Amazon Rekognition エンドポイントとクォータ - AWS 全般のリファレンス

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon Rekognition エンドポイントとクォータ

このサービスのサービスエンドポイントおよび Service Quotas を以下に示します。 AWS サービスにプログラムで接続するには、エンドポイントを使用します。標準 AWS エンドポイントに加えて、一部の AWS サービスは、選択したリージョンで FIPS エンドポイントを提供しています。詳細については、「AWS サービスエンドポイント」を参照してください。Service Quotas は制限とも呼ばれ、 AWS アカウントのサービスリソースまたはオペレーションの最大数です。詳細については、「AWS サービスクォータ」を参照してください。

サービスエンドポイント

Amazon Rekognition API オペレーション (ストリーミングAPI オペレーションを除く) は、次のリージョンとエンドポイントで利用できます。

リージョン名 リージョン エンドポイント プロトコル
米国東部 (オハイオ) us-east-2

rekognition.us-east-2.amazonaws.com

rekognition-fips.us-east-2.amazonaws.com

HTTPS

HTTPS

米国東部 (バージニア北部) us-east-1

rekognition.us-east-1.amazonaws.com

rekognition-fips.us-east-1.amazonaws.com

HTTPS

HTTPS

米国西部 (北カリフォルニア) us-west-1

rekognition.us-west-1.amazonaws.com

rekognition-fips.us-west-1.amazonaws.com

HTTPS

HTTPS

米国西部 (オレゴン) us-west-2

rekognition.us-west-2.amazonaws.com

rekognition-fips.us-west-2.amazonaws.com

HTTPS

HTTPS

アジアパシフィック (ムンバイ) ap-south-1 rekognition.ap-south-1.amazonaws.com HTTPS
アジアパシフィック (ソウル) ap-northeast-2 rekognition.ap-northeast-2.amazonaws.com HTTPS
アジアパシフィック (シンガポール) ap-southeast-1 rekognition.ap-southeast-1.amazonaws.com HTTPS
アジアパシフィック (シドニー) ap-southeast-2 rekognition.ap-southeast-2.amazonaws.com HTTPS
アジアパシフィック (東京) ap-northeast-1 rekognition.ap-northeast-1.amazonaws.com HTTPS
カナダ (中部) ca-central-1

rekognition.ca-central-1.amazonaws.com

rekognition-fips.ca-central-1.amazonaws.com

HTTPS

HTTPS

欧州 (フランクフルト) eu-central-1 rekognition.eu-central-1.amazonaws.com HTTPS
欧州 (アイルランド) eu-west-1 rekognition.eu-west-1.amazonaws.com HTTPS
欧州 (ロンドン) eu-west-2 rekognition.eu-west-2.amazonaws.com HTTPS
イスラエル (テルアビブ) il-central-1 rekognition.il-central-1.amazonaws.com HTTPS
AWS GovCloud (米国西部) us-gov-west-1

rekognition.us-gov-west-1.amazonaws.com

rekognition-fips.us-gov-west-1.amazonaws.com

HTTPS

HTTPS

Amazon Rekognition ストリーミングエンドポイント

Amazon Rekognition ストリーミングAPI オペレーションは、次のリージョンとエンドポイントで利用できます。

リージョン名 リージョン エンドポイント プロトコル
US East (N. Virginia) us-east-1 streaming-rekognition.us-east-1.amazonaws.com

streaming-rekognition-fips.us-east-1.amazonaws.com
WSS

WSS
US West (Oregon) us-west-2 streaming-rekognition.us-west-2.amazonaws.com

streaming-rekognition-fips.us-west-2.amazonaws.com
WSS

WSS
Asia Pacific (Mumbai) ap-south-1 streaming-rekognition.ap-south-1.amazonaws.com WSS
Asia Pacific (Tokyo) ap-northeast-1 streaming-rekognition.ap-northeast-1.amazonaws.com WSS
Europe (Ireland) eu-west-1 streaming-rekognition.eu-west-1.amazonaws.com WSS
注記

一部のリージョンでは、特定の Amazon Rekognition の機能またはオペレーションのみがサポートされています。これらの違いについては、以下のセクションを参照してください。

以下は、特定の Amazon Rekognition 機能および AWS リージョンの違いです。

Amazon Rekognition Video ストリーミング API

Amazon Rekognition Video ストリーミング API は、 の作成時に指定された設定に応じて、次のリージョンで使用できます StreamProcessor。

ラベル検出 (ConnectedHome) API:

  • 米国東部(バージニア北部)

  • 米国東部 (オハイオ)

  • 米国西部(オレゴン)

  • アジアパシフィック(ムンバイ)

  • 欧州 (アイルランド)

顔検索 (FaceSearch) API:

  • 米国東部 (バージニア北部)

  • 米国西部 (オレゴン)

  • アジアパシフィック (東京)

  • 欧州 (フランクフルト)

  • 欧州 (アイルランド)

Amazon Rekognition Custom Labels

Amazon Rekognition Custom Labels は、次のリージョンでのみご利用いただけます。

  • 米国東部(バージニア北部)

  • 米国東部 (オハイオ)

  • 米国西部 (オレゴン)

  • 欧州 (アイルランド)

  • 欧州 (ロンドン)

  • 欧州 (フランクフルト)

  • アジアパシフィック (ムンバイ)

  • アジアパシフィック (シンガポール)

  • アジアパシフィック (シドニー)

  • アジアパシフィック (東京)

  • アジアパシフィック (ソウル)

Canada (Central) Region

カナダ (中部) リージョンでは、次のオペレーションがサポートされています。

注記

これらのオペレーションは、現在、カナダ (中部) リージョンではこれらのオペレーションのコンソールエクスペリエンスが提供されていないため、 AWS CLI または SDK を使用してのみ使用できます。

イスラエル (テルアビブ) リージョン

イスラエル (テルアビブ) リージョンでは、次の機能について次のオペレーションのみがサポートされます。

Service Quotas

このページに記載されているクォータはデフォルトです。 AWS サポートセンターを使用して、Amazon Rekognition のクォータの引き上げをリクエストできます。Amazon Rekognition 1 秒あたりのトランザクション数 (TPS) 制限のクォータ引き上げを要求するには、「Amazon Rekognition デベロッパーガイド」の「デフォルトのクォータ」にある指示に従います。

クォータの引き上げは、リクエストを行うリージョンの特定の API オペレーションにのみ影響します。その他の API 操作およびリージョンは影響を受けません。

リソース デフォルト

個々の Amazon Rekognition Image データプレーンオペレーションの 1 秒あたり、1 アカウントあたりのトランザクション:

  • 米国東部 (オハイオ) リージョン – 5

  • 米国東部 (バージニア北部) リージョン – 50

  • 米国西部 (北カリフォルニア) リージョン – 5

  • 米国西部 (オレゴン) リージョン – 50

  • アジアパシフィック (ムンバイ) リージョン – 5

  • アジアパシフィック (ソウル) リージョン – 5

  • アジアパシフィック (シンガポール) リージョン – 5

  • アジアパシフィック (シドニー) リージョン – 5

  • アジアパシフィック (東京) リージョン – 5

  • カナダ (中部) – 5 (サポートされているオペレーションについては サービスエンドポイント を参照してください)。

  • 欧州 (フランクフルト) リージョン – 5

  • 欧州 (アイルランド) リージョン – 50

  • 欧州 (ロンドン) リージョン – 5

  • イスラエル (テルアビブ) リージョン – 5 (サポートされているオペレーションについては、「サービスエンドポイント」を参照してください)

  • AWS GovCloud (米国西部) – 5

個々の Amazon Rekognition Image データプレーンオペレーションの 1 秒あたり、1 アカウントあたりのトランザクション:

  • 米国東部 (オハイオ) リージョン – 25

  • 米国東部 (バージニア北部) リージョン – 100

  • 米国西部 (北カルフォルニア) リージョン – 25

  • 米国西部 (オレゴン) リージョン – 100

  • アジアパシフィック (ムンバイ) リージョン – 25

  • アジアパシフィック (ソウル) リージョン – 25

  • アジアパシフィック (シンガポール) リージョン – 25

  • アジアパシフィック (シドニー) リージョン – 25

  • アジアパシフィック (東京) リージョン – 25

  • カナダ (中部) – 25 (サポートされているオペレーションについては サービスエンドポイント を参照してください)。

  • 欧州 (フランクフルト) リージョン – 25

  • 欧州 (アイルランド) リージョン – 100

  • 欧州 (ロンドン) リージョン – 25

  • イスラエル (テルアビブ) リージョン – 25 (サポートされているオペレーションについては、「サービスエンドポイント」を参照してください)

  • AWS GovCloud (米国西部) – 25

Amazon Rekognition Image データプレーンオペレーションの 1 秒あたり、1 アカウントあたりのトランザクション: Amazon Rekognition Image がサポートする各リージョン – 5

個人保護具データプレーンオペレーションのアカウントごとのトランザクション数/秒:

Amazon Rekognition Image がサポートする各リージョン – 5

個々の Amazon Rekognition Image コントロールプレーンオペレーションのアカウントごとの 1 秒あたりのトランザクション数:

Amazon Rekognition Image がサポートする各リージョン – 5

保存されている個々のビデオの start オペレーションの 1 秒あたり、アカウントあたりのトランザクション:

Amazon Rekognition Video がサポートする各リージョン – 5

StartCelebrityRecognition は AWS GovCloud (US)で使用できません。

個々の Amazon Rekognition Video に保存された動画取得オペレーションのアカウントごとの 1 秒あたりのトランザクション数:

  • 米国東部 (オハイオ) リージョン – 5

  • 米国東部 (バージニア北部) リージョン – 20

  • 米国西部 (北カリフォルニア) リージョン – 5

  • 米国西部 (オレゴン) リージョン – 20

  • アジアパシフィック (ムンバイ) リージョン – 5

  • アジアパシフィック (ソウル) リージョン – 5

  • アジアパシフィック (シンガポール) リージョン – 5

  • アジアパシフィック (シドニー) リージョン – 5

  • アジアパシフィック (東京) リージョン – 5

  • 欧州 (フランクフルト) リージョン – 5

  • 欧州 (アイルランド) リージョン – 20

  • 欧州 (ロンドン) リージョン – 5

  • AWS GovCloud (米国西部) – 20 (GetCelebrityRecognition はこのリージョンでは使用できません)。

保存されている、アカウントあたりのビデオの同時ジョブの最大数 20
個々の一括分析開始オペレーションの 1 秒あたり、1 アカウントあたりのトランザクション: StartMediaAnalysisJob Amazon Rekognition 一括分析がサポートする各リージョン: 5
個々の一括分析リストオペレーションの 1 秒あたり、1 アカウントあたりのトランザクション: ListMediaAnalysisJob Amazon Rekognition 一括分析がサポートする各リージョン: 5
個々の一括分析の 1 秒あたり、1 アカウントあたりのトランザクション数 GetMediaAnalysisJob Amazon Rekognition 一括分析がサポートする各リージョン: 20
リージョンに関する、アカウントあたりの同時一括分析ジョブの最大数:
  • 米国東部 (バージニア北部) リージョン – 20

  • 米国東部 (オハイオ) リージョン – 5

  • 米国西部 (オレゴン) リージョン – 20

  • 欧州 (アイルランド) リージョン – 20

  • アジアパシフィック (ムンバイ) リージョン – 5

  • アジアパシフィック (ソウル) リージョン – 5

  • アジアパシフィック (シンガポール) リージョン – 5

  • アジアパシフィック (シドニー) リージョン – 5

  • アジアパシフィック (東京) リージョン – 5

  • 欧州 (フランクフルト) リージョン – 5

  • 欧州 (ロンドン) リージョン – 5

同時に存在できる、アカウントあたりのストリーミングビデオストリームプロセッサの最大数 Amazon Rekognition Video がサポートする各リージョン – 10,000

アカウントごとに同時に処理できるフェイスサーチストリーム プロセッサの最大数

Amazon Rekognition Video がフェイスサーチストリームプロセッサをサポートする各リージョンで – 10

アカウントごとに同時に処理できるラベル検出ストリームプロセッサの最大数

  • 米国東部 (バージニア北部) – 200

  • 米国東部 (オハイオ) – 40

  • 米国西部 (オレゴン) – 200

  • アジアパシフィック (ムンバイ) – 40

  • 欧州 (アイルランド) – 40

個々のストリーミングビデオオペレーションの 1 秒あたり、アカウントあたりのトランザクション:

Amazon Rekognition Video がサポートする各リージョン – 20
ストリーミングビデオオペレーションを停止するための 1 秒あたり、1 アカウントあたりのトランザクション: Amazon Rekognition Video がサポートする各リージョン – 1
Amazon Rekognition Face Liveness API  オペレーションの各アカウントでの 1 秒あたりのトランザクション:
  • 米国東部 (バージニア北部) – 25

  • 欧州 (アイルランド) – 5

  • 米国西部 (オレゴン) – 25

  • アジアパシフィック (ムンバイ) – 5

  • アジアパシフィック (東京) リージョン – 5

で作成された、アカウントあたりの同時 Amazon Rekognition Face Liveness セッションの数StartFaceLivenessSession

必要な同時セッションクォータを決定するには、推定セッション長に推定 TPS を掛けます。(例: 10 秒 x 5 TPS = 50)。

  • 米国東部 (バージニア北部) – 75

  • 欧州 (アイルランド) – 15

  • 米国西部 (オレゴン) – 75

  • アジアパシフィック (ムンバイ) – 15

  • アジアパシフィック (東京) リージョン – 15

リストストリーミングビデオオペレーションの 1 秒あたり、1 アカウントあたりのトランザクション: Amazon Rekognition Video がサポートする各リージョン – 5
リソースタグ付けオペレーションの 1 秒あたり、1 アカウントあたりのトランザクション: Amazon Rekognition Image がサポートする各リージョン – 10

個々の Amazon Rekognition Custom Label データプレーンオペレーションにおけるアカウントごとの 1 秒あたりのトランザクション数:

Amazon Rekognition Custom Labels でサポートされている全リージョン – 50

個々の Amazon Rekognition Custom Labels のコントロールプレーンオペレーションのアカウントごとの 1 秒あたりのトランザクション数:

Amazon Rekognition Custom Labels がサポートする各リージョン – 5
アカウントあたりの Amazon Rekognition Custom Labels プロジェクトの最大数。 100
プロジェクトあたりの Amazon Rekognition Custom Labels モデルの最大数。 100
アカウントあたりの同時 Amazon Rekognition Custom Labels トレーニングジョブの最大数。
  • アジアパシフィック (シドニー) を除くすべてのリージョン – 2

  • アジアパシフィック (シドニー) – 1

アカウントあたりの同時実行 Amazon Rekognition Custom Labels モデルの最大数。 2
開始されたモデルあたりの最大推定単位。 5
データセットあたりのイメージの最大数。 250,000

詳細については、「Amazon Rekognition デベロッパーガイド」の「Amazon Rekognition のガイドラインとクォータ」を参照してください。