ステップ 3: ソリューションバージョンの作成 - Amazon Personalize

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ステップ 3: ソリューションバージョンの作成

完了後ステップ 1: レシピの選択およびステップ 2: ソリューションの構成ソリューションバージョンを作成するには、ソリューションバージョンを作成します。

Aソリューションバージョンは、トレーニングを受けた機械学習モデルを参照し、導入して顧客に推奨事項を提示します。ソリューションバージョンを作成するには、コンソール (AWS Command Line Interface(AWS CLI)、またはAWSSDK ソリューションバージョンのステータスは CREATE_PENDING または CREATE_IN_PROGRESS です。StopSolutionVersionCreation操作を実行して、ソリューションのバージョン作成プロセスを停止します。「ソリューションバージョンの作成を停止する」を参照してください。

ソリューションバージョンの作成 (コンソール)

完了したばかりの場合ステップ 2: ソリューションの構成ソリューションバージョンを作成します。が表示される場合は、[] を選択します。完了ソリューションバージョンを作成するには。

ソリューションの詳細ページでは、トレーニングの進行状況をソリューションバージョンセクションに追加します。トレーニングが完了すると、ステータスが [] に変わります。アクティブキャンペーンを展開して推奨事項を取得する準備が完了します。の手順3を参照してください。はじめに (コンソール)チュートリアル。

あなたが離れて移動した場合、ソリューションバージョンを作成します。ページまたは既存のソリューション用の追加のソリューションバージョンを作成する場合は、ソリューション概要ページから次のように新しいソリューションバージョンを作成します。

新しいソリューションバージョンを作成するには

  1. Amazon Personalize コンソール () を開きます。https://console.aws.amazon.com/personalize/homeアカウントにサインインします。

  2. データセットグループページに移動し、新しいソリューションを含むデータセットグループを選択します。

  3. ナビゲーションペインで、[] を選択します。ソリューションとレシピ

  4. リポジトリの []ソリューションとレシピページで、ソリューションバージョンを作成するソリューションを選択します。

  5. ソリューション概要ページで、[] を選択します。ソリューションバージョンを作成します。新しいモデルのトレーニングを開始します。

ソリューションの詳細ページでは、トレーニングの進行状況をソリューションバージョンセクションに追加します。トレーニングが完了すると、ステータスが [] に変わります。アクティブAmazon Personalize が提供するメトリクスを使用してこれを評価できます。詳細については、「ステップ 4: メトリクスを使用したソリューションバージョンの評価」を参照してください。

エラーが原因でトレーニングが完了しなかった場合、トレーニングの料金は発生しません。ソリューションバージョンのステータスが CREATE_PENDING または CREATE_IN_PROGRESS の場合は、ソリューションバージョンの作成プロセスを停止できます。ソリューションバージョンの作成を停止するには、ソリューションバージョンの詳細ページに移動し、を停止。「ソリューションバージョンの作成を停止する」を参照してください。

ソリューションバージョンの作成 (AWS CLI)

ソリューションが ACTIVE の場合、次のコマンドを実行してモデルをトレーニングします。置換solution arnソリューションの Amazon リソースネーム (ARN)ステップ 2: ソリューションの構成

aws personalize create-solution-version \ --solution-arn solution arn

ソリューションバージョンの ARN が表示されます。次に例を示します。

{ "solutionVersionArn": "arn:aws:personalize:us-west-2:acct-id:solution/SolutionName/<version-id>" }

ソリューションバージョンのトレーニングステータスは、describe-solution-versionコマンド。前のステップで返ったソリューションバージョンの ARN を指定します。この API の詳細については、「DescribeSolutionVersion」を参照してください。

aws personalize describe-solution-version \ --solution-version-arn solution version arn

ソリューションバージョンのプロパティとトレーニングの status が表示されます。最初、ステータスには CREATE PENDING と表示されます。次に例を示します。

{ "solutionVersion": { "solutionVersionArn": "arn:aws:personalize:us-west-2:acct-id:solution/solutionName/<version-id>", ..., "status": "CREATE PENDING" } }

トレーニングは、statusACTIVEAmazon Personalize が提供するメトリクスを使用してこれを評価できます。詳細については、「ステップ 4: メトリクスを使用したソリューションバージョンの評価」を参照してください。エラーが原因でトレーニングが完了しなかった場合、トレーニングの料金は発生しません。

ソリューションバージョンのステータスは CREATE_PENDING または CREATE_IN_PROGRESS です。StopSolutionVersionCreation操作を実行して、ソリューションのバージョン作成プロセスを停止します。「ソリューションバージョンの作成を停止する」を参照してください。

ソリューションバージョンの作成 (AWSSDK)

ソリューションが ACTIVE の場合は、次のコードを使用して、AWS SDK for Python (Boto3)またはAWS SDK for Java 2.x。

SDK for Python (Boto3)

ソリューションバージョンを作成するには、以下のcreate_solution_versionメソッドに追加します。をに置き換えるsolution arnソリューションの Amazon リソースネーム (ARN) をに置き換えます。ステップ 2: ソリューションの構成。次のコードは、DescribeSolutionVersionオペレーションを使用して、ソリューションバージョンのステータスを取得します。

import boto3 personalize = boto3.client('personalize') # Store the solution ARN solution_arn = 'solution arn' # Use the solution ARN to get the solution status. solution_description = personalize.describe_solution(solutionArn = 'solution_arn')['solution'] print('Solution status: ' + solution_description['status']) # Use the solution ARN to create a solution version. print ('Creating solution version') response = personalize.create_solution_version(solutionArn = solution_arn) solution_version_arn = response['solutionVersionArn'] print('Solution version ARN: ' + solution_version_arn) # Use the solution version ARN to get the solution version status. solution_version_description = personalize.describe_solution_version( solutionVersionArn = solution_version_arn)['solutionVersion'] print('Solution version status: ' + solution_version_description['status'])
SDK for Java 2.x

ソリューションバージョンを作成するには、以下のcreatePersonalizeSolutionVersionメソッドを使用し、ソリューションの Amazon リソースネーム (ARN) をステップ 2: ソリューションの構成。次のコードは、DescribeSolutionVersionオペレーションを使用して、ソリューションバージョンのステータスを取得します。

public static String createPersonalizeSolutionVersion(PersonalizeClient personalizeClient, String solutionArn) { long maxTime = 0; long waitInMilliseconds = 30 * 1000; // 30 seconds String solutionStatus = ""; String solutionVersionStatus = ""; String solutionVersionArn = ""; try { DescribeSolutionRequest describeSolutionRequest = DescribeSolutionRequest.builder() .solutionArn(solutionArn) .build(); maxTime = Instant.now().getEpochSecond() + 3 * 60 * 60; // Wait until solution is active. while (Instant.now().getEpochSecond() < maxTime) { solutionStatus = personalizeClient.describeSolution(describeSolutionRequest).solution().status(); System.out.println("Solution status: " + solutionStatus); if (solutionStatus.equals("ACTIVE") || solutionStatus.equals("CREATE FAILED")) { break; } try { Thread.sleep(waitInMilliseconds); } catch (InterruptedException e) { System.out.println(e.getMessage()); } } // Once the solution is active, start creating a solution version. if (solutionStatus.equals("ACTIVE")) { CreateSolutionVersionRequest createSolutionVersionRequest = CreateSolutionVersionRequest.builder() .solutionArn(solutionArn) .build(); CreateSolutionVersionResponse createSolutionVersionResponse = personalizeClient.createSolutionVersion(createSolutionVersionRequest); solutionVersionArn = createSolutionVersionResponse.solutionVersionArn(); System.out.println("Solution version ARN: " + solutionVersionArn); DescribeSolutionVersionRequest describeSolutionVersionRequest = DescribeSolutionVersionRequest.builder() .solutionVersionArn(solutionVersionArn) .build(); maxTime = Instant.now().getEpochSecond() + 3 * 60 * 60; while (Instant.now().getEpochSecond() < maxTime) { // Use the solution version ARN to get the solution version status. solutionVersionStatus = personalizeClient.describeSolutionVersion(describeSolutionVersionRequest).solutionVersion().status(); System.out.println("Solution version status: " + solutionVersionStatus); if (solutionVersionStatus.equals("ACTIVE") || solutionVersionStatus.equals("CREATE FAILED")) { break; } try { Thread.sleep(waitInMilliseconds); } catch (InterruptedException e) { System.out.println(e.getMessage()); } } return solutionVersionArn; } } catch(PersonalizeException e) { System.err.println(e.awsErrorDetails().errorMessage()); System.exit(1); } return ""; }

現在のソリューションバージョンのステータスを確認するには、DescribeSolutionVersion オペレーションを呼び出して、CreateSolutionVersion オペレーションから返されるソリューションバージョン​の ARN を渡します。トレーニングは、statusACTIVEAmazon Personalize が提供するメトリクスを使用してこれを評価できます。詳細については、「ステップ 4: メトリクスを使用したソリューションバージョンの評価」を参照してください。エラーが原因でトレーニングが完了しなかった場合、トレーニングの料金は発生しません。

ソリューションバージョンのステータスは CREATE_PENDING または CREATE_IN_PROGRESS です。StopSolutionVersionCreation操作を実行して、ソリューションのバージョン作成プロセスを停止します。「ソリューションバージョンの作成を停止する」を参照してください。