Items データセットの要件 (VIDEO_ON_DEMAND ドメイン) - Amazon Personalize

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Items データセットの要件 (VIDEO_ON_DEMAND ドメイン)

製品データセットには、カタログ内のアイテムに関するメタデータが保存されます。これには、各アイテムについての料金、ジャンル、利用可否などの情報が含まれる場合があります。Amazon Personalize が使用できるアイテムデータの種類については、「製品データセット」を参照してください。フォーマット要件や使用可能なフィールドデータ型など、Amazon Personalize スキーマの一般的な要件については、「 スキーマ」を参照してください。これらの要件は、ドメインに関係なくすべてのスキーマに適用されます。

一部のユースケースでは製品データセットが必要です (「VIDEO_ON_DEMAND ユースケース」を参照)。オプションである場合でも、最も関連性の高いレコメンデーションを取得するために当該レコメンデーションを作成することをお勧めします。Items データセットを作成する場合、スキーマには次のフィールドが含まれている必要があります。

  • ITEM_ID

  • GENRES (カテゴリ string)

  • CREATION_TIMESTAMP (Unix エポック時間形式)

スキーマには、次の予約済みキーワードを含めることもできます。各キーワードには、必要なデータ型と NULL データをサポートするかどうかが記載されています。NULL タイプの追加は任意です。

  • PRICE (浮動小数点)

  • DURATION (浮動小数点)

  • GENRE_L2 (カテゴリ別 stringnull)

  • GENRE_L3 (カテゴリ別 stringnull)

  • AVERAGE_RATING (floatnull)

  • 製品説明 (テキスト stringnull)

  • コンテンツ所有者 (カテゴリ別 stringnull): 動画を所有している会社。例えば、値は HBO、Paramount、NBC などです。

  • コンテンツ分類 (カテゴリ別 stringnull): コンテンツのレーティング。例えば、値は G、PG、PG-13、R、NC-17、および未評価の場合があります。

最良のレコメンデーションを取得するには、これらのフィールドをデータと同じ数だけスキーマに保持することをお勧めします。インポートするデータは、スキーマと一致している必要があります。メタデータ列の最大数は 100 です。ユースケースとデータに応じて、さらにフィールドを追加することができます。フィールドが必須または予約済みとしてリストされておらず、データ型が スキーマのデータ型 に記載されている限り、フィールド名とデータ型は自由に設定できます。

複数のマルチレベルカテゴリがあるアイテムには、予約済みキーワード GENRE_L2 および GENRE_L2 および GENRE_L3 および GENRE_L2 および GENRE_L3 を使用します。詳細については、「カテゴリ別データを使用する」を参照してください。テキストおよびカテゴリのメタデータについては、「製品データセット」を参照してください。ECOMMERCE ドメインの Items データセットのデフォルトスキーマの例については、「デフォルトのアイテムスキーマ (VIDEO_ON_DEMAND ドメイン)」を参照してください。

カテゴリ別データを使用する

カテゴリデータを使用するには、タイプ string のフィールドを追加し、スキーマでフィールドのカテゴリ属性を true に設定します。その後、カテゴリデータをバルク CSV ファイルと個別アイテムインポートに含めます。カテゴリ値には、最大 1,000 文字を使用できます。1,000 文字を超えるカテゴリ値を持つアイテムがある場合、データセットのインポートジョブは失敗します。

複数のカテゴリを持つアイテムについては、バーティカルバー「|」を使用して各値を区切ります。例えば、GENRES フィールドについて、アイテムのデータは Action|Crime|Biopic である場合があります。複数のレベルのカテゴリデータがあり、一部のアイテムで階層内の各レベルに複数のカテゴリがあるアイテムがある場合は、各レベルにフィールドを追加し、フィールド名の後にレベルインジケータ GENRE_L2、GENRE_L2、GENRE_L2、GENRE_L3 を追加します。これにより、アイテムが複数のマルチレベルカテゴリに属している場合でも、サブカテゴリに基づいてレコメンデーションをフィルタ処理できます。例えば、動画にはカテゴリレベルごとに次のデータが含まれている場合があります。

  • GENRES: アクション|アドベンチャー

  • GENRE_L2: 犯罪|西部劇

  • GENRE_L3: 伝記映画

この例では、動画はアクション > 犯罪 > バイオピックの階層、およびアドベンチャー > ウエスタン > バイオピックの階層です。L3 まで使用することをお勧めしますが、必要に応じてもっと多くのレベルを使用できます。フィルターの作成と使用については、「レコメンデーションとユーザーセグメントのフィルタリング」を参照してください。

デフォルトのアイテムスキーマ (VIDEO_ON_DEMAND ドメイン)

VIDEO_ON_DEMAND ドメインの Items データセットのデフォルトスキーマを次に示します。

{ "type": "record", "name": "Items", "namespace": "com.amazonaws.personalize.schema", "fields": [ { "name": "ITEM_ID", "type": "string" }, { "name": "GENRES", "type": [ "string" ], "categorical": true }, { "name": "CREATION_TIMESTAMP", "type": "long" } ], "version": "1.0" }