データセットでの計算フィールドの使用 - Amazon QuickSight

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

データセットでの計算フィールドの使用

次の 1 つまたは複数を使用して、データを変換する計算フィールドを作成します。

  • Operators

  • 関数

  • データを含むフィールド

  • その他の計算フィールド

計算フィールドは、データの準備中または分析ページからデータセットに追加できます。データの準備中に計算フィールドをデータセットに追加すると、そのデータセットを使用するすべての分析でそのフィールドを使用できます。分析ページからデータセットに追加すると、計算フィールドはその分析でのみ使用可能です。分析で計算フィールドを追加する方法の詳細については、」分析への計算フィールドの追加

計算フィールドでの小数値の処理

小数データ型では、小数点以下第 4 位までサポートされています。データ準備時に、算出されるフィールドで小数点以下第 5 位以降を持つ小数データが使用される場合は、完全な値を使用して計算が行われます。その結果が再び小数点第 5 位以下を持つ小数データである場合、結果は、データセットがSPICE分析に表示されています。

たとえば、小数フィールド Field_A の値が 0.006 の場合、ユーザーインターフェイスには 0.0 と表示されます。ただし、すべての計算で完全な値 0.00006 が使用されます。この値を計算でどのように使用できるかについて、次にいくつか例を示します。

  • Field_A > 0 = true。分析に表示、または SPICE にインポートされた計算フィールドの値は true です。

  • ceil (Field_A) = 1。分析に表示、または SPICE にインポートされた計算フィールドの値は 1 です。

  • Field_A + 0.009 = 0.00015。分析に表示、または SPICE にインポートされた計算フィールドの値は 0.0001 です。

  • Field_A * 1.5 = 0.00000000000000009。分析に表示、または SPICE にインポートされた計算フィールドの値は 0.0 です。

計算エディタの使用

分析前の計算フィールドを作成して、データを変換します。サポートされている関数と演算子の詳細については、「Amazon QuickSight の計算フィールドの関数と演算子のリファレンス 」を参照してください。

計算フィールドをデータセットに直接追加できます。追加したフィールドは、データセットを使用するすべてのユーザーが使用できるようになります。分析でデータセットを使用するとき、追加の計算フィールドを追加できます。分析に追加するフィールドは、その分析でのみ、使用できます。代わりにフィールドを分析に追加する方法については、」分析への計算フィールドの追加

計算フィールドを追加または編集するには

  1. 使用するデータセットを開きます。

    解析内からデータセットを開くには、左側にあるデータセットの近くの鉛筆アイコンを選択してリストを開きます。[] メニューを選択します。). 次に、[Edit] を選択します。このアクションは、データ準備画面とも呼ばれるデータセットエディタを開きます。この画面では、分析にのみフィールドを追加するのではなく、データセットに直接フィールドを追加できます。

  2. 次のいずれかを実行して、計算フィールドの式エディタを開きます。

    • 新しいフィールドを作成するには、[計算フィールドの追加左揃え

    • 既存のフィールドを編集するには、計算フィールド] を選択し、[編集コンテキスト (右クリック) メニューから [] を選択します。

  3. わかりやすい名前を入力します。タイトルの追加をクリックして、新しい計算フィールドに名前を付けます。この名前はデータセットのフィールドリストに表示されるので、他のフィールドと似た名前になります。この例では、フィールドTotal Sales This Year

  4. (オプション)コメントを追加します。たとえば、スラッシュとアスタリスクでテキストを囲むことで、式の動作を説明できます。

    /* Calculates sales per year for this year*/
  5. 使用するメトリック、機能、その他の項目を特定します。この例では、以下を識別する必要があります。

    • 使用するメトリック

    • 関数: ifelseおよびdatediff

    「今年中に販売が行われた場合は、合計売上を表示し、それ以外の場合は0を表示する」のようなステートメントを作成したいと考えています。

    を追加するにはifelse関数を開くには、関数リスト 選択すべてをクリックして、すべての関数のリストを閉じます。これで、関数グループが表示されます。Aggregate条件付き日付などといった内容です。

    選択条件付きをダブルクリックし、をダブルクリックします。ifelseをクリックして、ワークスペースに追加します。

    ifelse()
  6. ワークスペースの括弧内にカーソルを置き、空白行を 3 行追加します。

    ifelse( )
  7. 最初の空白行にカーソルを置いて、dateDifffunction. それはのためにリストされています関数[]日付。また、入力することによってそれを見つけることができます。datefor検索機能。-dateDiff関数は、持つすべての関数を返します date その名前の一部として。それは下にリストされているすべての関数を返すわけではありません日付である。たとえばnow関数が見つからない。

    をダブルクリックします。dateDiffの先頭の空白行に追加するにはifelse表示されます。

    ifelse( dateDiff() )
  8. パラメータを追加します。dateDiffを使用します。カーソルをdateDiff追加を開始する括弧date1date2, およびperiod:

    1. を使用する場合date1の場合、最初のパラメータは日付を含むフィールドです。以下でそれを見つけるフィールドをクリックし、ワークスペースをダブルクリックするか、名前を入力してワークスペースに追加します。

    2. を使用する場合date2を選択し、コンマを追加してからtruncDate()for関数。括弧内に、次のようにピリオドと日付を追加します。truncDate( "YYYY", now() )

    3. を使用する場合period: 後にコンマを追加date2と入力し、YYYY。これは、その年の期間です。サポートされているすべての期間のリストを表示するには、dateDiff()関数リストからドキュメントを開き、詳細はこちら。既にドキュメントを表示している場合は、今のようにドキュメントを参照してください。dateDiff

    必要に応じて、読みやすくするために、いくつかのスペースを追加します。式は次のようになります。

    ifelse( dateDiff( {Date}, truncDate( "YYYY", now() ) ,"YYYY" ) )
  9. 戻り値を指定します。この例では、最初のパラメータifelse値を返す必要があります。TRUEまたはFALSE。現在の年が必要で、今年にそれを比較しているので、dateDiffステートメントは0。-ifの部分のifelseは、販売の年と現在の年の間に差がない行に対して true と評価します。

    dateDiff( {Date}, truncDate( "YYYY", now() ) ,"YYYY" ) = 0

    フィールドを作成するにはTotalSales昨年、あなたは変更することができます01

    同じ作業を行う別の方法は、addDateTimeの代わりにtruncDate。次に、前年ごとに、最初のパラメータを変更します。addDateTimeで各年を表します。このためには、-1昨年、-2その前の年のために、など。あなたが使用する場合addDateTimeの場合、dateDiff関数= 0各年について。

    dateDiff( {Discharge Date}, addDateTime(-1, "YYYY", now() ) ,"YYYY" ) = 0 /* Last year */
  10. カーソルを最初の空白行に移動します。dateDiff。カンマを追加します。

    thenの部分のifelseステートメントでは、売上金額を含むメジャー(メトリック)を選択する必要があります。TotalSales

    フィールドを選択するには、フィールドリストをクリックし、フィールドをダブルクリックして画面に追加します。または、名前を入力することもできます。中括弧を追加する{ }スペースを含む名前の周りに。指標の名前が異なる可能性があります。どのフィールドがメトリックであるかは、その前の数値記号(#).

    今、あなたの表現は次のようになります。

    ifelse( dateDiff( {Date}, truncDate( "YYYY", now() ) ,"YYYY" ) = 0 ,{TotalSales} )
  11. の追加else句を使用します。-ifelse関数には必要ありませんが、追加したいと考えています。レポートの目的では、NULL 値を持つ行が省略されることがあるため、通常は NULL 値を持つ必要はありません。

    私たちは、elseの句ifelse0。その結果、このフィールドは0は、前の年の売上を含む行です。

    これを行うには、空白行にカンマを追加し、0。あなたが最初にコメントを追加した場合、ifelse式は次のようになります。

    /* Calculates sales per year for this year*/ ifelse( dateDiff( {Date}, truncDate( "YYYY", now() ) ,"YYYY" ) = 0 ,{TotalSales} ,0 )
  12. 作業内容を保存するには、保存右上にあります。

    エクスプレッションにエラーがある場合、エディタの下部にエラーメッセージが表示されます。エクスプレッションに赤い波線がないかチェックし、その行にカーソルを合わせると、エラーメッセージが表示されます。一般的なエラーには、句読点の欠落、パラメータの欠落、スペルミス、無効なデータ型などがあります。

    変更を加えないようにするには、[] を選択します。キャンセル

計算フィールドのタイプを含め、データセット内の任意のフィールドのデータタイプを変更できます。選択できるデータ型は、フィールド内のデータと一致するものだけです。

計算フィールドのデータ型を変更するには

  • を使用する場合計算フィールド(左側) をクリックし、変更するフィールドを選択して、[データタイプの変更コンテキスト (右クリック) メニューから [] を選択します。

データセット内の他のフィールドとは異なり、計算フィールドは無効にできません。代わりに、それらを削除します。

計算フィールドを削除するには

  • を使用する場合計算フィールド(左側) で、変更するフィールドを選択したら、[削除コンテキスト (右クリック) メニューから [] を選択します。