PublishLayerVersion - AWS Lambda

PublishLayerVersion

zip アーカイブからAWS Lambda レイヤーを作成します。同じレイヤー名で PublishLayerVersion を呼び出すたびに、新しいバージョンが作成されます。

関数に、CreateFunctionまたはUpdateFunctionConfigurationでレイヤーを追加します。

リクエストの構文

POST /2018-10-31/layers/LayerName/versions HTTP/1.1 Content-type: application/json { "CompatibleArchitectures": [ "string" ], "CompatibleRuntimes": [ "string" ], "Content": { "S3Bucket": "string", "S3Key": "string", "S3ObjectVersion": "string", "ZipFile": blob }, "Description": "string", "LicenseInfo": "string" }

URI リクエストパラメータ

リクエストでは、次の URI パラメータを使用します。

LayerName

レイヤーの名前または Amazon リソースネーム (ARN)。

長さの制限: 最小長は 1 です。最大長は 140 です。

Pattern: (arn:[a-zA-Z0-9-]+:lambda:[a-zA-Z0-9-]+:\d{12}:layer:[a-zA-Z0-9-_]+)|[a-zA-Z0-9-_]+

必須: はい

リクエストボディ

リクエストは以下の JSON 形式のデータを受け入れます。

CompatibleArchitectures

互換性のある命令セットアーキテクチャのリストです。

型: 文字列の配列

配列メンバー: 最大数は 2 項目です。

有効な値: x86_64 | arm64

必須: いいえ

CompatibleRuntimes

互換性のある関数のランタイムのリスト。ListLayersおよびListLayerVersionsのフィルタリングに使用されます。

型: 文字列の配列

配列メンバー: 最大数は 15 項目です。

有効な値: nodejs | nodejs4.3 | nodejs6.10 | nodejs8.10 | nodejs10.x | nodejs12.x | nodejs14.x | nodejs16.x | java8 | java8.al2 | java11 | python2.7 | python3.6 | python3.7 | python3.8 | python3.9 | dotnetcore1.0 | dotnetcore2.0 | dotnetcore2.1 | dotnetcore3.1 | dotnet6 | nodejs4.3-edge | go1.x | ruby2.5 | ruby2.7 | provided | provided.al2

必須: いいえ

Content

関数のレイヤーアーカイブ。

型: LayerVersionContentInput オブジェクト

必須: はい

Description

バージョンの説明。

型: 文字列

長さの制限: 最小長は 0 です。最大長は 256 です。

必須: いいえ

LicenseInfo

レイヤーのソフトウェアライセンス。これは、次のいずれかとなります。

  • SPDX ライセンス識別子。例えば、MIT です。

  • インターネットでホストされているライセンスの URL。例えば、https://opensource.org/licenses/MIT です。

  • ライセンスのフルテキスト。

型: 文字列

長さの制限: 最大長は 512 です。

必須: いいえ

レスポンスの構文

HTTP/1.1 201 Content-type: application/json { "CompatibleArchitectures": [ "string" ], "CompatibleRuntimes": [ "string" ], "Content": { "CodeSha256": "string", "CodeSize": number, "Location": "string", "SigningJobArn": "string", "SigningProfileVersionArn": "string" }, "CreatedDate": "string", "Description": "string", "LayerArn": "string", "LayerVersionArn": "string", "LicenseInfo": "string", "Version": number }

レスポンス要素

アクションが成功すると、HTTP 201 レスポンスが返されます。

サービスから以下のデータが JSON 形式で返されます。

CompatibleArchitectures

互換性のある命令セットアーキテクチャのリストです。

型: 文字列の配列

配列メンバー: 最大数は 2 項目です。

有効な x86_64 | arm64 値:

CompatibleRuntimes

レイヤーの互換性のあるランタイム。

型: 文字列の配列

配列メンバー: 最大数は 15 項目です。

有効な値: nodejs | nodejs4.3 | nodejs6.10 | nodejs8.10 | nodejs10.x | nodejs12.x | nodejs14.x | nodejs16.x | java8 | java8.al2 | java11 | python2.7 | python3.6 | python3.7 | python3.8 | python3.9 | dotnetcore1.0 | dotnetcore2.0 | dotnetcore2.1 | dotnetcore3.1 | dotnet6 | nodejs4.3-edge | go1.x | ruby2.5 | ruby2.7 | provided | provided.al2

Content

レイヤーバージョンの詳細。

型: LayerVersionContentOutput オブジェクト

CreatedDate

レイヤーバージョンが作成された日付 (ISO-8601 形式 (YYYY-MM-DDThh:mm:ss.sTZD))。

型: 文字列

Description

バージョンの説明。

型: 文字列

長さの制限: 最小長は 0 です。最大長は 256 です。

LayerArn

レイヤーの ARN。

型: 文字列

長さの制限: 最小長は 1 です。最大長は 140 です。

Pattern: arn:[a-zA-Z0-9-]+:lambda:[a-zA-Z0-9-]+:\d{12}:layer:[a-zA-Z0-9-_]+

LayerVersionArn

レイヤーバージョンの ARN。

型: 文字列

長さの制限: 最小長は 1 です。最大長は 140 です。

Pattern: arn:[a-zA-Z0-9-]+:lambda:[a-zA-Z0-9-]+:\d{12}:layer:[a-zA-Z0-9-_]+:[0-9]+

LicenseInfo

レイヤーのソフトウェアライセンス。

型: 文字列

長さの制限: 最大長は 512 です。

Version

バージョン番号。

型: Long

エラー

CodeStorageExceededException

アカウントあたりの最大合計コードサイズを超えました。詳細はこちら

HTTP ステータスコード: 400

InvalidParameterValueException

リクエストに含まれているパラメータの 1 つが無効です。

HTTP ステータスコード: 400

ResourceNotFoundException

リクエストで指定されたリソースは存在しません。

HTTP ステータスコード: 404

ServiceException

AWS Lambda サービスで内部エラーが発生しました。

HTTP ステータスコード: 500

TooManyRequestsException

リクエストスループット制限を超えました。

HTTP ステータスコード: 429

以下の資料も参照してください。

言語固有の AWS SDK のいずれかでこの API を使用する方法の詳細については、以下を参照してください。