SSH を使用した Linux インスタンスへのログイン - AWS OpsWorks

英語の翻訳が提供されている場合で、内容が矛盾する場合には、英語版がオリジナルとして取り扱われます。翻訳は機械翻訳により提供されています。

SSH を使用した Linux インスタンスへのログイン

組み込み MindTerm クライアントまたはサードパーティクライアント (PuTTY など) を使用して SSH でオンライン Linux インスタンスにログインできます。SSH は、通常 RSA キーペアを使用して認証を行います。パブリックキーをインスタンスにインストールし、SSH クライアントに対応するプライベートキーを入力します。AWS OpsWorks スタックは、次のようにスタックのインスタンスでパブリックキーのインストールを処理します。

  • Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) キーペア – スタックのリージョンに 1 つ以上の Amazon EC2 キーペアがある場合、スタックのデフォルトの SSH キーペアを指定できます。

    オプションで、デフォルトのキーペアを上書きし、インスタンスの作成時に異なるペアを指定できます。どちらの場合も、AWS OpsWorks スタックはインスタンスに指定されたキーペアのパブリックキーをインストールします。Amazon EC2 キーペアを作成する方法の詳細については、「Amazon EC2 のキーペア」を参照してください。

  • 個人キーペア – 各ユーザーは AWS OpsWorks スタックに個人キーペアを登録できます。

    ユーザーまたは管理者は、パブリックキーを AWS OpsWorks スタックに登録し、ユーザーはプライベートキーをローカルに格納します。スタックのアクセス権限を設定するとき、管理者はどのユーザーにスタックのインスタンスに対する SSH アクセスを付与するかを指定します。AWS OpsWorks スタックで権限付与された各ユーザーについてスタックのインスタンスにシステムユーザーが自動的に作成され、ユーザーの個人パブリックキーがインストールされます。

ユーザーは、スタックのインスタンスにログインするには、SSH 認証を行って MindTerm SSH クライアントを使用するか、個人キーペアを使用する必要があります。

IAM ユーザーに SSH を許可するには

  1. AWS OpsWorks スタックのナビゲーションペインの [Permissions (アクセス権限)] をクリックします。

  2. 該当する AWS Identity and Access Management (IAM) ユーザーの [SSH/RDP] チェックボックスをオンにし、必要なアクセス権限を付与します。ユーザーが sudo を使用して権限を昇格できるようにする (エージェント CLI コマンドを実行するためなど) 場合は、[sudo/admin] もオンにします。

    
                    ユーザーの SSH および sudo アクセス許可

AWS OpsWorks スタックを使用して SSH アクセスを管理する方法の詳細については、「SSH アクセスの管理」を参照してください。