2 インスタンスを起動して、 AWS Directory Service for Microsoft Active Directoryに結合する必要があります。このアクションを実行するには、次のいずれかの手順を「AWS Directory Service 管理ガイド」から選択します。

  2. インスタンスに接続します。詳細については、「Windows インスタンスの Amazon EC2 ユーザーガイド」の「Windows インスタンスへの接続」を参照してください。

  3. 接続したら、ファイルエクスプローラーを開きます。

  4. ナビゲーションペインから、[Network] (ネットワーク) のコンテキスト (右クリック) メニューを開き、[Map Network Drive] (ネットワークドライブのマッピング) を選択します。

  5. ドライブ 用に選択したドライブ文字を選択します。

  6. Amazon FSx によって割り当てられたデフォルトの DNS 名、またはユーザーが選択した DNS エイリアスを使用して、ファイルシステムをマッピングできます。この手順では、デフォルトの DNS 名を使用してファイル共有をマッピングする方法について説明します。DNS エイリアスを使用してファイル共有をマッピングする場合は、「チュートリアル 5: DNS エイリアスを使用してファイルシステムにアクセスする」を参照してください。

    [Folder] (フォルダ) には、ファイルシステムの DNS 名と共有名を入力します。デフォルトの Amazon FSx 共有は \share と言います。Amazon FSx コンソール内の DNS 名は、https://console.aws.amazon.com/fsx/[Windows File Server] (Windows ファイルサーバー) > [Network & Security] (ネットワークとセキュリティ) セクション、または CreateFileSystem ないし DescribeFileSystems API コマンドのレスポンスで見つけることができます。

    • AWS Managed Microsoft Active Directory に参加しているシングル AZ ファイルシステムの場合、DNS 名は次のようになります。

      fs-0123456789abcdef0.ad-domain.com
    • セルフマネージドアクティブディレクトリに参加しているシングル AZ ファイルシステムおよびマルチ AZ ファイルシステムの場合、DNS 名は次のようになります。

      amznfsxaa11bb22.ad-domain.com

    例えば、\\fs-0123456789abcdef0.ad-domain.com\share と入力します。

  7. ファイル共有を [Reconnect at sign-in] (サインイン時に再接続) するかどうかを選択し、[Finish] (完了) を選択します。

ファイル共有にデータを書き込む

ファイル共有がインスタンスにマッピングされているので、Windows 環境内の他のディレクトリと同様にファイル共有を使用できます。

ファイル共有にデータを書き込むには
  1. メモ帳のテキストエディタを開きます。

  2. テキストエディタにコンテンツを書き込みます。例えば、[Hello, world!] (こんにちは、皆様!)

  3. ファイルをファイル共有のドライブレターに保存します。

  4. エクスプローラーを使用して、ファイル共有に移動し、先ほど保存したテキストファイルを見つけます。

ファイルシステムのバックアップ

Amazon FSx ファイルシステムとそのファイル共有が使用できる状態になっているので、ファイルシステムをバックアップできます。デフォルトでは、ファイルシステムの 30 分間のバックアップ時間枠中に、日次バックアップが自動的に作成されます。ただし、ユーザーによるバックアップはいつでも作成できます。バックアップには、関連する追加コストがあります。バックアップ料金の詳細については、「料金設定」を参照してください。

コンソールからファイルシステムのバックアップを作成するには
  1. https://console.aws.amazon.com/fsx/ で Amazon FSx コンソールを開きます。

  2. コンソールダッシュボードから、この演習のために作成したファイルシステムの名前を選択します。

  3. ファイルシステムの [Overview] (概要) タブから、[Create backup] (バックアップの作成) を選択します。

  4. [Create backup] (バックアップの作成) ダイアログボックスが開いたら、バックアップの名前を入力します。この名前には、最大 256 文字の Unicode 文字が使用でき、空白文字、数字、および以下の特殊文字を含むことができます: + - = . _ : /

  5. [Create backup] (バックアップの作成) を選択します。

  6. ファイルシステムの復元やバックアップの削除のため、リスト内のすべてのバックアップを表示するには、[Backups] (バックアップ) を選択します。

新しいバックアップを作成すると、作成中のステータスは [CREATING] (作成中) に設定されます。これは数分かかることがあります。バックアップが使用可能になると、ステータスは [AVAILABLE] (使用可能) に変更されます。

リソースをクリーンアップする

この演習が完了したら、以下の手順に従ってリソースをクリーンアップし、 AWS アカウントを保護する必要があります。

リソースをクリーンアップするには
  1. Amazon EC2 コンソールで、インスタンスを終了します。詳細については、「Windows インスタンスの Amazon EC2 ユーザーガイド」の「インスタンスを終了する」を参照してください。

  2. Amazon FSx コンソールで、ファイルシステムを削除します。すべての自動バックアップは自動的に削除されます。ただし、手動で作成したバックアップを削除する必要があります。以下のステップは、このプロセスの概要を説明します。

    1. https://console.aws.amazon.com/fsx/ で Amazon FSx コンソールを開きます。

    2. コンソールダッシュボードから、この演習のために作成したファイルシステムの名前を選択します。

    3. [Actions] (アクション) で、[Delete file system] (ファイルシステムの削除) を選択します。

    4. [Delete file system] (ファイルシステムの削除) ダイアログボックスが開き、最終バックアップを作成するかどうかを決定します。作成する場合は、最終バックアップの名前を入力します。自動的に作成されたすべてのバックアップも削除されます。

      重要

      新しいファイルシステムは、バックアップから作成できます。ベストプラクティスとして、最終バックアップを作成することをお勧めします。一定期間が経過した後も、その最終バックアップが必要なかった場合、その他の手動で作成したバックアップとともに削除できます。

    5. [File system ID] (ファイルシステム ID) ボックスに、削除するファイルシステムの ID を入力します。

    6. [Delete file system] (ファイルシステムの削除) を選択します。

    7. ファイルシステムが削除中となり、ダッシュボードのステータスが [DELETING] (削除中)に変わります。ファイルシステムが削除されると、ダッシュボードに表示されなくなります。

    8. これで、手動で作成したファイルシステムのバックアップを削除できるようになりました。左側のナビゲーションから、[Backups] (バックアップ) を選択します。

    9. ダッシュボードから、削除したファイルシステムと同じ ファイルシステム ID を持っているバックアップを選択し、[Delete backup] (バックアップの削除) を選択します。

    10. [Delete backups] (バックアップの削除) ダイアログボックスが開きます。選択したバックアップの ID のチェックボックスはオンのままにして、[Delete backups] (バックアップの削除) を選択します。

    Amazon FSx ファイルシステムおよび関連する自動バックアップが削除されました。

  3. でこの演習用の AWS Directory Service ディレクトリを作成した場合はチュートリアル 1:スタートするための前提条件、今すぐ削除できます。詳細については、「AWS Directory Service 管理ガイド」の「ディレクトリを削除する」を参照してください。

Amazon FSx ファイルシステムのステータス

Amazon FSx ファイルシステムのステータスを表示するには、Amazon FSx コンソール、 AWS CLI コマンドdescribe-file-systems、または API オペレーション を使用しますDescribeFileSystems

ファイルシステムのステータス 説明

AVAILABLE (利用可能)

ファイルシステムは正常な状態にあり、到達可能であり、使用可能です。

CREATING (作成)

Amazon FSx は新しいファイルシステムを作成しています。

[DELETING] (削除中)

Amazon FSx は既存のファイルシステムを削除しています。

UPDATING (更新)

ファイルシステムは、お客様によって開始される更新を受けています。

[MISCONFIGURED] (設定ミスです)

アクティブディレクトリ環境での変更により、ファイルシステムが障害状態になっています。ファイルシステムは現在使用できないか、アベイラビリティーを失うリスクがあり、バックアップが成功しない可能性があります。アベイラビリティーの復元の詳細については、「ファイルシステムが正しく設定されていない状態です」を参照してください。

MISCONFIGURED_UNAVAILABLE

アクティブディレクトリ環境での変更により、ファイルシステムは現在使用できません。アベイラビリティーの復元の詳細については、「ファイルシステムが正しく設定されていない状態です」を参照してください。

FAILED

  • ファイルシステムの新規作成時に、Amazon FSx は新しいファイルシステムを作成できませんでした。

  • ファイルシステムは使用できません。

  • ファイルシステムに障害が発生し、Amazon FSx はこれを修復できません。

  • Amazon FSx はバックアップを作成できません。