プライベートオファー - AWS Marketplace

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

プライベートオファー

プライベートオファーは、販売者と購入者が AWS Marketplaceでのソフトウェア購入のカスタム料金とエンドユーザー使用許諾契約 (EULA) の条件を交渉できる購入プログラムです。プライベートオファーごとに EULA の条項を交渉することも、標準化されたライセンス条項を使用または修正して調達プロセスを簡素化することもできます。

注記

AWS は、製品の詳細ページから直接製品のプライベートオファーをリクエスト AWS Marketplace するために、 の一意のユースケースまたはエンタープライズユースケースを購入者に提供します。APN カスタマーエンゲージメント (ACE) の対象となる AWS パートナーネットワーク (APN) パートナーで、このオプションを購入者に提供する場合は、 AWS の担当者に連絡して、さらなる適格性を判断してください。 https://aws.amazon.com/partners/programs/ace/

プライベートオファーの仕組み

すべてのプライベートオファーは、AWS Marketplace 管理ポータル[オファー] ページから作成および管理できます。オファーを行う製品と、オファーを作成する購入者の AWS アカウント ID (または IDs) を指定します。 はオファーの一意の ID と URL AWS Marketplace 管理ポータル を生成します。プライベートオファーの作成方法の詳細については、「チャネルパートナーによる作成」を参照してください。

プライベートオファーを作成すると、オファーを最大 25 のアカウントまで拡張できます。オファーは、オファーを作成したアカウントにのみ表示されます。リンクされたアカウントまたは管理者アカウントにオファーを拡張しない限り、購入者はオファーを表示できません。オファーでサービスの制限を強制することはできないため、既に製品に制限がない限り、購入者は交渉された価格で製品を好きなだけ使用できます。

AWS Marketplace 購入者は、プライベートオファー用にサードパーティーのレストランにアクセスできます。詳細については、「顧客向けサービスが で利用可能になりました AWS Marketplace」を参照してください。

顧客が購入者のサブスクリプションページに移動すると、プライベートオファーが利用可能であることを示すバナーが表示されます。購入者がオファーを承諾すると、すべての AWS Marketplace 取引に使用したのと同じポータルツールを使用して、購入の請求書が請求されます。承諾されたオファーは契約となり、コントラクトまたはサブスクリプションとも呼ばれます。

Software as a Service (SaaS) 契約製品および従量課金制の SaaS 契約製品については、購入者がプライベートオファーを承諾して締結した契約に対してアップグレードや更新を提供できます。これにより、新しい権利の付与、料金割引の提供、支払いスケジュールの調整、またはエンドユーザーライセンス契約 (EULA) の変更を行い、標準化されたライセンス条項を使用できます。詳細については、「プライベートオファーのアップグレード、更新、修正」を参照してください。

プライベートオファーは販売者レポートで追跡されます。詳細については、「プライベートオファーのレポート」および「販売者レポートガイド」を参照してください。

プライベートオファーの購入者エクスペリエンス

プライベートオファーを作成し、購入者になる可能性がある相手に通知すると、相手はオファーを表示して受け入れることができます。

オファーを表示するには、購入者 AWS アカウント がオファーを延長した にサインインする必要があります。

購入者は、以下の表のいずれかの方法で、プライベートオファーを表示して受け入れることができます。

プライベートオファーを表示して受け入れるには 購入者は次のことができます。
AWS Marketplace コンソールから AWS Marketplace コンソールのプライベートオファーに移動し、利用可能なオファータブからオファー ID を選択します。

プライベートオファーの購入者体験の詳細については、「AWS Marketplace 購入者ガイド」の「プライベートオファー」を参照してください。

販売者が提供したリンクを使用する 販売者から送られたリンクに従って、プライベートオファーに直接アクセスします。

詳細については、「購入者へのプライベートオファーの送信」を参照してください。

製品ページから 製品の製品ページに移動して、バナーのリンクを選択しプライベートオファーを表示します。

プライベートオファーの購入者体験の詳細については、「AWS Marketplace 購入者ガイド」の「プライベートオファー」を参照してください。

注記

オファーは有効期限が切れる前にのみ受け入れることができます。オファーの有効期限が切れると、[受け売れたオファーと期限切れのオファー] タブに移動します。

チャネルパートナーを介したプライベートオファー

チャネルパートナーは、ISV と特別な条件を交渉して、購入者に製品を提供することができます。このタイプのオファーでは、 として表示されます seller-of-record。

詳細については、「AWS Marketplace チャネルパートナーのプライベートオファー」を参照してください。

プライベートオファーに関する注意

プライベートオファーを使用する場合は、次の内容に留意してください。

  • AWS CloudFormation 製品を使用したサードパーティー、Amazon マシンイメージ (AMI) の毎月、またはマルチ AMI ベースの配信のプライベートオファーを作成したり、お客様の使用量を制限したりすることはできません。

  • 柔軟な支払いスケジューラを使用したプライベートオファーでは、購入者が AWSで請求条件を利用している場合、前払い料金を継続的な複数の支払いに分割できます。

  • プライベートオファーの購入者アカウントがプライベートマーケットプレイスで管理されている場合は、購入者のアカウントと、プライベートマーケットプレイス管理者が含まれるアカウントの両方をオファーに含める必要があります。

  • プライベートオファーは、自分のライセンス使用モデル (BYOL) や BYOL 製品タイプはサポートしていません。

  • プライベートオファーを作成する場合は、[カスタム EULA] オプションを使用して、独自の交渉による契約条件をプライベートオファーに含めてください。最大 5 つのドキュメントをアタッチできます。

サポートされる製品タイプ

AMI、コンテナ、プロフェッショナルサービス、SaaS 製品はプライベートオファーでサポートされています。

AMI 製品のプライベートオファー

AMI 製品のプライベートオファーの料金を提供できます。

オファーは、以下の期間であれば自由にカスタマイズできます。

  • AMI (時間単位) または年間プライベートオファー付きの AMI (時間単位): 最長 3 年間 (1,095 日)。柔軟な支払いスケジュールをサポートしているのは、年間プライベートオファー付きの AMI (時間単位)、または AMI 契約のみです。

  • AMI 契約のプライベートオファー: 最長 5 年 (60 か月)

    AMI 契約の場合、プライベートオファーによって使用状況が監視されることはありません。AMI 契約のアップグレードは段階的でない価格を使用している場合にのみ可能です。

    購入者はいつでも手動で新しい契約レベルにアップグレードできます。ただし、契約階層を定義して、サービス制限を適用し、購入者に手動で契約をアップグレードしユニット数を増やすよう勧めるのは、独立系ソフトウェアベンダーの責任です。現時点でアップグレードをサポートしているのは、段階的でない価格ベースの契約のみです。プライベートオファーの契約期間は、公開されている製品リスト、または月単位 (最大 60 か月) のカスタム期間と一致する場合があります。

ライセンス使用権限は、購入者がプライベートオファーを承諾した日付から始まります。

柔軟な支払いスケジュールを持つ AMI プライベートオファーでは、契約期間中、契約で合意した年間インスタンスタイプの数を設定できます。

注記

プライベートオファーは月単位の請求契約ではご利用いただけません。

コンテナ製品のプライベートオファー

コンテナベースの製品契約には、プライベートオファー価格を提供できます。

オファーは、以下の期間であれば自由にカスタマイズできます。

  • コンテナ (時間単位) または長期プライベートオファー付きのコンテナ (時間単位) - 最長 3 年間 (1,095 日)。柔軟な支払いスケジュールをサポートしているのは、年間プライベートオファー付きのコンテナ (時間単位)、またはコンテナ契約のみです。

  • コンテナ契約のプライベートオファー: 最長 5 年 (60 か月)

    コンテナ契約の場合、プライベートオファーによって、使用状況が監視されることはありません。コンテナ契約のアップグレードは段階的でない価格を使用している場合にのみ可能です。

    購入者はいつでも手動で新しい契約レベルにアップグレードできます。ただし、独立系ソフトウェアベンダーは契約階層を定義して、サービス制限を強制し、購入者に手動で契約をアップグレードしてユニット数を増やすよう勧めます。現時点でアップグレードをサポートしているのは、段階的でない価格ベースの契約のみです。プライベートオファーの契約期間は、公開されている製品リスト、または月単位 (最大 60 か月) のカスタム期間と一致する場合があります。

ライセンス使用権限は、購入者がプライベートオファーを承諾した日付から始まります。柔軟な支払いスケジュールを持つコンテナプライベートオファーでは、契約期間中、契約で合意したユニットの数を設定できます。また、購入者がそれ以上を使用する場合に、同じユニットに対してカスタムの時間料金を定義することもできます。

注記

プライベートオファーは月単位の請求契約ではご利用いただけません。

プロフェッショナルサービス製品のプライベートオファー

プロフェッショナルサービス製品の提供はすべてプライベートオファーを通じて行われます。詳細については、「プライベートオファーの作成」を参照してください。

SaaS 製品のプライベートオファー

Software as a Service (SaaS) のプライベートオファー製品は、特定の価格帯の価格レベルをタイミングに基づいて変更することはできません。例えば、あるオファーで 3 か月間は 1 時間あたり 0.80 USD を請求し、その後、同じ価格帯で 1 時間あたり 0.60 USD に変更することはできません。SaaS 契約の場合、プライベートオファーによって、使用状況が監視されることはありません。

購入者はいつでも手動で新しい契約レベルにアップグレードできます。ただし、独立系ソフトウェアベンダーは契約階層を定義して、サービス制限を強制し、手動で契約をアップグレードして必要に応じて契約階層を上げるよう購入者に勧めます。プライベートオファーの契約期間は、公開されている製品リスト、または月単位 (最大 60 か月) のカスタム期間と一致する場合があります。

ML 製品のプライベートオファー

機械学習 (ML) プライベートオファー商品では、特定の購入者に、公開されている価格とは異なる価格を提示します。プライベートオファーにおける出品者と購入者との間の一連の条件と契約は、パブリックオファーや他のプライベートオファーの条件と異なる場合があります。

プライベートオファーは、以下のいずれかの方法を使用します。

  • 時間単位 - プライベートオファーは、公開されている時間単位の料金とは異なる時間単位の場合があります。

  • 推論単位 - 製品をエンドポイントとしてデプロイする場合の推論価格を設定している場合、プライベートオファーの推論レートは、公開されている推定レートとは異なる場合があります。

  • 契約 - プライベートオファーは、指定された日数の固定前払い料金が適用される契約にできます。購入者は、契約期間中、インスタンス数の制限なく使用できます。契約の終了時に、継続して実行するすべてのインスタンスには、プライベートオファーで設定した時間単位の料金で請求されます。例えば、固定前払い料金で 365 日間無制限に使用できる契約を作成できます。プライベートオファーには時間単位の料金も設定できます。購入者がこのプライベートオファーを受け入れると、購入者はその前払い料金を支払うことになります。契約が終了すると、まだ実行中のインスタンスはすべてその時間単位で請求されます。無料のプライベートトライアルを提供している場合は、無料の永久ライセンスが利用されないように、無料トライアル期間終了後の正しい時間単価を設定していることを確認してください。

    注記

    プライベートオファーの制限の詳細については、「プライベートオファーに関する注意」を参照してください。

複数のプライベートオファーを作成して、1 人の購入者に提供することができます。プライベートオファーが適用された購入者は、プライベートオファーとパブリックオファーのどちらかを選択できます。購入者が一度に購読できるオファーは 1 つのみです。プライベートオファーとパブリックオファーの両方を同時に購読することはできません。

SageMaker 製品の特定の購入者向けのプライベートオファーを作成するには、AWS Marketplace Seller Operations チームにお問い合わせください。

プライベートオファーの作成をリクエストするときは、次の情報を提供する必要があります: ProductIdターゲット購入者 AWS アカウント日付と時刻 (オファーを承諾する必要がある日時を示す)、カスタム EULA ファイル (オプション)、返金ポリシー ライセンス期間 (オプション)、ライセンス料金 (オプション)、柔軟な支払いスケジュール (オプション)、および各インスタンスタイプの料金。オファーが作成されたら、購入者は指定された日時内にオファーを受け入れる必要があります。

オファーの送信プロセス

次の手順を使用して、 AWS Marketplace 管理ポータル を使用してシンプルなプライベートオファーを作成できます。

プライベートオファーを作成する
  1. AWS Marketplace 管理ポータル にサインインして [オファー] を選択します。

  2. [Manage Private Offer (プライベートオファーの管理)] ページで [CREATE AN OFFER (オファーの作成)] を選択します。

  3. プライベートオファーの作成ページで、ドロップダウンリストから製品タイプと製品を選択し、購入者の AWS アカウント AWS Marketplace ID (または IDsを入力します。購入者が製品を分割払いで支払うことができるようにする場合は、[この製品の分割払いを購入者に許可する (ISV のみ)] を選択します。入力した情報を確認して、[次へ] を選択します。

    注記

    Enable Flexible Payment を選択すると、優先請求日に対して複数の支払いを含む支払いスケジュールを購入者に提供できます。詳細については、「 Flexible Payment Scheduler」を参照してください。

  4. [Create an Offer (オファーの作成)] ページで、製品名と購入者 ID が正しいことを確認します。

  5. [契約期間] を指定します。

    1. 製品提供が AMI 時間単位または AMI 年間料金モデルである場合は、[継続時間] オプションを選択するか、カスタム期間を日数で入力します。

      注記

      プライベートオファーの期間は、AMI 時間単位または AMI 年額料金モデルの場合、最大 1,095 日にすることができます。

    2. SaaS 契約価格モデル、AMI 契約価格モデル、またはコンテナ契約価格モデルの製品オファーの場合は、[継続時間] オプションを選択するか、カスタム期間を月数で入力します。

      注記

      プライベートオファーの期間は、SaaS 契約価格モデル、AMI 契約価格モデル、またはコンテナ契約価格モデルの場合、最大 60 か月にすることができます。

  6. [Input Offer price (オファー価格の入力)] で、顧客と交渉した料金情報を入力します。プライベートオファーの分割払いがある場合は、契約期間の単位数と支払いスケジュールを指定します。分割払いの詳細については、「Flexible Payment Scheduler」を参照してください。

  7. 更新 で、このプライベートオファーが既存の有料サブスクリプションを更新することを意図しているかどうかを選択します。

    注記

    はい を選択した場合は、更新タイプ を選択する必要があります。で作成された既存の契約を更新するための更新については、AWS Marketplace で既存の顧客を選択します AWS Marketplace。既存の顧客を に移行するための更新 AWS Marketplaceには、既存の顧客移行を選択することもできます AWS Marketplace。

  8. [エンドユーザーライセンス契約のアップロード] で、利用可能なオプションから選択するか、EULA .pdf ファイルをアップロードします。

  9. [Offer Expiration and Acceptance Date (オファーの有効期限と承諾日時)] にオファーが有効である日数を入力します。

    注記

    これは、契約の条件が有効であるオファーを顧客が承諾した後の日数です。この日数を経過すると、価格も EULA もパブリックオファーで指定されている条件に戻ります。

  10. [Buyer needs to accept the offer by (購入者がオファーを受け入れる期限)] に、承諾しない場合にオファーが利用できなくなる日付を入力します。

    注記

    これは、オファーが null および無効になる日付です。その日に、購入者は、指定したカスタム条件の下でオファーを受け入れることができなくなります。

  11. [REVIEW OFFER (オファーを確認)] を選択します。

  12. [オファーを確認] ページで、オファー情報と .pdf ファイルを確認し、次のいずれかの操作を行います。

    • オファーが正しい場合は、[EXTEND OFFER (オファーの拡張)] を選択します。

    • オファーが正しくない場合は、[EDIT OFFER (オファーの編集)] を選択して必要な変更を加えます。

オファーは 45 分ほどで [Manage Private Offer (プライベートオファーの管理)] ページに表示されます。オファーを表示するには、 にサインイン AWS Marketplace 管理ポータル し、プライベートオファー を選択します。これにより、[Manage Private Offer (プライベートオファーの管理)] ランディングページが開きます。

プライベートオファーのレポート

プライベートオファーは、既存の販売者レポートとオファーに関連するレポートに表示されます。月別請求済み収益レポート が毎月生成され、オファーの可視性とオファー ID 情報が記載されます。購入者の請求書が生成されたときに、該当する請求期間をカバーするレポートに表示されます。詳細については、「販売者レポートガイド」を参照してください。

[Offer ID (オファー ID)] フィールドには、プライベートオファー用に生成された一意のオファー ID が記載されています。このレポートのエントリがプライベートオファー用でない場合、このフィールドは空白になります。[Offer Visibility (オファーの可視性)] フィールドには、レポートのエントリがパブリックオファーかプライベートオファーかが表示されます。プライベートオファーの場合はすべて、エントリがプライベートと記載されます。