SPARQL を使用した Neptune グラフへのアクセス - Amazon Neptune

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

SPARQL を使用した Neptune グラフへのアクセス

SPARQL は、ウェブ用に設計されたグラフデータ形式であるリソース記述フレームワーク (RDF) のためのクエリ言語です。Amazon Neptune は、SPARQL 1.1 と互換性があります。つまり、Neptune DB インスタンス に接続して、SPARQL 1.1 クエリ言語仕様で記述されたクエリ言語を使用してグラフにクエリを実行できるということです。

SPARQL のクエリは、返す変数を指定する SELECT 句と、グラフで一致するデータを指定する WHERE 句で構成されます。SPARQL クエリに慣れていない場合は、SPARQL 1.1 クエリ言語にある「シンプルなクエリの書き込み」を参照してください。

重要

データをロードするには、SPARQL UPDATE INSERT は小さなデータセットに対してはうまく機能しますが、ファイルから大量のデータをロードする必要がある場合は、「Amazon Neptune 一括ローダーを使用したデータの取り込み」を参照してください。

Neptune の SPARQL 実装の仕様の詳細については、SPARQL の仕様を参照してください。

始めるには以下のものが必要です。

  • Neptune DB インスタンス。Neptune DB インスタンスの作成については、新しい Neptune DB クラスターの作成 を参照してください。

  • Neptune DB インスタンスと同じ Virtual Private Cloud (VPC) にある Amazon EC2; インスタンス。