ストレージ容量の管理 - Amazon FSx for Windows File Server

ストレージ容量の管理

追加のストレージが必要な場合は、FSx for Windows ファイルサーバーのファイルシステムで設定されているストレージ容量を増やすことができます。これを行うには、Amazon FSx コンソール、Amazon FSx API、または AWS Command Line Interface (AWS CLI) を使用します。

注記

ファイルシステムのストレージ容量は 増加する ことのみが可能で、ストレージ容量を減らすことはできません。

注記

2019 年 6 月 23 日より前に作成されたファイルシステムや、2019 年 6 月 23 日より前に作成されたファイルシステムに属するバックアップから復元されたファイルシステムでは、ストレージ容量を増やすことはできません。

Amazon FSx ファイルシステムのストレージ容量を増やすと、Amazon FSx はファイルシステムに新しい大きなディスクセットを追加します。新しい容量は数分以内に使用できます。新しいストレージ容量が利用可能になると、新しいストレージ容量に対してのみ請求されます。

Amazon FSx は、ストレージ最適化プロセスをバックグラウンドで実行し、古いディスクから新しい大きなディスクにデータを透過的に移行します。ほとんどのファイルシステムでは、ストレージの最適化には数時間から数日かかり、ワークロードのパフォーマンスへの顕著な影響は最小限に抑えられます。

次の図は、Amazon FSx がファイルシステムのストレージ容量を増やすときに使用するプロセスの、4 つの主要ステップを示しています。


            4 つのステップ図表: 1. ストレージ容量拡張リクエスト、2. FSx は、新しい大きなディスクを追加します、3. FSx はデータを移行します、そして 4. FSx は古いディスクを削除します。

Amazon FSx コンソール、CLI、および API を使用して、ストレージ最適化の進行状況をいつでも追跡できます。詳細については、「ストレージ容量の拡張をモニタリングする」を参照してください。

ストレージ容量を増やすときに知っておくべき重要なポイント

ストレージ容量を増やすときに考慮すべき重要な事項をいくつか挙げます。

  • 増加のみ - ファイルシステムのストレージ容量は 増加 することのみ可能で、ストレージ容量を減らすことはできません。

  • 増加最小値 - 各ストレージ容量の増加は、ファイルシステムの現在のストレージ容量の最低 10% で、最大許容値 65,536 GiB までである必要があります。

  • 最小スループット容量 - ストレージ容量を増やすには、ファイルシステムの最小スループット容量が 16 MB / 秒である必要があります。これは、ストレージの最適化ステップがスループットを大量に消費するプロセスであるためです。

  • 拡張するまでの時間 - 最後の拡張がリクエストされてから 6 時間経過するか、ストレージの最適化プロセスが完了するか、どちらが長い方は終わるまでは、ファイルシステムのストレージ容量をさらに増やすことはできません。ストレージの最適化には数時間から数日かかります。ストレージの最適化が完了するまでの時間を最小限に抑えるには、ストレージ容量を増やす前にファイルシステムのスループット容量を増やし (ストレージのスケーリング完了後にスループット容量は元に戻せます)、ファイルシステムのトラフィックが最小である場合はストレージ容量を増やすことをお勧めします。

ストレージ容量を増やすタイミング

空きストレージ容量が不足している場合は、ファイルシステムのストレージ容量を増やします。FreeStorageCapacity CloudWatch メトリクスを使用して、ファイルシステム上で利用可能な空きストレージ容量をモニタリングします。このメトリクスで Amazon CloudWatch アラームを作成し、特定のしきい値を下回ったときに通知を受け取ることができます。詳細については、「Amazon CloudWatch によるモニタリング」を参照してください。

空きストレージ容量が指定したしきい値を下回った際に、ファイルシステムのストレージ容量を自動的に増やすことができます。AWS が開発したカスタム AWS CloudFormation テンプレートを使用して、自動化ソリューションの実装に必要なすべてのコンポーネントをデプロイします。詳細については、「ストレージ容量を動的に増やす」を参照してください。

ストレージ容量の拡張とファイルシステムのパフォーマンス

ほとんどのワークロードでは、パフォーマンスへの影響は最小限に抑えられますが、Amazon FSx は新しいストレージ容量が利用可能になった後、バックグラウンドでストレージ最適化プロセスを実行します。大規模なアクティブデータセットを使用する書き込みの多いアプリケーションでは、一時的に書き込みパフォーマンスが最大で半分に低下する可能性があります。このような場合には、ストレージ容量を増やす 前に、まずファイルシステムのスループット容量を増やすことができます。これにより、アプリケーションのパフォーマンスニーズを満たすために、同じレベルのスループットを提供し続けることができます。詳細については、「スループット容量の管理」を参照してください。

ストレージ容量を増やす方法

Amazon FSx コンソール、AWS CLI、または Amazon FSx API を使用して、ファイルシステムのストレージ容量を増やすことができます。

  1. https://console.aws.amazon.com/fsx/ で Amazon FSx コンソールを開きます。

  2. [File systems] (ファイルシステム) に移動して、ストレージ容量を増やしたい Windows ファイルシステムを選択します。

  3. [Action] (アクション) で [Update storage] (ストレージの更新) を選択します。または [Summary] (概要) パネルで、ファイルシステムの [Storage capacity] (ストレージ容量) の横にある [Update] (更新) を選択します。

    [Update storage capacity] (ストレージ容量の更新) ウィンドウが表示されます。

    
                                ストレージ容量の更新ペインを表示するコンソールスクリーンショット。
  4. [Input type] (入力タイプ) には、[Percentage] (割合) を選択して現在値からの変化率として新しいストレージ容量を入力するか、[Absolute] (絶対) を選択して新しい値を GiB 単位で入力します。

  5. 希望するストレージ容量 を入力します。

    注記

    希望する容量値は、現在値よりも最低 10% 以上である必要があり、最大 65,536 GiB まで可能です。

  6. [Update] (更新) を選択して、ストレージ容量の更新を開始します。

  7. [Update] (更新)タブの ファイルシステム 詳細ページで、更新の進捗状況をモニタリングすることができます。

FSx for Windows ファイルサーバーファイルシステムのストレージ容量を増やすには、AWS CLI コマンド update-file-system を使用します。以下のパラメータを設定します。

  • 更新するファイルシステムの ID への --file-system-id

  • 現在の値より少なくとも 10 パーセント大きい値への --storage-capacity

AWS CLI コマンド describe-file-systems を使用して、更新の進捗状況をモニタリングすることができます。出力で administrative-actions を探します。

詳細については、「AdministrativeAction」を参照してください。

ストレージ容量の拡張をモニタリングする

Amazon FSx コンソール、API、または AWS CLI を使用してストレージ容量拡張の進捗状況をモニタリングできます。

コンソールで拡張をモニタリングする

File system details (ファイルシステムの詳細) ウィンドウの [Update] (更新) タブでは、更新の種類ごとに最新の更新プログラムを 10 個表示できます。


                    最近の更新リストを表示するコンソールのスクリーンショット。

ストレージ容量の更新については、次の情報を表示できます。

更新タイプ

サポートされているタイプは ストレージ容量ストレージの最適化、および スループット容量 です。

ターゲット値

ファイルシステムのストレージ容量を更新する希望値です。

ステータス

更新の現在のステータス。ストレージ容量の更新では、指定できる値は次のとおりです。

  • 保留中 - Amazon FSx は更新リクエストを受信しましたが、処理を開始していません。

  • 進行中 - Amazon FSx が更新リクエストを処理しています。

  • 最適化の更新 - Amazon FSx により、ファイルシステムのストレージ容量が拡張しました。ストレージ最適化プロセスでは、ファイルシステムデータを新しい大きなディスクに移動しています。

  • Completed - ストレージ容量の拡張は正常に完了しました。

  • 失敗 - ストレージ容量の拡張に失敗しました。疑問符 (?) を選択し、ストレージの更新が失敗した理由の詳細を確認します。

進行 %

ストレージ最適化プロセスの進行状況を、完了率として表示します。

リクエスト時間

Amazon FSx が更新アクションリクエストを受信した時刻。

モニタリングは、AWS CLI と API で増加します

ファイルシステムストレージ容量の拡張リクエストを表示およびモニタリングするには、describe-file-systems AWS CLI コマンドと DescribeFileSystems API アクションを使用します。AdministrativeActions 配列には、管理アクションタイプごとに最新の更新アクションが 10 個表示されます。ファイルシステムのストレージ容量を増やすと、FILE_SYSTEM_UPDATE および STORAGE_OPTIMIZATION アクションの 2 つの AdministrativeActions が生成されます。

次の例は、describe-file-systems CLI コマンドのレスポンスの抜粋を示しています。ファイルシステムのストレージ容量は 300 GB で、ストレージ容量を 1000 GB に増やすための保留中の管理アクションがあります。

{ "FileSystems": [ { "OwnerId": "111122223333", . . . "StorageCapacity": 300, "AdministrativeActions": [ { "AdministrativeActionType": "FILE_SYSTEM_UPDATE", "RequestTime": 1581694764.757, "Status": "PENDING", "TargetFileSystemValues": { "StorageCapacity": 1000 } }, { "AdministrativeActionType": "STORAGE_OPTIMIZATION", "RequestTime": 1581694764.757, "Status": "PENDING", } ]

Amazon FSx はまず FILE_SYSTEM_UPDATE アクションを処理し、新しい大きなストレージディスクをファイルシステムに追加します。新しいストレージがファイルシステムで使用可能になると、FILE_SYSTEM_UPDATE ステータスが UPDATED_OPTIMIZING に変わります。ストレージ容量は新しい大きな値を示し、Amazon FSx は STORAGE_OPTIMIZATION 管理アクションの処理を開始します。これは、describe-file-systems CLI コマンドのレスポンスの次の抜粋を示しています。

ProgressPercent プロパティには、ストレージ最適化プロセスの進行状況が表示されます。ストレージ最適化プロセスが正常に完了すると、FILE_SYSTEM_UPDATE アクションが COMPLETED に変更され、STORAGE_OPTIMIZATION アクションは表示されなくなります。

{ "FileSystems": [ { "OwnerId": "111122223333", . . . "StorageCapacity": 1000, "AdministrativeActions": [ { "AdministrativeActionType": "FILE_SYSTEM_UPDATE", "RequestTime": 1581694764.757, "Status": "UPDATED_OPTIMIZING", "TargetFileSystemValues": { "StorageCapacity": 1000 } }, { "AdministrativeActionType": "STORAGE_OPTIMIZATION", "RequestTime": 1581694764.757, "Status": "IN_PROGRESS", "ProgressPercent": 50, } ]

ストレージ容量の拡張に失敗した場合、FILE_SYSTEM_UPDATE アクションが FAILED に変更されます。FailureDetails プロパティは、次の例に示すように、障害に関する情報を提供します。

{ "FileSystems": [ { "OwnerId": "111122223333", . . . "StorageCapacity": 300, "AdministrativeActions": [ { "AdministrativeActionType": "FILE_SYSTEM_UPDATE", "FailureDetails": { "Message": "string" }, "RequestTime": 1581694764.757, "Status": "FAILED", "TargetFileSystemValues": "StorageCapacity": 1000 } ]

失敗したアクションのトラブルシューティングについては、「ストレージまたはスループット容量の更新が失敗する」を参照してください。

FSx for Windows ファイルサーバーファイルシステムのストレージ容量の動的な拡張

次のソリューションを使用すると、空きストレージ容量が指定したしきい値を下回った場合に、FSx for Windows ファイルサーバーファイルシステムのストレージ容量を動的に増やすことができます。この AWS CloudFormation テンプレートは、空きストレージ容量しきい値、そのしきい値に基づく Amazon CloudWatch アラーム、そしてファイルシステムのストレージ容量を増加させる AWS Lambda 関数を定義するために必要な、すべてのコンポーネントを自動的にデプロイします。

ソリューションでは、必要なすべてのコンポーネントが自動的にデプロイされ、以下のパラメータで使用されます。

  • ファイルシステム ID

  • 空きストレージ容量のしきい値 (数値)

  • 測定単位 (パーセンテージ [デフォルト] または GiB)

  • ストレージ容量の増加率 (%)

  • SNS サブスクリプションの電子メールアドレス

  • アラームしきい値の調整 (はい / いいえ)

アーキテクチャの概要

このソリューションをデプロイすると、AWS のクラウドに次のリソースが構築されます。


                    FSx for Windows ファイルサーバーファイルシステムのストレージ容量を自動的に増やすソリューションのアーキテクチャ図表。

この図表は以下のステップを示しています。

  1. AWS CloudFormation テンプレートは CloudWatch アラーム、AWS Lambda 関数、Amazon Simple Notification Service (Amazon SNS) キュー、および必要なすべての AWS Identity and Access Management (IAM) ロールをデプロイします。IAM ロールは、Amazon FSx API オペレーションを呼び出すためのアクセス許可を Lambda 関数に付与します。

  2. CloudWatch は、ファイルシステムの空きストレージ容量が指定されたしきい値を下回るとアラームをトリガーし、Amazon SNS キューにメッセージを送信します。

  3. ソリューションによって、この Amazon SNS トピックに登録されている Lambda 関数がトリガーされます。

  4. Lambda 関数は、指定された増加率の値に基づいて新しいファイルシステムのストレージ容量を計算し、新しいファイルシステムのストレージ容量を設定します。

  5. Lambda 関数はオプションで、ファイルシステムの新しいストレージ容量の指定された割合に等しくなるように、空きストレージ容量しきい値を調整できます。

  6. 元の CloudWatch アラームの状態と Lambda 関数オペレーションの結果は、Amazon SNS キューに送信されます。

CloudWatch アラームへのレスポンスとして実行されるアクションに関する通知を受信するには、サブスクリプションの確認 電子メールに記載されているリンクに従って Amazon SNS トピックのサブスクリプションを確認する必要があります。

AWS CloudFormation テンプレート

このソリューションは AWS CloudFormation を使用し、FSx for Windows ファイルサーバーファイルシステムのストレージ容量を自動的に増やすために使用されるコンポーネントをデプロイします。このソリューションを使用するには、IncreaseFSxSize AWS CloudFormation テンプレートをダウンロードします。

テンプレートは、次のように説明されている パラメータ を使用します。テンプレートパラメータとそのデフォルト値を確認し、ファイルシステムのニーズに合わせて変更します。

FileSystemId

デフォルト値はありません。ストレージ容量を自動的に拡張したいファイルシステムの ID。

LowFreeDataStorageCapacityThreshold

デフォルト値はありません。アラームがトリガーされ、ファイルシステムのストレージ容量が自動的に拡張される空きストレージ容量の初期しきい値を、GiB で指定するか、ファイルシステムの現在のストレージ容量のパーセンテージ (%) で指定します。パーセンテージで表すと、CloudFormation テンプレートは CloudWatch アラーム設定と一致するように GiB に再計算されます。

LowFreeDataStorageCapacityThresholdUnit

デフォルトは % です。LowFreeDataStorageCapacityThreshold の単位を GiB、または現在のストレージ容量に対するパーセンテージで指定します。

AlarmModificationNotification

デフォルトは [Yes] (はい) です。[はい] に設定すると、初期 LowFreeDataStorageCapacityThreshold は、後続のアラームしきい値の PercentIncrease の値に比例して増加します。

例えば、PercentIncrease が 20 に設定され、AlarmModificationNotification が Yes に設定されている場合、GiB で指定された使用可能な空き領域のしきい値 (LowFreeDataStorageCapacityThreshold) は、後続のストレージ容量増加イベントのために 20% 増加します。

EmailAddress

デフォルト値はありません。SNS サブスクリプションに使用するメールアドレスを指定して、ストレージ容量のしきい値アラートを受信します。

PercentIncrease

デフォルト値はありません。現在のストレージ容量のパーセンテージとして表される、ストレージ容量を増やす量を指定します。

AWS CloudFormation による自動デプロイ

次の手順では、FSx for Windows ファイルサーバーファイルシステムのストレージ容量を自動的に拡張するための AWS CloudFormation スタックを設定し、デプロイします。デプロイには約 5 分かかります。

注記

このソリューションを実行すると、関連する AWS のサービスに料金が発生します。詳細については、それらのサービスの料金詳細ページを参照してください。

開始するには、AWS アカウントの Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) で実行されている Amazon FSx ファイルシステムの ID が必要になります。Amazon FSx リソースの作成の詳細については、「Amazon FSx の開始方法」を参照してください。

自動ストレージ容量拡張ソリューションスタックを起動するには

  1. IncreaseFsxSize AWS CloudFormation テンプレートをダウンロードします。CloudFormation スタックの作成に関する詳細については、「AWS CloudFormation ユーザーガイド」の「AWS CloudFormation コンソールでスタックを作成する」を参照してください。

    注記

    Amazon FSx は現在特定の AWS リージョンでのみ利用可能です。このソリューションは Amazon FSx が利用可能な AWS リージョンで起動する必要があります。詳細については、「AWS 一般的な関連資料」の「Amazon FSx のエンドポイントとクォータ」を参照してください。

  2. [Specify stack details] (スタック詳細の指定) では、自動ストレージ容量増加ソリューションの値を入力します。

    
                            CloudFormation テンプレートのスタック詳細の指定ページに入力した値を示すスクリーンショット。
  3. [Stack name] (スタック名) を入力します。

  4. [Parameters] (パラメータ) では、テンプレートのパラメータを確認し、ファイルシステムのニーズに合わせて変更します。次に、[Next] (次へ) を選択します。

  5. カスタムソリューションに必要な [Options] (オプション) 設定を入力し、[Next] (次へ) を選択します。

  6. [Review] (確認) では、ソリューション設定を確認して確定します。テンプレートが IAM リソースを作成することを認めるチェックボックスを選択します。

  7. [Create] (作成) を選択してスタックをデプロイします。

AWS CloudFormation コンソールの [Status] (ステータス) 列にスタックのステータスを表示できます。約 5 分で CREATE_COMPLETE のステータスが表示されます。

スタックの更新

スタックの作成後、同じテンプレートを使用してパラメータに新しい値を指定することで、スタックを更新できます。詳細については、「AWS CloudFormation ユーザーガイド」の「スタックの直接更新」を参照してください。