Red Hat OpenShift Service on AWS エンドポイントとクォータ - AWS 全般のリファレンス

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Red Hat OpenShift Service on AWS エンドポイントとクォータ

Red Hat OpenShift Service on AWS (ROSA) は現在、 を介したサービスエンドポイントへのプログラムによるアクセスをサポートしていません AWS CLI。このサービスの AWS リージョン および サービスクォータは次のとおりです。サービスクォータ (制限とも呼ばれます) は、 AWS アカウントのサービスリソースまたはオペレーションの最大数です。詳細については、「AWS のサービスクォータ」を参照してください。

サービスエンドポイント

リージョン名 リージョン ホスト型コントロールプレーンを備えた ROSA で使用可能 ROSA Classic で利用可能
米国東部(バージニア北部) us-east-1 はい はい
米国東部 (オハイオ) us-east-2 はい はい
米国西部 (北カリフォルニア) us-west-1 いいえ はい
米国西部 (オレゴン) us-west-2 はい はい
アフリカ (ケープタウン) af-south-1 はい はい
アジアパシフィック (香港) ap-east-1 いいえ はい
アジアパシフィック (ハイデラバード) ap-south-2 はい はい
アジアパシフィック (ジャカルタ) ap-southeast-3 はい はい
アジアパシフィック (メルボルン) ap-southeast-4 はい はい
アジアパシフィック (ムンバイ) ap-south-1 はい はい
アジアパシフィック (大阪) ap-northeast-3 いいえ はい
アジアパシフィック (ソウル) ap-northeast-2 はい はい
アジアパシフィック (シンガポール) ap-southeast-1 はい はい
アジアパシフィック (シドニー) ap-southeast-2 はい はい
アジアパシフィック (東京) ap-northeast-1 はい はい
カナダ (中部) ca-central-1 はい はい
欧州 (フランクフルト) eu-central-1 はい はい
欧州 (アイルランド) eu-west-1 はい はい
欧州 (ロンドン) eu-west-2 はい はい
欧州 (ミラノ) eu-south-1 はい はい
欧州 (パリ) eu-west-3 いいえ はい
欧州 (スペイン) eu-south-2 いいえ はい
欧州 (ストックホルム) eu-north-1 はい はい
欧州 (チューリッヒ) eu-central-2 いいえ はい
中東 (バーレーン) me-south-1 いいえ はい
中東 (アラブ首長国連邦) me-central-1 いいえ はい
南米 (サンパウロ) sa-east-1 いいえ はい
AWS GovCloud (米国東部) us-gov-east-1 いいえ はい
AWS GovCloud (米国西部) us-gov-west-1 いいえ はい

Service Quotas

ROSA は、Amazon EC2、Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC)、Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS)、および Elastic Load Balancing (ELB) のサービスクォータを使用しています。これらのクォータは、Service Quotas コンソールの対応する名前空間に一覧表示されます。

次の表の Amazon EC2 および Amazon EBS のクォータについては、ROSA ではデフォルトのサービスが提供するよりも高いクォータが必要です。ROSA を使用するには、これらのクォータの引き上げをリクエストする必要がある場合があります。詳細については、「Service Quotas ユーザーガイド」の「クォータ引き上げのリクエスト」を参照してください。

重要

オンデマンド標準 (A、C、D、H、I、M、R、T、Z) Amazon EC2 インスタンスの場合、デフォルト値の 5 vCPU では、ROSA クラスターを作成するのに不十分です。ROSA でクラスターを作成するには、100 vCPU 以上が必要です。このクォータを増やさなければ、クラスターの作成は失敗します。クォータを増やすには、[Service Quotas コンソール] を開き、クォータの引き上げをリクエストします。

名前 サービスコード デフォルト値 必要最小値 調整可能 説明

オンデマンド標準 (A、C、D、H、I、M、R、T、Z) インスタンスの実行

Ec2 5 100 はい

実行オンマンド標準 (A、C、D、H、I、M、R、T、Z) インスタンスに割り当てられる vCPU の最大数。

デフォルト値の 5 vCPU では、ROSA クラスターを作成するのに不十分です。ROSA でクラスターを作成するには 100 vCPU が必要です。

汎用 SSD (gp3) ボリュームのストレージ (TiB)

ebs 50 300 はい

このリージョンの汎用 SSD (gp3) ボリューム全体でプロビジョニングできるストレージの最大集計量 (TiB)。

パフォーマンスを最適化するには、300 TiB のストレージが必要です。

汎用 SSD (gp2) ボリュームのストレージ (TiB)

ebs 50 300 はい

このリージョンの汎用 SSD (gp2) ボリューム全体でプロビジョニングできるストレージの最大集計量 (TiB)。

パフォーマンスを最適化するには、300 TiB のストレージが必要です。

プロビジョンド IOPS SSD (io1) ボリュームのストレージ (TiB)

ebs 50 300 はい

このリージョンのプロビジョンド IOPS SSD (io1) ボリューム全体でプロビジョニングできるストレージの最大集計量 (TiB)。

パフォーマンスを最適化するには、300 TiB のストレージが必要です。

注記

デフォルト値は、 によって設定された初期クォータです AWS。これらのデフォルト値は、実際に適用されたクォータ値および適用可能な最大 Service Quotas とは異なります。詳細については、「Service Quotas ユーザーガイド」の「Service Quotas の用語」を参照してください。

ROSA は、Amazon EC2、Amazon VPC、Amazon EBS、Elastic Load Balancing について、次のデフォルトクォータを使用します。

Amazon EC2