CreateSolution - Amazon Personalize

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

CreateSolution

モデルのトレーニングの設定を作成します。トレーニングされたモデルは、ソリューションとも呼ばれます。設定が作成されたら、モデルをトレーニング (ソリューションの作成) するには、 CreateSolutionVersion オペレーション. 電話するたびにCreateSolutionVersionソリューションの新しいバージョンが作成されます。

ソリューションバージョンを作成した後、その正確性をチェックするには GetSolutionMetrics 。バージョンに問題がなければ、 CreateCampaign 。キャンペーンは、クライアントにGetRecommendationsAPI.

モデルをトレーニングするには、Amazon Personalize にはトレーニングデータとレシピが必要です。トレーニングデータは、リクエストで指定したデータセットグループから取得されます。レシピは、トレーニングアルゴリズムとフィーチャ変換を指定します。Amazon Personalize で提供される定義済みのレシピのいずれかを指定できます。または、performAutoMLとAmazon Personalize、お客様のデータを分析し、最適なUSER_PERSONALIZationレシピを選択します。

注記

Amazon Personalize 設定をサポートしていませんhpoObjectiveで解析ハイパーパラメータの最適化を行います。

ステータス

ソリューションは、次に示す状態のいずれかになります。

  • 作成保留 > 作成進行中 > アクティブ、または作成に失敗しました

  • 保留中の削除 > 進行中の削除

ソリューションのステータスを取得するには、を呼び出します。 DescribeSolution 。ステータスが ACTIVE になるまで待ってから呼び出します。CreateSolutionVersion

リクエストの構文

{ "datasetGroupArn": "string", "eventType": "string", "name": "string", "performAutoML": boolean, "performHPO": boolean, "recipeArn": "string", "solutionConfig": { "algorithmHyperParameters": { "string" : "string" }, "autoMLConfig": { "metricName": "string", "recipeList": [ "string" ] }, "eventValueThreshold": "string", "featureTransformationParameters": { "string" : "string" }, "hpoConfig": { "algorithmHyperParameterRanges": { "categoricalHyperParameterRanges": [ { "name": "string", "values": [ "string" ] } ], "continuousHyperParameterRanges": [ { "maxValue": number, "minValue": number, "name": "string" } ], "integerHyperParameterRanges": [ { "maxValue": number, "minValue": number, "name": "string" } ] }, "hpoObjective": { "metricName": "string", "metricRegex": "string", "type": "string" }, "hpoResourceConfig": { "maxNumberOfTrainingJobs": "string", "maxParallelTrainingJobs": "string" } }, "optimizationObjective": { "itemAttribute": "string", "objectiveSensitivity": "string" } } }

リクエストパラメータ

リクエストは以下のデータを JSON 形式で受け入れます。

datasetGroupArn

トレーニングデータを提供するデータセットグループの Amazon リソースネーム (ARN)。

Type: 文字列

長さの制限: 最大長は 256 です。

Pattern: arn:([a-z\d-]+):personalize:.*:.*:.+

必須: はい

eventType

複数のイベントタイプがある場合(EVENT_TYPEスキーマフィールド) の場合、このパラメーターはモデルのトレーニングに使用するイベントタイプ (例:'click' や 'like') を指定します。

あなたが提供しない場合eventTypeに設定されている場合、Amazon Personalize は、タイプに関係なく、同じ体重のトレーニングにすべてのインタラクションを使用します。

Type: 文字列

長さの制限: 最大長は 256 です。

必須: いいえ

name

ソリューションの名前。

Type: 文字列

長さの制限: 最小長は 1 です。 最大長は 63 です。

Pattern: ^[a-zA-Z0-9][a-zA-Z0-9\-_]*

必須: はい

performAutoML

自動機械学習(AutoML)を実行するかどうか。デフォルト: false。この場合、指定する必要があります。recipeArn

に設定した場合trueでは、Amazon Personalize はトレーニングデータを分析し、最適なUSER_PERSONALIゼーションレシピとハイパーパラメータを選択します。この場合、省略する必要があります。recipeArn。Amazon Personalize は、ハイパーパラメーターの異なる値を使用してテストを実行して、最適なレシピを決定します。AutoMLは、特定のレシピを選択する場合と比較して、トレーニングプロセスを長くします。

Type: ブール値

必須: いいえ

performHPO

指定されたレシピまたは選択したレシピでハイパーパラメータ最適化 (HPO) を実行するかどうか。デフォルト: false

AutoML を実行する場合、このパラメータは常にtrueに設定しないでください。false

Type: ブール値

必須: いいえ

recipeArn

モデルトレーニングに使用するレシピの ARN。次の場合のみ指定performAutoMLはfalse.

Type: 文字列

長さの制限: 最大長は 256 です。

Pattern: arn:([a-z\d-]+):personalize:.*:.*:.+

必須: いいえ

solutionConfig

ソリューションで使用する構成。メトリックperformAutoMLを true に設定した場合、Amazon Personalize (Amazon パーソナライズ) はautoMLConfigセクションを参照してください。

注記

Amazon Personalize 設定をサポートしていませんhpoObjective現時点では利用できません。

タイプ: SolutionConfig オブジェクト

必須: いいえ

レスポンスの構文

{ "solutionArn": "string" }

レスポンス要素

アクションが成功すると、サービスは HTTP 200 レスポンスを返します。

サービスから以下のデータが JSON 形式で返されます。

solutionArn

ソリューションの ARN。

Type: 文字列

長さの制限: 最大長は 256 です。

Pattern: arn:([a-z\d-]+):personalize:.*:.*:.+

Errors

InvalidInputException

フィールドまたはパラメータに有効な値を指定します。

HTTP ステータスコード: 400

LimitExceededException

1 秒あたりのリクエスト数の制限を超えました。

HTTP ステータスコード: 400

ResourceAlreadyExistsException

指定されたリソースは既に存在します。

HTTP ステータスコード: 400

ResourceInUseException

指定されたリソースは使用中です

HTTP ステータスコード: 400

ResourceNotFoundException

指定されたリソースが見つかりませんでした。

HTTP ステータスコード: 400

以下の資料も参照してください。

言語固有の AWS SDK のいずれかでこの API を使用する方法の詳細については、次を参照してください。