Lightsail の WordPress インスタンスでメールを有効にする - Amazon Lightsail

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Lightsail の WordPress インスタンスでメールを有効にする

Amazon Lightsail の WordPress インスタンスで E メール を有効にできます。Amazon Simple Email Service (Amazon SES) で SMTP サービスを設定します。次に、インスタンスで WP Mail SMTP プラグインを有効化して設定します。E メールが有効になると、WordPress 管理者はユーザープロファイルのパスワードリセットをリクエストできます。ブログの投稿、ウェブサイトの更新、その他のプラグインメッセージに関する E メール通知が送信されます。このガイドでは、Amazon SES を使用して、Amazon Lightsail の WordPress インスタンスでメールを有効にする方法について説明します。

目次

詳細については、Amazon SES ドキュメントの「メールを送信するための Amazon SES SMTP インターフェイスの使用」を参照してください。

ステップ 1: 制限のレビュー

Amazon SES サンドボックスの新しい Amazon Web Services (AWS) アカウントは、確認済みのアドレスおよびドメインのみにメールを送信することができます。このような場合は、ウェブサイトのドメインを確認し、WordPress 管理者のメールアドレスを確認することをお勧めします。自分のメールアドレスを取得するには、WordPress ウェブサイトのダッシュボードにサインインし、左側のナビゲーションメニューで [ユーザー] を選択します。以下の例のように、[メール] 列に管理者のメールアドレスが表示されます。

WordPress ダッシュボードの管理者のメールアドレス。
注記

デフォルトの user プロファイルは user@example.comメールアドレスを使用して設定されます。これを有効なメールアドレスに変更する必要があります。詳細については、WordPress ドキュメントの「ユーザープロファイル画面」を参照してください。

任意のアドレスおよびドメインにメールを送信するには、アカウントを Amazon SES サンドボックスの外に移動するようにリクエストする必要があります。詳細については、Amazon SES ドキュメントの「Amazon SES サンドボックスの外への移動」を参照してください。

ステップ 2: 前提条件を完了させる

WordPress インスタンスで E メールを有効にするには、次のタスクを完了する必要があります。

ステップ 3: Amazon SES で SMTP 認証情報を作成する

このガイドの後半で設定する WP Mail SMTP プラグインを設定するには、Amazon SES アカウントで SMTP 認証情報を作成する必要があります。詳細については、Amazon SES ドキュメントの「Amazon SES の SMTP 認証情報の取得」を参照してください。

Amazon SES で SMTP 認証情報を作成するには
  1. Amazon SES コンソールにサインインします。

  2. 左側のナビゲーションメニューから、[SMTP 設定] を選択します。

    [SMTP 設定] ページには、SMTP サーバー名、ポート、および TLS 設定が表示されます。WordPress インスタンスの WP Mail SMTP プラグインを設定する際は、後で必要になるため、これらの値を記録します。

    Amazon SES コンソールに表示される SMTP 設定。
  3. [SMTP 認証情報の作成] を選択します。

  4. [IAM ユーザー名] テキストボックスで [作成] を選択します。ユーザー名はデフォルトのままにします。

    Amazon SES コンソールの SMTP 認証情報の IAM ユーザー名。
  5. [Show User SMTP Security Credentials (ユーザー SMTP セキュリティ認証情報の表示)] を選択して SMTP ユーザー名とパスワードを表示するか、[認証情報のダウンロード] を選択して同じ情報を含む CSV ファイルをダウンロードします。WordPress インスタンスで WP Mail SMTP プラグインを設定するときに、後でこれらの認証情報が必要になります。

    Amazon SES コンソールの SMTP セキュリティ認証情報。
    注記

    Amazon SES コンソールに作成された認証情報は、アカウントの AWS Identity and Access Management (IAM) に自動的に追加されます。

ステップ 4: Amazon SES のドメインを検証する

Amazon SES では、ドメインを検証して、それを所有していることを確認し、他のユーザーに使用されないようにする必要があります。ドメインを検証すると、そのドメインのすべてのメールアドレスを検証することになるため、そのドメインのメールアドレスを個別に検証する必要はありません。たとえば、ドメイン example.com を検証する場合、user1@example.comuser2@example.com、または example.com の他の任意のユーザーから E メールを送信できます。詳細については、Amazon SES ドキュメントの「Amazon SES のドメインの検証」を参照してください。

Amazon SES のドメインを検証するには
  1. Amazon SES コンソールで、左ナビゲーションメニューから [検証済み ID] を選択します。

  2. [ID の作成] を選択します。

  3. 検証するドメインを入力し、[アイデンティティの作成] を選択します。

    検証するドメインは、Lightsail の WordPress インスタンスで使用しているドメインと一致している必要があります。

    重要

    レガシー TXT レコード

    Amazon SES のドメイン検証は、現在は DomainKeys Identified Mail (DKIM) に基づいています。これは受信メールサーバーがメールの信頼性を検証するために使用するメール認証規格です。ドメインの DNS 設定で DKIM を設定すると、ユーザーがアイデンティティの所有者であることが SES に確認されるため、TXT レコードは不要になります。TXT レコードを使用して検証されたドメインアイデンティティは再検証する必要はありませんが、DKIM 準拠のメールプロバイダーでメールを配信しやすくするため、DKIM 署名を有効にすることをお勧めします。

    Amazon SES コンソールで新しいドメインを検証します。
  4. Easy DKIM でドメインアイデンティティを作成した後、ドメインの DNS プロバイダーに公開するため、次の生成した CNAME レコードをコピーして DKIM 認証での検証プロセスを完了する必要があります。これらのレコードの検出には最大 72 時間かかる場合があります。詳細については、「DKIM でドメインアイデンティティの検証」および「Easy DKIM」を参照してください。

  5. 新しいブラウザタブを開き、Lightsail コンソールに移動します。

  6. Lightsail ホームページで [ドメインと DNS] を選択し、ドメインの DNS ゾーンを選択します。

  7. Amazon SES コンソールから DNS レコードを追加します。Lightsail のDNS ゾーンの編集の詳細については、「Edit a DNS zone in Amazon Lightsail の DNS ゾーンを編集する」を参照してください。

    結果は次の例のようになります。

    Amazon SES SMTP の Lightsail DNS ゾーンレコード。
    注記

    [サブドメイン] テキストボックスに @ のシンボルを入力して、MX レコードにドメインの頂点を使用します。また、Amazon SES で指定された MX レコード値は 10 inbound-smtp.us-west-2.amazonaws.com になります。10 を [Priority] (優先)、および inbound-smtp.us-west-2.amazonaws.com を [Maps to] (マップ先) としてドメインに入力します。

  8. Amazon SES コンソールで、[新しいドメインを検証する] ページを閉じます。

    数分後、以下の例のように、Amazon SES コンソールに表示されるドメインには検証済みのラベルが付き、送信できるようになります。

    Amazon SES コンソール内の検証済みドメイン。

    Amazon SES の SMTP サービスは、ドメインからメールを送信する準備ができました。

ステップ 5: Amazon SES のメールアドレスを検証する

Amazon SES の新規ユーザーの場合は、メールを送信する宛先のメールアドレスを検証する必要があります。これを行うには、Amazon SES コンソールにメールアドレスを追加します。詳細については、Amazon SES ドキュメントの「Amazon SES のメールアドレスの検証」を参照してください。

WordPress ウェブサイトの管理者のメールアドレスを追加することをお勧めします。こうすることで WordPress 管理者はユーザープロファイルのパスワードリセットをリクエストできます。またブログの投稿、ウェブサイトの更新、その他のプラグインメッセージに関する E メール通知を受信できます。

注記

検証なしで任意のアドレスにメールを送信する場合は、Amazon SES アカウントをサンドボックスの外に移動するようリクエストする必要があります。詳細については、Amazon SES ドキュメントの「Amazon SES サンドボックスの外への移動」を参照してください。

E メールアドレスの ID を作成するには
  1. Amazon SES コンソールで、左ナビゲーションメニューから [検証済み ID] を選択します。

  2. [ID の作成] を選択します。

  3. [メールアドレス] を選択します。次に、検証するメールアドレスを入力します。

  4. [ID の作成] を選択します。

検証するメールアドレスすべてに対し、ステップ 1~4 を繰り返します。確認メールが入力したメールアドレスに送信されます。アドレスが「検証待ち」ステータスで検証済みの E メール ID のリストに追加されます。ユーザーが E メールメッセージを開いて検証プロセスを完了すると、ステータスは「検証済み」と表示されます。

E メールアドレス ID を検証するには
  1. ID の作成に使用したメールアドレスの受信トレイを確認し、no-reply-aws@amazon.com からのメールを探します。

  2. E メールを開き、E メールのリンクをクリックして、E メールアドレスの検証プロセスを完了します。完了したら、ID の状態検証済みに更新されます。

Amazon SES コンソールの検証済みメール ID リスト。

ステップ 6: WordPress インスタンスに WP Mail SMTP プラグインを設定する

最後のステップでは、WordPress インスタンスに WP Mail SMTP プラグインを設定します。Amazon SES コンソールで、このガイドで先に作成した SMTP 認証情報を使用します。

WordPress インスタンスで WP Mail SMTP プラグインを設定するには
  1. 管理者として WordPress ウェブサイトのダッシュボードにサインインします。

  2. 左側のナビゲーションメニューから、[プラグイン] を選択し、続いて [Installed Plugins (インストール済みのプラグイン)] を選択します。

  3. WP Mail SMTP プラグインまで下にスクロールし、[有効化] を選択します。プラグインの新しいバージョンがある場合は、次のステップに進む前に更新してください。

    WordPress ダッシュボードの WP Mail SMTP プラグイン。
  4. WP Mail SMTP プラグインが有効になったら、[設定] を選択します。下にスクロールしてプラグインを見つける必要がある場合があります。

    WordPress ダッシュボードの WP Mail SMTP プラグイン。
  5. [送信元メールアドレス] テキストボックスに、メールの送信元のメールアドレスを入力します。入力するメールアドレスは、このガイドの先のステップを使用して、Amazon SES で確認されている必要があります。

  6. [メールから実行] を選択して、[送信元メールアドレス] テキストボックスで入力するメールアドレスを使用して実行し、他のプラグインで設定された「送信元メールアドレス」値を無視します。

  7. [From Name (送信元名)] テキストボックスに E メールを送信する送信元の名前を入力するか、そのままにして WordPress ブログの名前を使用します。

  8. [Force From Name (名前から実行)] を選択して、[From Name (送信元名)] テキストボックスに入力した名前を使用して実行します。このオプションを選択すると他のプラグインによって設定された「送信元名」値は無視され、WordPress は [From Name (送信元名)] テキストボックスに入力する名前を使用します。

  9. ページのメーラーセクションで、[Other SMTP mailer (その他の SMTP メーラー)] を選択します。

  10. [Return-Path を送信元メールアドレスに一致するよう設定する] を選択して、配信不能レシートが [送信元メールアドレス] テキストボックスで入力するメールアドレスに送信されるように設定します。

    WP Mail SMTP プラグインの設定を設定します。
  11. [SMTP ホスト] テキストボックスに、このガイドの前半で Amazon SES コンソールの [SMTP の設定] ページから取得した、SMTP サーバー名を入力します。

  12. このページの [暗号化] セクションで [TLS] を選択して、Amazon SES の SMTP サービスが TLS 暗号化を使用していることを確認します。

  13. [SMTP ポート] テキストボックスは、デフォルトの値 [587] のままにしておきます。

  14. [認証] トグルを [オン] に切り替え、このガイドの前半で Amazon SES コンソールから取得した、SMTP ユーザー名とパスワードを入力します。

    WP Mail SMTP プラグインの SMTP 設定。
  15. [Save settings (設定を保存)] を選択します。設定が正常に保存されたことを確認するプロンプトが表示されます。

  16. [Email Test (E メールテスト)] タブを選択します。

    次のステップで、テスト用の E メールを送信して E メールサービスが動作していることを確認します。

  17. [送信先] テキストボックスにメールアドレスを入力し、[メールの送信] を選択します。入力するメールアドレスは、このガイドの先のステップを使用して、Amazon SES で確認されている必要があります。

    2 つの可能な結果が表示されるはずです。

    • 成功の確認が表示された場合は、WordPress ウェブサイトは E メールが有効になっています。以下のテスト E メールが指定されたメールボックスに到達することを確認します。

      テスト E メールの成功確認。

      WordPress ウェブサイトのサインインページで [Lost your password? (パスワードを忘れましたか?)] が選択できるようになりました。Amazon SES で WordPress ユーザープロファイルのメールアドレスが確認されると、新しいパスワードがメールで送信されます。

    • 失敗通知が表示された場合は、WP Mail SMTP プラグインに入力した SMTP 設定が、Amazon SES アカウントの SMTP サービスのものと一致していることを確認します。また、Amazon SES で検証したメールアドレスを使用していることを確認します。