Amazon Pinpoint 用のインターフェイス VPC エンドポイントの作成 - Amazon Pinpoint

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon Pinpoint 用のインターフェイス VPC エンドポイントの作成

仮想プライベートクラウド (VPC) と Amazon Pinpoint のエンドポイント間のプライベート接続は、インターフェイス VPC エンドポイントを作成することで確立できます。

インターフェイスエンドポイントは、インターネットゲートウェイAWS PrivateLink、NAT デバイス、VPN 接続、または なしで Amazon Pinpoint APIs にプライベートにアクセスできるテクノロジーである を利用しています AWS Direct Connect。VPC のインスタンスは、パブリック IP アドレスがなくても、 AWS PrivateLinkと統合する Amazon Pinpoint API と通信できます。

詳細については、「AWS PrivateLink ガイド」を参照してください。

インターフェイス VPC エンドポイントの作成

Amazon VPC コンソールまたは AWS Command Line Interface () を使用してインターフェイスエンドポイントを作成できますAWS CLI。詳細については、「 AWS PrivateLink ガイド」の「インターフェイスエンドポイントの作成」を参照してください。

Amazon Pinpoint は、次のサービス名をサポートしています。

  • com.amazonaws.region.pinpoint

  • com.amazonaws.region.pinpoint-sms-voice-v2

インターフェイスエンドポイントのプライベート DNS を有効にすると、 のデフォルトの DNS 名を使用して Amazon Pinpoint に API リクエストを実行できます。 AWS リージョン例えば、 ですcom.amazonaws.us-east-1.pinpoint。詳細については、「AWS PrivateLink ガイド」の「DNS ホスト名」を参照してください。

Amazon Pinpoint で現在利用可能なすべてのリージョンとエンドポイントの一覧については、「Amazon Web Services 全般のリファレンス」の「AWS サービスエンドポイント」を参照してください。

VPCエンドポイントポリシーの作成

VPC エンドポイントには、アクセスを制御するエンドポイントポリシーをアタッチできます。このポリシーでは、以下の情報を指定します。

  • アクションを実行できるプリンシパル。

  • 実行可能なアクション。

  • このアクションを実行できるリソース。

詳細については、「AWS PrivateLink ガイド」の「Control access to services using endpoint policies (エンドポイントポリシーを使用してサービスへのアクセスをコントロールする)」を参照してください。

例: VPC エンドポイントポリシー

次の VPC エンドポイントポリシーは、リストされた Amazon Pinpoint アクションへのアクセスを、すべてのプリンシパルに、すべてのリソースについて許可します。

{ "Statement": [ { "Principal": "*", "Action": [ "mobiletargeting:CreateCampaign", "mobiletargeting:CreateApp", "mobiletargeting:DeleteApp", ], "Effect": "Allow", "Resource": "*" } ] }