バッチ推論ジョブの作成 - Amazon Personalize

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

バッチ推論ジョブの作成

バッチ推論ジョブを作成して、Amazon S3 からの入力データに基づいてユーザー向けのバッチアイテムのレコメンデーションを取得します。入力データは、JSON 形式のユーザーもしくはアイテム (またはその両方) のリストにすることができます。バッチ推論ジョブは、Amazon Personalize コンソール、 AWS Command Line Interface (AWS CLI)、または AWS SDKsを使用して作成できます。

バッチ推論ジョブを作成するときは、入力場所と出力場所への Amazon S3 パスを指定します。Amazon S3 はプレフィックスベースです。入力データの場所にプレフィックスを指定すると、Amazon Personalize はそのプレフィックスに一致するすべてのファイルを入力データとして使用します。例えば、s3://<name of your S3 bucket>/folderName を指定し、バケットにもパスが s3://<name of your S3 bucket>/folderName_test のフォルダがある場合、Amazon Personalize は両方のフォルダのすべてのファイルを入力データとして使用します。特定のフォルダ内のファイルのみを入力データとして使用するには、Amazon S3 パスの末尾に / のようなプレフィックス区切り文字を付けます: s3://<name of your S3 bucket>/folderName/ Amazon S3 がオブジェクトを整理する方法の詳細については、「オブジェクトの整理、一覧表示、操作」を参照してください。

許可の要件、レコメンデーションスコアリング、入力データの準備とインポートなど、Amazon Personalize のバッチワークフローの詳細については、「バッチレコメンデーションの取得」を参照してください。