一般的なAWS Elemental MediaPackageライブ処理の流れ - AWS Elemental MediaPackage

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

一般的なAWS Elemental MediaPackageライブ処理の流れ

MediaPackage でのライブコンテンツの一般的な処理の流れは以下のとおりです。

  1. アップストリームエンコーダー ( AWS Elemental MediaLive など) は、チャネル入力 URL WebDAVにダイジェスト認証を使用して HLS ライブストリームを送信し、チャネルのアクセス認証情報 ( で提供MediaPackage) を含めます。MediaPackage入力冗長を使用している場合は、エンコーダによってチャンネルの入力 URL それぞれ対して 1 つずつ 2 つの同一の HLS ライブストリームが MediaPackage​ に送信されます。MediaPackage​ は 1 つの入力 URL からのストリームをソースコンテンツとして使用します。アクティブな入力 URL でコンテンツの受信が停止した場合、MediaPackage​ は自動的にもうひとつの入力 URL に切り替えてソースコンテンツとして使用します。また、AWS は、リソースをスケールアップ/ダウンして着信トラフィックに対処します。

    詳細については、ライブ入力冗長AWS Elemental MediaPackage処理フロー を参照してください。

    注記

    タイムシフト表示のような機能のサポートを可能にするために、MediaPackage は受信したすべてのコンテンツを限られた期間だけ保存します。この保存されたコンテンツは、エンドポイントで定義されているスタートオーバーウィンドウ内にある場合にのみ再生できます。スタートオーバーウィンドウ外にある場合や、エンドポイントでウィンドウが定義されていない場合は、再生できません。詳細については、のタイムシフト表示のリファレンスAWS Elemental MediaPackage を参照してください。

  2. ダウンストリームデバイスは、エンドポイントの出力 URL を通じて MediaPackage にコンテンツをリクエストします。ダウンストリームデバイスは、ビデオプレーヤーまたはコンテンツ配信ネットワーク (CDN) のいずれかです。出力 URL は、ストリーミング形式 (Apple HLS、DASH-ISO、CMAF、または Microsoft Smooth Streaming) 別のエンドポイントに関連付けられています。

  3. ダウンストリームデバイスからの再生リクエストを受け取ると、MediaPackage は、エンドポイントに指定された設定に従ってストリームを動的にパッケージ化します。パッケージ化には、暗号化の追加、オーディオ、ビデオ、サブタイトル/キャプションのトラック出力の設定などが含まれます。

  4. MediaPackage は、HTTPS 経由で出力ストリームをリクエスト元のデバイスに配信します。入力の場合と同様に、AWS でリソースをスケールアップ/ダウンしてトラフィックの変化に対処します。

  5. MediaPackage は、Amazon CloudWatch を通じてアクティビティのログを記録します。MediaPackage が受信または配信したコンテンツリクエスト数やコンテンツ量のような情報を表示できます。CloudWatch のメトリクスを MediaPackage で確認する方法については、「Amazon CloudWatch メトリクスによる AWS Elemental MediaPackage のモニタリング」を参照してください。

MediaPackage は、コンテンツの入力と出力のプロセス全体で、インフラストラクチャの潜在的な障害を検出して軽減し、視聴者に問題が及ばないようにします。

このプロセスの概要は次の図のとおりです。


                    MediaPackageワークフロー