メニュー
Amazon Lex
開発者ガイド

ステップ 4: 開始方法 (AWS CLI)

このステップでは、AWS CLI を使用して Amazon Lex ボットを作成、テスト、および変更します。以下の演習を行うには、CLI の使い方を知っている必要があります。また、テキストエディタが必要です。詳細については、「ステップ 2: AWS Command Line Interface をセットアップする 」を参照してください。

  • 演習 1 – Amazon Lex ボットを作成してテストします。この演習では、カスタムスロットタイプ、インテント、およびボットを作成するために必要なすべての JSON オブジェクトを提供します。詳細については、「Amazon Lex: 仕組み」を参照してください。

  • 演習 2 – 演習 1 で作成したボットを更新し、新しいサンプル発話を追加します。Amazon Lex でサンプル発話を使用し、ボットの機械学習モデルを構築します。

  • 演習 3 – 演習 1 で作成したボットを更新し、ユーザー入力を検証してインテントを達成するための Lambda 関数を追加します。

  • 演習 4 – 演習 1 で作成したスロットタイプ、インテント、およびボットリソースのバージョンを発行します。バージョンは、リソースの変更できないスナップショットです。

  • 演習 5 – 演習 1 で作成したボットのエイリアスを作成します。

  • 演習 6 – 演習 1 で作成したスロットタイプ、インテント、ボットおよび演習 5 で作成したエイリアスを削除し、アカウントをクリーンアップします。