メニュー
Amazon Lex
開発者ガイド

例: レスポンスカードの使用

この演習では、レスポンスカードを追加して「開始方法」の演習 1 を拡張します。OrderFlowers インテントをサポートするボットを作成し、FlowerType スロットのレスポンスカードを追加してそのインテントを更新します。FlowerType スロットの次のプロンプトの他に、ユーザーはレスポンスカードから花の種類を選択できます。

What type of flowers would you like to order?

以下はレスポンスカードです。

ボットのユーザーは、花の種類をテキスト入力するか、リストから選択できます。このレスポンスカードにはイメージが設定されています。これは次のようにクライアントに表示されます。レスポンスカードの詳細情報については、「レスポンスカード」を参照してください。

ボットを作成して、レスポンスカードでテストするには

  1. 「開始方法」の演習 1 の手順に従って、OrderFlowers ボットを作成しテストします。ステップ 1、2、3 を完了する必要があります。レスポンスカードをテストするために Lambda 関数を追加する必要はありません。手順については、「演習 1: 設計図を使用して Amazon Lex ボットを作成する (コンソール)」を参照してください。

  2. レスポンスカードを追加してボットを更新し、バージョンを発行します。バージョンを発行し、そのバージョンを参照するエイリアス (BETA) を指定します。

    1. Amazon Lex コンソールでボットを選択します。

    2. [OrderFlowers] インテントを選択します。

    3. [Prompt] で [What type of flowers] の横にある歯車アイコン (設定) を選択して、[FlowerType] のレスポンスカードを設定します。

    4. 次のスクリーンショットに示すように、カードにタイトルを付け、3 つのボタンを設定します。オプションでイメージの URL を指定して、レスポンスカードにイメージを追加することもできます。

    5. ボタンの値を [Preview] で確認し、[Save] を選択します。

    6. [Editor] タブで [Save] を選択して、インテントの設定を保存します。

    7. ボットを構築するには、[Build] を選択します。

    8. ボットのバージョンを発行するには、[Publish] を選択します。ボットのバージョンを参照するエイリアスとして BETA を指定します。バージョニングの詳細については、「バージョニングとエイリアス」を参照してください。

  3. Facebook Messenger プラットフォームでボットをデプロイし、統合をテストします。手順については、「Amazon Lex ボットと Facebook Messenger の統合」を参照してください。

    花を注文する際に、メッセージウィンドウにレスポンスカードが表示され、花の種類が選択できます。