AWS IoT
開発者ガイド

AWS IoT ルールのチュートリアル

以下のチュートリアルでは、AWS IoT ルールを作成してテストする方法を示します。開始する前に、必ず AWS IoT 入門チュートリアルを完了します。このチュートリアルは、AWS アカウントを作成する方法、および AWS IoT でデバイスを登録する方法を示していて、これらはチュートリアルの前提条件となっています。

このチュートリアルのシナリオは、多くの植物がある温室です。各植物には湿気センサーが取り付けられています。湿気センサーは、事前定義された間隔でデータを AWS IoT に送信します。AWS IoT ルールエンジンはこのデータを受け取り、DynamoDB テーブルに書き込みます。ルールを作成してデータを DynamoDB に書き込み、AWS IoT MQTT クライアントを使用してセンサーをエミュレートします。

AWS IoT ルールは、SQL の SELECT ステートメント、トピックフィルタ、ルールのアクションで構成されます。デバイスは MQTT トピックにメッセージをパブリッシュすることで、AWS IoT に情報を送信します。SQL SELECT ステートメントを使用して、受信 MQTT メッセージからデータを抽出できます。AWS IoT ルールのトピックフィルターでは、1 つ以上の MQTT トピックを指定します。トピックフィルタに一致する MQTT メッセージがトピックで受信されると、ルールがトリガーされます。ルールのアクションにより、MQTT メッセージから抽出した情報を取得し、他の AWS サービスに送信できます。ルールのアクションは Amazon DynamoDB、AWS Lambda、Amazon SNS、Amazon S3 などの AWS サービス用に定義されています。Lambda ルールを使用することで、他の AWS またはサードパーティーウェブサービスを呼び出すことができます。ルールのすべてのアクションのリストについては、「AWS IoT ルールのアクション」を参照してください。

これらのチュートリアルでは、AWS IoT MQTT クライアントを使用するとともに、ルールのトピックフィルターとして my/greenhouse を使用するとします。

独自のデバイスを使用することもできますが、デバイスがパブリッシュする MQTT トピックを把握しておく必要があります。そのため、このトピックは、ルールのトピックフィルターとして指定する必要があります。ルールの詳細については、「AWS IoT ルール」を参照してください。