AWS OpsWorks
ユーザーガイド (API バージョン 2013-02-18)

AWS OpsWorks スタック エージェント CLI

注記

この機能は、Linux インスタンスでのみご利用いただけます。

AWS OpsWorks スタックによってすべてのインスタンスにインストールされるエージェントは、コマンドラインインターフェース (CLI) を公開しています。SSH を使用してインスタンスにログインすると、CLI を使用して次の操作を実行できます。

  • Chef 実行のログファイルにアクセスする.

  • AWS OpsWorks スタックコマンドにアクセスします。

  • Chef レシピを手動で実行する.

  • インスタンスレポートを表示する.

  • エージェントレポートを表示する.

  • スタック設定およびデプロイ属性の制限されたセットを表示する。

重要

エージェント CLI コマンドは、root として実行するか、sudo を使用して実行します。

基本的なコマンド構文は次のとおりです。

sudo opsworks-agent-cli [--help] [command [activity] [date]]

4 つの引数は次のとおりです。

help

(オプション)単独で使用した場合は、使用可能なコマンドの簡単な概要が表示されます。コマンドと共に help を使用した場合は、そのコマンドの説明が表示されます。

コマンド

(オプション)エージェント CLI コマンド。次のいずれかに設定する必要があります。

activity

(オプション) 一部のコマンドで引数として使用して、特定の AWS OpsWorks スタックアクティビティ (setupconfiguredeployundeploystartstop、または restart) を指定します。

date

(オプション) 一部のコマンドで引数として使用して、特定の AWS OpsWorks スタックコマンドの実行を指定します。コマンドの実行を指定するには、date をコマンドが実行されたタイムスタンプに設定します。時刻には、yyyy-mm-ddThh:mm:ss の形式 (一重引用符を含む) を使用します。たとえば、2013 年 2 月 5 日火曜日 10 時 31 分 55 秒の場合、'2013-02-05T10:31:55' を使用します。特定の AWS OpsWorks スタックコマンドが実行された日時を確認するには、 list_commands を実行します。

注記

エージェントが同じ AWS OpsWorks スタックアクティビティを複数回実行した場合、アクティビティと実行時刻の両方を指定することで特定の実行を選択できます。アクティビティを指定し、時刻を省略すると、エージェント CLI コマンドはそのアクティビティの最新の実行に適用されます。両方の引数を省略すると、エージェント CLI コマンドは最新のアクティビティに適用されます。

以下のセクションでは、各コマンドと関連する引数について説明します。簡潔に示すために、構文セクションでは、どのコマンドでも使用できる省略可能な --help オプションを省略しています。