メニュー
Amazon Lex
開発者ガイド

Amazon Lex ボットと Facebook Messenger の統合

この演習では、Facebook Messenger と Amazon Lex ボットを統合する方法を示します。以下のステップを実行します。

  1. Amazon Lex ボットを作成する

  2. Facebook アプリケーションを作成する

  3. Facebook Messenger と Amazon Lex ボットを統合する

  4. 統合を検証する

ステップ 1: Amazon Lex ボットを作成する

Amazon Lex ボットをまだお持ちでない場合は、作成してデプロイします。このトピックでは、「開始方法」の演習 1 で作成したボットを使用することを想定しています。ただし、このガイドで提供されている他のボット例を使用してもかまいません。「開始方法」の演習 1 については、「演習 1: 設計図を使用して Amazon Lex ボットを作成する (コンソール)」を参照してください。

  1. Amazon Lex ボットを作成します。手順については、「演習 1: 設計図を使用して Amazon Lex ボットを作成する (コンソール)」を参照してください。

  2. ボットをデプロイしてエイリアスを作成します。手順については、「演習 3: バージョンを発行してエイリアスを作成する」を参照してください。

ステップ 2: Facebook アプリケーションを作成する

Facebook 開発者ポータルで、Facebook アプリケーションと Facebook ページを作成します。手順については、Facebook Messenger プラットフォームのドキュメントで「クイックスタート」を参照してください。以下の内容を書き留めます。

  • Facebook アプリの [App Secret]

  • Facebook ページの [Page Access Token]

ステップ 3: Facebook Messenger と Amazon Lex ボットを統合する

このセクションでは、Facebook Messenger と Amazon Lex ボットを統合します。

このステップを完了すると、コンソールからコールバック URL が提供されます。この URL を書き留めます。

Facebook Messenger とボットを統合するには

    1. AWS マネジメントコンソールにサインインして、https://console.aws.amazon.com/lex/ にある Amazon Lex コンソールを開きます。

    2. Amazon Lex ボットを選択します。

    3. [Channels] を選択します。

    4. [Chatbots] の [Facebook] を選択します。コンソールに Facebook 統合ページが表示されます。

    5. Facebook 統合ページで、次の操作を行います。

      • 名前として「BotFacebookAssociation」と入力します。

      • [KMS key] で [aws/lex] を選択します。

      • [Alias] で、ボットのエイリアスを選択します。

      • [Verify token] にトークンを入力します。任意の文字列を選択できます (例 :ExampleToken)。このトークンは、後で Webhook をセットアップするときに Facebook 開発者ポータルで使用します。

      • [Page access token] に、ステップ 2 で Facebook から取得したトークンを入力します。

      • [App secret key] に、ステップ 2 で Facebook から取得したキーを入力します。

    6. [Activate] を選択します。

      コンソールによってボットチャネル関連付けが作成され、コールバック URL が返されます。この URL を書き留めます。

  1. Facebook 開発者ポータルで、アプリを選択します。

  2. [Messenger] 製品を選択し、ページの [Webhooks] セクションで [Setup webhooks] を選択します。

    手順については、Facebook Messenger プラットフォームのドキュメントで「クイックスタート」を参照してください。

  3. サブスクリプションウィザードの [webhook] ページで、次の操作を行います。

    • [Callback URL] に、前に Amazon Lex コンソールから返されたコールバック URL を入力します。

    • [Verify Token] に、Amazon Lex で使用したトークンと同じものを入力します。

    • [Subscription Fields] ([messages]、[messaging_postbacks]、および [messaging_optins]) を選択します。

    • [Verify and Save] を選択します。これにより、Facebook と Amazon Lex のハンドシェイクが開始されます。

  4. Webhooks 統合を有効にします。作成したページを選択し、[subscribe] を選択します。

    注記

    Webhook を更新または再作成する場合は、サブスクリプション解除してから再度サブスクライブする必要があります。

ステップ 4: 統合をテストする

これで Facebook Messenger から Amazon Lex ボットと会話を開始できます。

  1. Facebook ページを開き、[Message] を選択します。

  2. [Messenger] ウィンドウで、「ステップ 1: Amazon Lex ボットを作成する (コンソール)」に記載されているのと同じテスト発話を使用します。