Amazon Neptune 一括ローダーを使用したデータの取り込み - Amazon Neptune

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon Neptune 一括ローダーを使用したデータの取り込み

Amazon Neptune は、外部ファイルから Neptune DB クラスターに直接データをロードする Loader コマンドを提供します。多数の INSERT ステートメント、addV および addE ステップ、その他の API 呼び出しを実行する代わりに、このコマンドを使用できます。

この Neptune Loader コマンドは高速で、オーバーヘッドが少なく、大規模なデータセットに最適化されており、Gremlin データと RDF (リソース記述フレームワーク) データおよび SPARQL が使用するデータの両方をサポートしています。

次の図に示しているのは、このロードプロセスの概要です。

Neptune にデータをロードする際の基本的なステップを示す図。

以下に示しているのは、ロードプロセスの手順です。

  1. Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) バケットに、 ファイルをコピーします。

  2. バケットへの読み取りアクセスとリストアクセスのある IAM ロールを作成します。

  3. Amazon S3 VPC エンドポイントを作成します。

  4. HTTP 経由で Neptune DB インスタンスにリクエストを送信して、Neptune ローダーを起動します。

  5. Neptune DB インスタンスでは、バケットからデータをロードする IAM ロールを前提としています。

注記

Amazon S3 SSE-S3 または SSE-KMS モードのいずれかを使用して暗号化されている場合は、暗号化されたデータを Amazon S3 からロードできます。ただし、一括ロードに使用するロールが Amazon S3 オブジェクトにアクセスでき、SSE-KMS の場合は kms:decrypt にもアクセスできることが条件です。その場合、Neptune はユーザーの認証情報を偽装し、ユーザーに代わって s3:getObject 呼び出しを発行することができます。

ただし、Neptune は現在 SSE-C モードを使用して暗号化されたデータの読み込みをサポートしていません。

次のセクションでは、Neptune へのデータの準備とロードの手順を説明します。