ローカルテキストファイルを使用したデータセットの作成 - Amazon QuickSight

ローカルテキストファイルを使用したデータセットの作成

ローカルテキストファイルをデータソースとして使用してデータセットを作成するときは、ファイルの場所を特定し、そのファイルをアップロードします。そのファイルのデータは、データセットの作成の一環として SPICE に自動的にインポートされます。

ローカルのテキストファイルに基づいてデータセットを作成するには

  1. データソースのクォータ をチェックし、ターゲットファイルがデータソースのクォータを超えていないことを確認します。

    サポートされているファイルの種類は、.csv、.tsv、.json、.clf、または .elf です。

  2. Amazon QuickSight のスタートページで、[Datasets] (データセット) を選択します。

  3. [Datasets] (データセット) のページで、[New dataset] (新しいデータセット) を選択します。

  4. [Create a Data Set (データセットの作成)] ページの [FROM NEW DATA SOURCES (新しいデータソースから)] セクションで、[Upload a file (ファイルのアップロード)] を選択します

  5. [Open] ダイアログボックスで、ファイルを参照して選択してから、[Open] を選択します。

    Amazon QuickSight にアップロードするファイルは 1 GB 以内でなければなりません。

  6. データセットを作成する前にデータを準備するには、[Edit/Preview data] (データの編集/プレビュー) を選択します。または、データをそのまま使用する分析を作成するには、[Visualize] を選択します。

    データ準備を行うことを選択した場合は、データの準備の一環としてデータセット名を指定できます。データ準備を行わないことを選択した場合は、ソースファイルと同じ名前のデータセットが作成されます。データ準備の詳細については、「Amazon QuickSight でのデータの準備」を参照してください。