コンテナ製品の請求、測定、およびライセンス統合 - AWS Marketplace

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

コンテナ製品の請求、測定、およびライセンス統合

AWS Marketplace他と統合AWS のサービスコンテナ製品の計量と契約ベースの価格の両方を提供します。

毎時およびカスタムメータリングAWS Marketplace Metering Service

製品を使用する使用権限の確認および請求用使用計測の両方で、AWS MarketplaceMetering Service。各自で料金単位を決定し、請求用に使用量を計測するには、MeterUsageAPI オペレーション タスクあるいはポッドの使用量に基づいて製品を課金し、AWSその使用量を自動的に測定し、RegisterUsageAPI オペレーション どちらのタイプの料金設定でも、との統合を変更する必要なしで長期契約料金を追加できますAWS Marketplace Metering Service。

で新しいコンテナ製品を作成するとAWS Marketplace 管理ポータルの製品を統合するために使用する一連の製品識別子 (製品コードとパブリックキー) を提供します。AWS Marketplace Metering Service。

使用権限管理

との統合AWS Marketplace Metering Service有料ソフトウェアを実行している顧客がAWS Marketplaceコンテナ起動時に不正使用から保護します。エンタイトルメントを確認するには、MeterUsageまたはRegisterUsageAPI オペレーション。価格モデルによって異なります。時間単位および固定月単位の価格モデルの場合は、RegisterUsageAPI オペレーション カスタム計量価格モデルの場合は、MeterUsageAPI オペレーション

購入者があなたの製品を受け取る権利がない場合、これらの API オペレーションはCustomerNotEntitledException例外。

注記

購入者が製品を実行中に登録を解除した場合、購入者にはその製品を実行し続ける権利が与えられます。ただし、製品の追加のコンテナを起動することはできません。

統合ガイドライン

コンテナ製品を作成して公開し、MeterUsageまたはRegisterUsage使用権限と計測の API オペレーション, 次のガイドラインに注意してください。

  • 設定しないAWSソフトウェアまたは Docker コンテナイメージ内の認証情報AWSコンテナイメージが Amazon ECS タスク内または Amazon EKS ポッド内で実行されている場合、購入者の認証情報は実行時に自動的に取得されます。

  • を呼び出すにはMeterUsageまたはRegisterUsageAmazon EKS からの API オペレーション、あなたはしなければなりませんサポートされるAWSSDK。をテストするにはMeterUsageまたはRegisterUsageをに統合。Kubernetes 1.13.x 以降が搭載されている Amazon EKS クラスターを実行する必要があります。Kubernetes 1.13 はに必要ですAWS Identity and Access ManagementPod サポートの (IAM) ロール。IAM ロールは、実行中の Pod がAWSAmazon EKS でこれらのアクションを呼び出すために必要な認証情報。

  • ローカルな開発を実行できますが、PlatformNotSupportedException 例外が発生します。この例外は、でコンテナを起動している場合にはこの例外は発生しませんAWSコンテナサービス (Amazon ECS、Amazon EKS、および Fargate) です。

サポートされている AWS リージョン

すべてのリストAWS MarketplaceサポートされているAWS リージョン「」を参照してください。リージョン表グローバルインフラストラクチャのウェブサイトに掲載されています。

の取得AWS リージョン計量用

コンテナをメータリング用に統合する場合、MeterUsageまたはRegisterUsageAPI オペレーション、設定しないでくださいAWS特定の SDK を使用するAWS リージョン。リージョンは実行時に動的に取得する必要があります。

たとえば、顧客が Amazon ECS タスクまたは Amazon EKS ポッドを起動するとします。-RegisterUsageAPI オペレーションは、Amazon ECS タスクまたは Amazon EKS ポッドが起動されたリージョンとは異なるリージョンで呼び出されます。したがって、RegisterUsageAPI オペレーションInvalidRegionExceptionというエラーが表示される。

AWSSDK言語は決定しませんAWS_REGION一貫した方法で お使いの SDK が自動的にAWS_REGIONでは、ソフトウェアを手動で記述して、AWS_Region。を使用する場合例から始めることができます。AWS SDK for Java自動的に使用するAmazon EC2 インスタンスメタデータ。(具体的には、ec2InstanceMetadata) を使用して、環境変数やその他の設定が存在しない場合にリージョンを取得します。この例では、AWS_REGION 環境変数が存在しない場合にのみ ec2InstanceMetadata を呼び出します。

を動的に取得する方法については、AWS リージョン実行時には、AWS SDK デベロッパーガイドプログラミング言語に対応しています。

計測変更の防止

RegisterUsage または MeterUsage への呼び出しを変更あるいは上書きする手段を購入者に提供すると、望ましくない請求および支払い問題が発生することがあります。計測および使用権限ロジックを統合することを強くお勧めします。

計測の変更を防ぐため、製品を構築する際に次の点に留意してください。

  • 購入者が以下を含む新しい画像レイヤーを挿入できるかどうかCMDまたはENTRYPOINT指示、直接統合RegisterUsageまたはMeterUsage購入者がコンテナイメージを実行しているソフトウェアにインポートします。そうでない場合は、を呼び出しますRegisterUsageまたはMeterUsage経由で実行CMDまたはENTRYPOINTベースイメージから始めると、購入者によって上書きされる可能性が高まります。

  • を管理することをお勧めしますAWS Marketplaceソフトウェアが入力として使用する製品コードRegisterUsageまたはMeterUsage買い手は改造できない ただし、商品が製品コードを管理している場合、顧客は次のように上書きできます。AWS CloudFormation、Helm チャート、または Kubernetes マニフェストでは、次のリストを維持する必要があります信頼されています AWS Marketplace製品コード これは、ソフトウェアが入力として渡す製品コードを確実にするためです。RegisterUsageまたはMeterUsageは有効です。

  • 信頼される製品コードのいずれかが無料製品用の場合、その製品コードが有料製品のコードの代わりに使用できないように確認します。

との契約価格AWS License Manager

契約価格のコンテナベースの製品では、AWS License Managerをクリックして、ライセンスを製品に関連付けます。

AWS License Managerは、顧客が購入したライセンス (エンタイトルメントとも呼ばれる) をアプリケーションで追跡および更新できるようにするライセンス管理ツールです。このセクションでは、製品をと統合する方法について説明します。AWS License Manager。統合が完了したら、製品リストをAWS Marketplace。

の詳細AWS License Manager「」を参照してくださいAWS License ManagerユーザーガイドAWS License Managerの セクションAWS CLIコマンドリファレンス

注記
  • 契約満了期間が過ぎると、顧客はコンテナの新しいインスタンスを起動できません。ただし、契約期間中は、任意の数のインスタンスを起動できます。これらのライセンスは、特定のノードまたはインスタンスにバインドされていません。任意のノード上の任意のコンテナで実行されているソフトウェアは、ライセンスが割り当てられている限り、ライセンスをチェックアウトできます。AWS認証情報。

  • プライベートオファーの作成— 出品者は、の非公開オファー作成ツールを使用して、商品の非公開オファーを生成できます。AWS Marketplace 管理ポータル。

  • レポート作成— で Amazon S3 バケットを設定すると、データフィードを設定できます。ReportのセクションAWS Marketplace 管理ポータル。詳細については、「販売者レポートとデータフィード」を参照してください。

統合ワークフロー

以下の手順は、コンテナ製品と統合するワークフローを示しています。AWS License Manager:

  1. 出品者が商品を作成したのはAWS License Manager統合。

  2. 出品者は商品を次の場所にリストしていますAWS Marketplace。

  3. 購入者は次の場所で製品を見つけますAWS Marketplaceそれを購入します。

  4. ライセンスが購入者に送られますAWS アカウント。

  5. 購入者は、Amazon EC2 インスタンス、Amazon ECS タスク、または Amazon EKS ポッドソフトウェアを起動してソフトウェアを使用します。お客様は IAM ロールを使用してデプロイします。

  6. ソフトウェアは購入者のライセンスを読み取りますAWS License Managerアカウントにアクセスし、購入したエンタイトルメントを検出し、それに応じて機能をプロビジョニングします。

    注記

    License Manager は追跡や更新を行いません。これは販売者のアプリケーションによって行われます。