ステップ 1: データセットグループの作成 - Amazon Personalize

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ステップ 1: データセットグループの作成

Aデータセットグループは、データセット、イベントトラッカー、ソリューション、フィルター、キャンペーン、バッチ推論ジョブなど、Amazon Personalize コンポーネントのコンテナです。データセットグループは、リソースを独立したコレクションに編成するため、あるデータセットグループのリソースは他のデータセットグループのリソースに影響を与えません。

たとえば、ストリーミングビデオのレコメンデーションを提供するアプリケーションや、オーディオブックのレコメンデーションを提供するアプリケーションを使用できます。Amazon Personalize では、アプリケーションごとに独自のデータセットグループを使用します。データセットグループを作成するには、Amazon Personalize コンソールのAWS Command Line Interface(AWS CLI) またはAWSSDK。

データセットグループの作成 (コンソール)

Amazon Personalize コンソールでデータセットグループ名を指定して、データセットグループを作成します。

データセットグループを作成するには

  1. で Amazon Personalize コンソールを開きます。https://console.aws.amazon.com/personalize/homeにアクセスし、アカウントにサインインします。

  2. [データセットグループの作成] を選択します。

  3. Amazon Personalize を初めて使用する場合は、[データセットグループの作成ページで、[新しいデータセットグループ] で、開始方法

  4. [Dataset group details (データセットグループの詳細)] で [Dataset group name (データセットグループ名)] にデータセットグループの名前を指定します。

  5. [Next] を選択します。-ユーザーアイテムのインタラクションデータの作成ページが表示されます。これで、関連付けられたスキーマを持つデータセットをデータセットグループに追加する準備が整いました。「データセットとスキーマの作成 (コンソール)」を参照してください。

データセットグループを作成します。(AWS CLI)

次のコマンドを使用してデータセットグループを作成します。CreateDatasetGroup API オペレーションの詳細については、」CreateDatasetGroupAPI リファレンスセクションの「API リファレンス」を参照してください。

aws personalize create-dataset-group --name dataset group name

次の例に示すように、データセットグループの Amazon リソースネーム (ARN) が表示されます。

{ "datasetGroupArn": "arn:aws:personalize:us-west-2:acct-id:dataset-group/DatasetGroupName" }

この値を将来の利用のために記録します。作成したデータセットグループを表示するには、describe-dataset-groupコマンドを実行して、返されるデータセットグループ ARN を指定します。

aws personalize describe-dataset-group \ --dataset-group-arn dataset group arn

次の例に示すように、データセットグループとそのプロパティが表示されます。

{ "datasetGroup": { "name": "DatasetGroupName", "datasetGroupArn": "arn:aws:personalize:us-west-2:acct-id:dataset-group/DatasetGroupName", "status": "ACTIVE", "creationDateTime": 1542392161.262, "lastUpdatedDateTime": 1542396513.377 } }

データセットグループのstatusが ACTIVE の場合は、[データセットとスキーマの作成(AWS CLI)

データセットグループを作成します。(AWSSDK)

次のコードは、データセットグループを使用して、データセットグループを作成します。AWS SDK for Python (Boto3)または Java 2.x 用の SDK。API オペレーションの詳細については、「」を参照してください。CreateDatasetGroupAPI リファレンスセクションの「API リファレンス」を参照してください。

SDK for Python (Boto3)
import boto3 personalize = boto3.client('personalize') response = personalize.create_dataset_group(name = 'dataset group name') dsg_arn = response['datasetGroupArn'] description = personalize.describe_dataset_group(datasetGroupArn = dsg_arn)['datasetGroup'] print('Name: ' + description['name']) print('ARN: ' + description['datasetGroupArn']) print('Status: ' + description['status'])
SDK for Java 2.x
public static void createDatasetGroup(PersonalizeClient personalizeClient, String datasetGroupName) { long waitInMilliseconds = 60 * 1000; try { CreateDatasetGroupRequest createDatasetGroupRequest = CreateDatasetGroupRequest.builder() .name(datasetGroupName) .build(); String datasetGroupArn = personalizeClient.createDatasetGroup(createDatasetGroupRequest) .datasetGroupArn(); long maxTime = Instant.now().getEpochSecond() + (15 * 60); // 15 minutes DescribeDatasetGroupRequest describeRequest = DescribeDatasetGroupRequest.builder() .datasetGroupArn(datasetGroupArn) .build(); String status = null; while (Instant.now().getEpochSecond() < maxTime) { status = personalizeClient.describeDatasetGroup(describeRequest) .datasetGroup() .status(); System.out.println("DatasetGroup status:" + status); if (status.equals("ACTIVE") || status.equals("CREATE FAILED")) { break; } try { Thread.sleep(waitInMilliseconds); } catch (InterruptedException e) { System.out.println(e.getMessage()); } } } catch(PersonalizeException e) { System.out.println(e.awsErrorDetails().errorMessage()); } }

-DescribeDatasetGroupオペレーションにより、datasetGroupArnオペレーションのステータスが表示されます。データセットグループのstatusが ACTIVE の場合は、[データセットとスキーマの作成(AWSSDK)