AWS IoT ルールアクション - AWS IoT Core

AWS IoT ルールアクション

AWS IoT ルールアクションは、ルールがトリガーされたときに行う動作を指定します。Amazon DynamoDB データベースへのデータの送信、Amazon Kinesis Data Streams へのデータの送信、AWS Lambda 関数の呼び出しなどのアクションを定義できます。AWS IoT は、アクションのサービスを使用できる AWS リージョン で次のアクションをサポートします。

ルールアクション 説明 API での名前
Apache Kafka Apache Kafka クラスターにメッセージを送信します。 kafka
CloudWatch アラーム Amazon CloudWatch アラームの状態を変更します。 cloudwatchAlarm
[CloudWatch Logs] Amazon CloudWatch Logs にメッセージを送信します。 cloudwatchLogs
CloudWatch メトリクス CloudWatch メトリクスにメッセージを送信します。 cloudwatchMetric
DynamoDB DynamoDB テーブルにメッセージを送信します。 dynamoDB
DynamoDBv2 DynamoDB テーブル内の複数の列に、メッセージデータを送信します。 dynamoDBv2
Elasticsearch Amazon Elasticsearch Service エンドポイントに、メッセージを送信します。 elasticsearch
HTTP HTTPS エンドポイントに、メッセージをポストします。 http
IoT Analytics AWS IoT Analytics チャネルにメッセージを送信します。 iotAnalytics
IoT Events AWS IoT Events 入力にメッセージを送信します。 iotEvents
IoT SiteWise AWS IoT SiteWise アセットプロパティにメッセージデータを送信します。 iotSiteWise
Kinesis Data Firehose Kinesis Data Firehose 配信ストリーミングにメッセージを送信します。 firehose
Kinesis Data Streams Kinesis データストリーミングにメッセージを送信します。 kinesis
Lambda メッセージデータを入力として Lambda関数を呼び出します。 lambda
OpenSearch Amazon OpenSearch Serviceエンドポイントに、メッセージを送信します。 OpenSearch
Republish メッセージを別の MQTT トピックに再発行します。 republish
S3 Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) バケットにメッセージを保存します。 s3
Salesforce IoT Salesforce の IoT 入力ストリーミングにメッセージを送信します。 salesforce
SNS Amazon Simple Notification Service (Amazon SNS) プッシュ通知としてメッセージを発行します。 sns
SQS Amazon Simple Queue Service (Amazon SQS) キューにメッセージを送信します。 sqs
Step Functions AWS Step Functions ステートマシンを始動します。 stepFunctions
Timestream Amazon Timestream データベーステーブルに、メッセージを送信します。 timestream
Notes
  • ルールアクションが、そのリソースと対話できるようにするために、別のサービスのリソースと同じ AWS リージョン において、ルールを定義する必要があります。

  • AWS IoT ルールエンジンは、断続的なエラーが発生した場合、アクションの実行を複数回試みることがあります。すべての試行が失敗すると、メッセージは破棄され、CloudWatch ログにエラーが表示されます。障害が発生した後に呼び出される各ルールに対して、エラーアクションを指定できます。詳細については、「エラー処理 (エラーアクション)」を参照してください

  • 一部のルールアクションは、AWS Key Management Service (AWS KMS) と統合されたサービスでアクションをトリガーして、保管時のデータ暗号化をサポートします。保管中のデータを暗号化するために、カスタマーマネージド AWS KMS key (KMS キー) を使用する場合は、サービスが発信者に代わって KMS キーを使用する許可を持っている必要があります。カスタマーマネージドKMSキー許可を管理する方法については、該当するサービスガイドのデータ暗号化トピックを参照してください。カスタマーマネージド KMS キーの詳細については、{AWS Key Management Service Developer Guide](デベロッパーガイド)の[AWS Key Management Service concepts」(コンセプト)を参照してください。