バルクレコードのインポート - Amazon Personalize

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

バルクレコードのインポート

重要

Amazon Personalize の一括インポートは、バルクデータの完全更新です。データセット内の既存のバルクデータが置き換えられます。これには、増分的にインポートされたレコードは含まれません。

ステップ 1: カスタムデータセットグループの作成 および ステップ 2: データセットとスキーマの作成 を完了したら、大きな CSV ファイルなどのバルクレコードを Amazon Personalize のデータセットにインポートできます。

Amazon Personalize は、データセットグループで作成したすべてのフィルターを、最後の一括インポートから 15 分以内に、新しいアイテムおよびユーザーデータで更新します。この更新により、キャンペーンでユーザーのレコメンデーションをフィルタリングするときに最新のデータを使用できるようになります。

バルクレコードをインポートするには、次の操作を実行します。

  1. 入力データをコンマ区切り値 (CSV) としてフォーマットします。

  2. CSV ファイルを Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) バケットにアップロードし、Amazon S3 リソースへのアクセス権を Amazon Personalize に付与します。

  3. S3 バケットからのデータをデータセットに取り込むデータセットのインポートジョブを作成します。