AWS IoT Coreで開始 - AWS IoT Core

AWS IoT Coreで開始

IoT を初めて使用する場合でも、長年の経験がある場合でも、これらのリソースは、AWS IoT使用を開始するのに役立つ概念と用語AWS IoTを説明します。

最初のデバイスをAWS IoT Core に接続します。

AWS IoT Coreサービスは IoT デバイスを AWS IoTサービスおよび他の AWSサービスと接続します。AWS IoT Core には、IoT デバイスとクラウドを接続してその間のメッセージを処理する、デバイスゲートウェイとメッセージブローカーが含まれています。

AWS IoT Coreおよび AWS IoT の開始方法を説明します。


                AWS IoT Core 開始方法ツアーマップ

このセクションでは、AWS IoT Core の概要を確認して主要なサービスを紹介するとともに、デバイスを AWS IoT Core に接続し、それらの間でメッセージを渡す方法の例をいくつか示します。デバイスとクラウド間でメッセージを渡すことは、すべての IoT ソリューションの基本であり、デバイスが他の AWS のサービスとインタラクションする方法です。

  • AWS アカウント のセットアップ

    AWS IoT サービスを使用するには、AWS アカウント を設定する必要があります。自分用の AWS アカウント と IAM ユーザーが既にある場合は、それらを使用してこのステップをスキップできます。

  • インタラクティブチュートリアルを試す

    このデモは、デバイスを接続したり、ソフトウェアをダウンロードしたりすることなく、基本的な AWS IoT ソリューションで何ができるかを確認したい場合に最適です。インタラクティブチュートリアルでは、AWS IoT Core サービス上に構築されたシミュレーションソリューションを紹介します。これらのサービスがどのようにやり取りするかを示します。

  • クイックコネクトチュートリアルを試す

    このチュートリアルは、AWS IoT の使用をすぐに開始し、限られたシナリオでの動作を確認したい場合に最適です。このチュートリアルでは、デバイスが必要です。また、そのデバイスに AWS IoT ソフトウェアをインストールする必要があります。IoT デバイスをお持ちでない場合は、このチュートリアルのデバイスとして Windows、Linux、または macOS のパーソナルコンピュータを使用できます。AWS IoT を試したいがデバイスをお持ちではない場合は、次のオプションをお試しください。

  • 実践的なチュートリアルで AWS IoT Core サービスを詳しく知る

    このチュートリアルは、ルールエンジンやシャドウなどの他の AWS IoT Core 機能を引き続き詳しく確認するために AWS IoT の使用を開始したいデベロッパーに最適です。このチュートリアルは、クイックコネクトチュートリアルと同様の手順に従いますが、各ステップをさらに詳しく説明し、より高度なチュートリアルへのよりスムーズな移行を可能にします。

  • AWS IoTMQTT クライアントでデバイスの MQTT メッセージを表示する

    MQTT テストクライアントの使用方法を学び、最初のデバイスが MQTT メッセージをAWS IoTに発行するのを観察します。MQTT テストクライアントは、デバイス接続の監視とトラブルシューティングに役立つツールです。

注記

これらの開始方法のチュートリアルを複数試したり、同じチュートリアルを繰り返したりする場合は、前のチュートリアルで作成したモノのオブジェクトを削除してから、別のチュートリアルを開始してください。前のチュートリアルからモノのオブジェクトを削除しない場合は、以降のチュートリアルで別のモノの名前を使用する必要があります。これは、モノの名前は、アカウントおよび AWS リージョン 内で一意でなければならないためです。

AWS IoT Core の詳細については、「AWS IoT Core とは」を参照してください。