MediaConvert
ユーザーガイド

AWS Elemental MediaConvert での動画の回転の使用

ほとんどの入力で、AWS Elemental MediaConvert が動画を回転させる方法を選択できます。回転を指定するか、回転を自動に設定できます。自動回転では、入力ファイルに含まれている回転メタデータが使用されます。動画の録画を開始する前にカメラを回転させると、一部のカメラ (ほとんどはスマートフォンのカメラ) では、この回転メタデータが記録されます。この回転メタデータは、回転アトムまたはボックスとも呼ばれ、動画の表示に使用される回転メタデータをプレーヤーデバイスに提供します。MediaConvert は、この回転メタデータを自動的に検出し、トランスコード中に動画を回転させて、すべてのプレーヤーに正しく表示されるようにします。

ヒント

想定外の方向に動画出力が回転される場合、考えられる原因は、入力動画に回転メタデータがあるが、ジョブ設定でサービスがそのメタデータを使用するように指定していないことです。[Rotate (回転)] を [Automatic (自動)] に設定してみてください。この設定は、[ジョブの作成] ページで [Video selector (動画セレクタ)] セクションの [入力] にあります。

入力ファイルの要件

以下の動画プロパティが設定された入力に回転を使用できます。

  • プログレッシブ動画

  • クロマサブサンプリング方式 4:2:2 または 4:2:0

トピック