ステップ 4: レシピをライフサイクルイベントに割り当てる - AWS OpsWorks

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ステップ 4: レシピをライフサイクルイベントに割り当てる

カスタムレシピは手動で実行することもできますが、通常は AWS OpsWorks スタックによって自動的に実行されるようにするのが最良の方法です。すべての Layer には、5 つのそれぞれに割り当てられた一連の組み込みレシピがあります。ライフサイクルイベント-セットアップ、設定、デプロイ、アンデプロイ、シャットダウン インスタンスに対してイベントが発生するたびに、AWS OpsWorks スタックによってインスタンスの各 Layer の関連付けられたレシピが実行され、対応するタスクが処理されます。たとえば、インスタンスの起動が終了すると、AWS OpsWorks スタックによって Setup イベントがトリガーされます。このイベントでは、関連付けられた Layer の Setup レシピが実行され、通常はパッケージのインストールと設定などのタスクが処理されます。

レシピを適切なライフサイクルイベントに割り当てることで、AWS OpsWorks スタックによって Layer のインスタンスでカスタムレシピが実行されるようにすることができます。この例では、割り当てる必要がありますgenerate.rbレシピを Rails アプリケーションサーバー Layer の Deploy イベントに追加します。AWS OpsWorksこれにより、 スタックは、起動時に Setup レシピが完了した後、アプリケーションをデプロイするたびに、Layer のインスタンスでこのレシピを実行するようになります。詳細については、「レシピを自動的に実行する」を参照してください。

Rails アプリケーションサーバー Layer の Deploy イベントにレシピを割り当てるには

  1. リポジトリの []AWS OpsWorksスタックレイヤーページで、Rails アプリケーションサーバーでレシピ] をクリックして、[(編集..

  2. [Custom Chef Recipes] で、完全修飾レシピ名を Deploy イベントに追加し、[+] をクリックします。完全修飾レシピ名では、cookbookname::recipename の形式を使用します。recipename には .rb 拡張子は含まれません。この例では、完全修飾名は redis-config::generate です。次に、[Save] をクリックして Layer 設定を更新します。