AWS IoT MQTT クライアントでデバイスの MQTT メッセージを表示する - AWS(AWS) IoT コア

英語の翻訳が提供されている場合で、内容が矛盾する場合には、英語版がオリジナルとして取り扱われます。翻訳は機械翻訳により提供されています。

AWS IoT MQTT クライアントでデバイスの MQTT メッセージを表示する

このセクションでは、 AWS IoT MQTTクライアント( AWS IoT コンソール MQTTメッセージが次のユーザによって送受信されるのを見る AWS IoT. このセクションで使用される例は、 AWS IoT Core の開始方法ただし、topicName 例で使用され、 トピック名またはトピックフィルタ あなたの IoT 溶液。

デバイスは、次の方法で識別されるMQTTメッセージを公開します。 トピック 彼らの状態を AWS IoT、および AWS IoT は、MQTTメッセージを公開して、変更やイベントについてデバイスとアプリに通知します。MQTTクライアントを使用して、これらのトピックを購読し、メッセージが発生したときにそのメッセージを視聴することができます。また、MQTTクライアントを使用して、 AWS アカウント。

MQTT クライアントで MQTT メッセージを表示する

MQTT クライアントで MQTT メッセージを表示するには

  1. [ AWS IoT コンソール、左側のメニューで、 試験.

  2. の購読 topicName 端末が公開する場所。入門サンプルアプリについては、topicNametopic_1.

    開始の例では、 購読 」ページの 購読トピック フィールド、入力 topic_1を選択し、 トピックの購読.

    トピックメッセージログページ、 トピック_1、 が開き、 topic_1 は、 サブスクリプション 列。

  3. 構成したデバイスが デバイスを設定する は、サンプルプログラムを実行しています。 AWS IoT を トピック_1 メッセージログ。メッセージログエントリは、 公開 セクションで、サブスクライブされたトピックを含むメッセージが AWS IoT.

  4. [ トピック_1 メッセージ ログ ページでは、トピックにメッセージを公開することもできます。購読しているトピックに公開されたメッセージは、受信したトピックのメッセージ ログに表示されます。

MQTTメッセージのトラブルシューティング

ワイルドカード トピック フィルターの使用

メッセージが想定どおりにメッセージ ログに表示されない場合は、 トピックフィルター. MQTTマルチレベルのワイルドカードトピックフィルタは、ハッシュまたはシャープ記号( # )、および 購読トピック フィールド。

の購読 # トピック フィルタは、メッセージ ブローカーが受信したすべてのトピックを購読します。トピック フィルタ パスのエレメントを # 「+」のシングルレベルのワイルド カード文字を 1 つだけ選択できます。

トピックフィルタでワイルドカードを使用する場合

  • マルチレベルのワイルドカード文字は、トピックフィルタの最後の文字でなければなりません。

  • トピックフィルタパスには、トピックレベルごとに1つの単一レベルのワイルドカード文字のみを含めることができます。

以下に例を示します。

トピックのフィルター

メッセージの表示対象

#

任意のトピック名

topic_1/#

で始まるトピック名 topic_1/

topic_1/level_2/#

で始まるトピック名 topic_1/level_2/

topic_1/+/level_3

で始まるトピック名 topic_1/、で終わる /level_3、および は、その間にある任意の値の 1 つの要素を持ちます。

トピックフィルタの詳細については、以下を参照してください。 トピックフィルター.

トピック名エラーの確認

MQTTトピック名とトピックフィルタは大文字と小文字が区別されます。たとえば、デバイスがメッセージを公開している場合、 Topic_1 (資本 T) の代わりに topic_1MQTTクライアントでは、購読したトピックのメッセージは表示されません。ただし、ワイルド カード トピック フィルターを購読すると、デバイスがメッセージを公開していることが表示され、想定していたトピック名とは異なるトピック名が使用されていることがわかります。

MQTT クライアントから MQTT メッセージを発行する

MQTT トピックにメッセージを発行するには

  1. [MQTTクライアント]ページの 公開 」セクションの 公開するトピックとメッセージを指定する 」フィールドに、topicName メッセージのメッセージ。この例では my/topic を使用します。

    注記

    MQTTクライアントまたはシステム実装で使用しても、トピック名に個人を特定できる情報を使用しないでください。トピック名は、暗号化されていないコミュニケーションやレポートに表示されます。

  2. メッセージペイロードウィンドウで、次のJSONを入力します。

    { "message": "Hello, world", "clientType": "MQTT client" }
  3. [トピックに発行] を選択して、メッセージを AWS IoT に発行します。

  4. [ サブスクリプション 列、選択 マイ/トピック メッセージを表示します。メッセージは、パブリッシュメッセージペイロードウィンドウの下のMQTTクライアントに表示されます。

MQTTメッセージを他のトピックに公開するには、topicName公開するトピックとメッセージを指定する フィールドを選択し、Publish to topic ボタン。