の開始方法AWS IoT Greengrass - AWS IoT Greengrass

のドキュメントを表示していますAWS IoT Greengrass Version 1。AWS IoT Greengrass Version 2の最新のメジャーバージョンです。AWS IoT Greengrass。の使用方法の詳細については、「」を参照してください。AWS IoT Greengrass V2の詳細については、AWS IoT Greengrass Version 2開発者ガイド

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

の開始方法AWS IoT Greengrass

この開始方法チュートリアルには、AWS IoT Greengrass の基本を示し、AWS IoT Greengrass を使用して、すぐに使用を開始できるように、いくつかのモジュールが含まれています。このチュートリアルでは、次のような基本的な概念について説明します。

  • AWS IoT Greengrass コアとグループの設定。

  • エッジで AWS Lambda 関数を実行するためのデプロイプロセス。

  • 接続中AWS IoTデバイスをAWS IoT Greengrassコア。

  • ローカルの Lambda 関数、デバイス、および間の MQTT 通信を許可するサブスクリプションを作成するAWS IoT。

AWS IoT Greengrass の開始方法を選択する

このチュートリアルを使用してコアデバイスをセットアップする方法を選択できます。

  • RunGreengrass デバイスのセットアップをコアデバイスにインストールします。これにより、AWS IoT Greengrass依存関係を使用して、Hello World Lambda 関数を数分でテストできます。このスクリプトは、モジュール 1 から モジュール 3-1 のステップを再現します。

     

     - または -

     

  • モジュール 1 からモジュール 3-1 のステップを、順を追って、Greengrass の要件とプロセスをより詳しく調べます。以下のステップでは、コアデバイスをセットアップします。Hello World Lambda 関数を含む Greengrass グループを作成して設定し、Greengrass グループをデプロイします。通常、この処理には 1 ~ 2 時間かかります。


                開始方法モジュール
クイックスタート

Greengrass デバイスのセットアップは、コアデバイスと Greengrass リソースを設定します。スクリプト:

  • AWS IoT Greengrass 依存関係をインストールします。

  • ルート CA 証明書とコアデバイスの証明書とキーをダウンロードします。

  • デバイスに AWS IoT Greengrass コアソフトウェアをダウンロード、インストール、および設定します。

  • コアデバイスで Greengrass デーモンプロセスを開始します。

  • 必要に応じて、Greengrass サービスロールを作成または更新します。

  • Greengrass グループと Greengrass コアを作成します。

  • (オプション)Hello World Lambda 関数、サブスクリプション、およびローカルログ記録設定を作成します。

  • (オプション) Greengrass グループをデプロイします。

モジュール 1 および 2

モジュール 1モジュール 2 では、環境の設定方法について説明します。(または、Greengrass デバイスのセットアップを使用してこれらのモジュールを実行します)。

  • コアデバイスを Greengrass 用に設定します。

  • 依存関係チェッカーを実行します。

  • Greengrass グループと Greengrass コアを作成します。

  • tar.gz ファイルから最新の AWS IoT Greengrass Core ソフトウェアをダウンロードしてインストールします。

  • コア上で Greengrass デーモンプロセスを開始します。

注記

AWS IoT Greengrass では、サポートされている Debian プラットフォームへの apt のインストールなど、AWS IoT Greengrass Core ソフトウェアをインストールするための他のオプションも利用できます。詳細については、「AWS IoT Greengrass Core ソフトウェアをインストールします。」を参照してください。

モジュール 3-1 および 3-2

モジュール 3-1およびモジュール 3-2では、ローカルの Lambda 関数の使用方法について説明します。(または、Greengrass デバイスのセットアップ を使用してモジュール 3-1 を実行します)。

  • でハローワールド Lambda 関数を作成するAWS Lambda。

  • Greengrass グループに Lambda 関数を追加します。

  • Lambda 関数と間の MQTT 通信を許可するサブスクリプションを作成します。AWS IoT。

  • Greengrass システムコンポーネントと Lambda 関数のローカルのログ設定を設定します。

  • Lambda 関数とサブスクリプションを含む Greengrass グループをデプロイします。

  • ローカルの Lambda 関数から AWS IoT にメッセージを送信します。

  • からローカル Lambda 関数を呼び出します。AWS IoT。

  • オンデマンドおよび長期間有効な関数をテストします。

モジュール 4 およびモジュール 5

モジュール 4 は、デバイスがコアに接続し、相互に通信する方法を示しています。

モジュール 5 は、デバイスがシャドウを使用して状態を制御する方法を示しています。

  • AWS IoT デバイスの登録とプロビジョニング(コマンドライン端末で表される)。

  • のインストール AWS IoT Device SDK Python の場合. これは、Greengrass のコアを検出するためにデバイスによって使用されます。

  • デバイスを Greengrass グループに追加します。

  • MQTT 通信を許可するサブスクリプションを作成します。

  • デバイスを含む Greengrass グループをデプロイします。

  • デバイス間通信をテストします。

  • シャドウ状態の更新をテストします。

モジュール 6

モジュール 6Lambda 関数が AWS クラウド 。

  • Amazon DynamoDB リソースへのアクセスを許可する Greengrass グループロールを作成します。

  • Greengrass グループに Lambda 関数を追加します。この関数は、AWSPython 用 SDK は、DynamoDB と対話します。

  • MQTT 通信を許可するサブスクリプションを作成します。

  • DynamoDB との相互作用をテストします。

モジュール 7

モジュール 7 では、Greengrass Core 用にシミュレートされたハードウェアセキュリティモジュール (HSM) を設定する方法を示します。

重要

この高度なモジュールは、実験と初期テストのためにのみ提供されています。どのような種類の本番稼働用でもありません。

  • ソフトウェアベースの HSM とプライベートキーをインストールして設定します。

  • ハードウェアセキュリティを使用するように Greengrass コアを設定します。

  • ハードウェアセキュリティ設定をテストします。

Requirements

このチュートリアルを完了するには、以下が必要です。

  • Mac、Windows PC、または UNIX 互換システム。

  • Amazon Web Services (AWS) アカウント。アカウントをお持ちでない場合は、「 AWS アカウント の作成」を参照してください。

  • 使用するAWS リージョンでサポートされるAWS IoT Greengrass。サポートされているリージョンのリストについては、AWS IoT Greengrass「」を参照してください。AWSエンドポイントとクォータ()AWSの全般的なリファレンス

    注記

    以下の点をメモします。 AWS リージョン このチュートリアルで一貫して使用してください。あなたが切り替えた場合 AWS リージョン チュートリアル中に、ステップを完了するときに問題が発生することがあります。

  • Raspberry Pi 4 Model B、Raspberry Pi 3 Model B+と 8 GB microSD カード、または Amazon EC2 インスタンス。AWS IoT Greengrass は物理的なハードウェアで使用するのが最適であるため、Raspberry Pi を使用することをお勧めします。

    注記

    Raspberry Pi のモデルを取得するには、次のコマンドを実行します。

    cat /proc/cpuinfo

    リストの下部にある Revision 属性の値をメモし、「Which Pi have I got?」の表を参照してください。たとえば、Revision の値が a02082 である場合、Pi は「3 Model B」であることが表でわかります。

    Raspberry Pi のアーキテクチャを確認するには、次のコマンドを実行します。

    uname -m

    このチュートリアルでは、結果は armv71 以上である必要があります。

  • Python の基本的な知識

このチュートリアルは Raspberry Piで AWS IoT Greengrass を実行することを目的としていますが、AWS IoT Greengrass では他のプラットフォームもサポートしています。詳細については、「サポートされているプラットフォームと要件」を参照してください。

AWS アカウント の作成

アカウントをお持ちでない場合は、 AWS アカウント 以下の手順に従って、 AWS アカウント :

  1. を開くAWSホームページを選択し、を作成するAWSアカウント

    注記

    最近、AWS にサインインした場合は、代わりに [Sign In to the Console (コンソールにサインイン)] が表示される場合があります。

  2. オンラインの手順に従います。サインアップ手順には、クレジットカードの登録、テキストメッセージまたは電話の受信、PIN の入力が含まれます。

    詳細については、「アマゾン ウェブ サービスの新規アカウントを作成してアクティブ化する方法を教えてください」を参照してください。

重要

このチュートリアルでは、IAM ユーザーアカウントに管理者アクセス権限があることを前提としています。