ライセンスオプション - AWS 規範ガイダンス

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ライセンスオプション

AWS での Oracle データベースのライセンスは、データベースがインストールされているインスタンスのサイズに基づいています。多くのOracle データベースワークロードは、高いメモリ、ストレージ、およびI/O帯域幅を必要としますが、CPUバウンドではないため、パフォーマンスに影響を与えずに導入環境内の仮想CPU(vCPUs)の数を減らすことができます。

AWS では、Amazon RDS インスタンスと EC2 インスタンスを特定のワークロードやビジネスニーズに合わせて最適化するために、次の CPU オプションを提供しています。

  • CPU コア数: インスタンスの CPU コア数をカスタマイズできます。

  • コア別のスレッド: マルチスレッドを無効化するには、CPU コアごとに 1 つのスレッドを指定できます。 

詳細については、AWS ウェブサイトの Amazon EC2 ドキュメントの「CPU オプションの最適化」「Amazon RDS for OracleのCPU最適化のご紹介」を参照してください。

AWS では、次の 2 つの異なるライセンスモデルで Oracle データベースを実行できます。

  • ライセンス込み

  • Bring-Your-Own-License (BYOL)

ライセンス込み

ライセンス込みモデルでは、Oracle データベースソフトウェアライセンスが AWS から提供されるため、独自の Oracle ライセンスを別途購入する必要はありません。ライセンスには、ソフトウェア、基盤となるハードウェアリソース、およびAmazon RDS for Oracle 用 Amazon RDS 管理機能が含まれています。 では、長期契約なしで、DB インスタンス実行に対して秒単位時間単位で支払います。これにより、ハードウェアの計画、購入、保守にかかるコストや複雑さから解放されます。

Single-AZ 配置とMulti-AZ 配置のどちらでも、料金は DB インスタンスを起動してからインスタンスを停止または削除するまでに消費される DB インスタンス時間単位で決まります。

モデルに含まれるライセンスは、Standard Edition Two (SE2) をサポートしています。料金の詳細については、AWS ウェブサイトの「Amazon RDS for Oracle 料金」を参照してください。

BYOL

Bring Your Own License (BYOL) モデルは、既存の Oracle データベースライセンスを使用するか、新しい Oracle ライセンスを購入したいお客様を対象としています。Oracle データベースライセンスをすでにお持ちの場合は、BYOL モデルを使用して Amazon RDS で Oracle データベースを実行できます。Oracle データベースを Amazon EC2 または VMware Cloud on AWS に移行する場合は、お客様独自のオラクルライセンスを使用する必要があります。

BYOL モデルの下で DB インスタンスを実行するときは、実行する DB インスタンスクラスと Oracle Database エディション用の、適切な Oracle Database ライセンスが必要になります。また、クラウドコンピューティング環境での Oracle Database ソフトウェアのライセンス化に関する Oracle のポリシーに従う必要があります。

BYOL モデルを使用する場合、マルチ AZ 配置でプライマリ DB インスタンスとスタンドバイ DB インスタンスの両方でライセンスを保持していることが必要です。Amazon RDS は、可用性の高いフェイルオーバーソリューションとして Oracle のマルチ AZ 配置をサポートしています。本稼働のワークロードではマルチ AZ をお勧めします。詳細については、Amazon RDS ドキュメントの「マルチ AZ 配置の設定と管理」を参照してください。

BYOL モデルは、Oracle Database Enterprise Edition (EE) および Standard Edition Two (SE2) をサポートしています。

Amazon RDS for Oracle のライセンスオプションの詳細については、AWS ウェブサイトの「Oracleのライセンス」「Amazon RDS for Oracle に関するよくある質問」を参照してください。