モジュール 4: AWS IoT Greengrass グループでのデバイスの操作 - AWS IoT Greengrass

AWS IoT Greengrass Version 1 は機能更新を受信しなくなり、2023 年 6 月 30 日までセキュリティパッチとバグ修正のみ受信します。詳細については、「AWS IoT Greengrass V1 maintenance policy」(AWS IoT Greengrass V1 メンテナンスポリシー) を参照してください。重要な新機能新たなプラットフォームのサポートが追加された AWS IoT Greengrass Version 2 への移行を強くお勧めします。

モジュール 4: AWS IoT Greengrass グループでのデバイスの操作

このモジュールは、AWS IoT デバイスがどのように AWS IoT Greengrass コアデバイスに接続して通信できるかを示します。AWS IoT Greengrass コアに接続する AWS IoT デバイスは AWS IoT Greengrass グループの一部で、AWS IoT Greengrass プログラミングパラダイムに参加することができます。このモジュールでは、1 つの Greengrass デバイスから Greengrass グループの別のデバイスに Hello World メッセージを送信します。


                AWS IoT Greengrass デバイス #1 と AWS IoT Greengrass デバイス #2 に接続されている AWS IoT Greengrass コアに接続された AWS IoT。

開始する前に、Greengrass デバイスセットアップスクリプトを実行するか、モジュール 1モジュール 2 を完了します。このモジュールは、2 つのシミュレートされたデバイスを作成します。他のコンポーネントやデバイスは必要ありません。

このモジュールの所要時間は 30 分未満です。