ステップ 3: データのインポート - Amazon Personalize

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ステップ 3: データのインポート

ステップ 1: カスタムデータセットグループの作成 および ステップ 2: データセットとスキーマの作成 を完了すると、トレーニングデータを Amazon Personalize にインポートする準備が整います。データをインポートする場合、ビジネス要件と収集した履歴データの量に応じて、レコードを一括でインポートするか、レコードを個別にインポートするか、その両方を実行するかを選択できます。履歴レコードが大量にある場合は、最初にデータを一括でインポートしてから、必要に応じてデータを増分的に追加することをお勧めします。

重要

Amazon Personalize の一括インポートは、バルクデータの完全更新です。データセット内の既存のバルクデータが置き換えられます。これには、増分的にインポートされたレコードは含まれません。

リアルタイムのイベントデータをインポートするには、AWS SDK、AWS Amplify、または AWS CLI を使用してユーザーアクティビティ (イベント) をリアルタイムで記録します。詳細については、「」を参照してください。イベントの記録