Amazon Lex
開発者ガイド

ステップ 2: AWS Command Line Interface をセットアップする

AWS Command Line Interface(AWS CLI) で Amazon Lex を使用する場合は、AWS CLI をダウンロードして設定します。

重要

「開始方法」の演習のステップを実行するのに AWS CLI は必要ありません。ただし、このガイドの後半の実習では AWS CLI を使用する場合があります。コンソールを使用して開始する場合は、このステップをスキップして「ステップ 3: 開始方法 (コンソール)」に進んでください。後で、AWS CLI が必要になったときに、ここに戻ってセットアップできます。

AWS CLI をセットアップするには

  1. AWS CLI をダウンロードして設定します。手順については、AWS Command Line Interface ユーザーガイドの次のトピックを参照してください。

  2. AWS CLI 設定ファイルの最後に管理者ユーザーの名前付きプロファイルを追加します。このプロファイルは、AWS CLI コマンドを実行するときに使用します。名前付きプロファイルの詳細については、AWS Command Line Interface ユーザーガイド名前付きプロファイルを参照してください。

    [profile adminuser] aws_access_key_id = adminuser access key ID aws_secret_access_key = adminuser secret access key region = aws-region

    使用可能な AWS リージョンのリストについては、アマゾン ウェブ サービス全般のリファレンス の「リージョンとエンドポイント」を参照してください。

  3. コマンドプロンプトに Help コマンドを入力して、セットアップを検証します。

    aws help

ステップ 3: 開始方法 (コンソール)

このページの内容: