日付および時刻関数 - Amazon Redshift

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

日付および時刻関数

このセクションでは、Amazon Redshift がサポートする日付と時刻のスカラー関数についての情報を示します。

日付と時刻関数の概要

機能 [構文] 戻り値
+(連結)演算子

+記号の両側の日付と時間を連結し、TIMESTAMPまたはTIMESTAMPTZを返します。

日付 + 時間 TIMESTAMP 又は TIMESTAMPZ
ADD_MONTHS

日付またはタイムスタンプに指定した月数を追加します。

ADD_MONTHS ({date|timestamp}, integer) TIMESTAMP
AT TIME ZONE

TIMESTAMP 式または TIMESTAMPTZ 式で使用するタイムゾーンを指定します。

AT TIME ZONE 'timezone' TIMESTAMP 又は TIMESTAMPZ
CONVERT_TIMEZONE

タイムスタンプをあるタイムゾーンから別のタイムゾーンに変換します。

CONVERT_TIMEZONE (['timezone',] 'timezone', timestamp) TIMESTAMP
CURRENT_DATE

現在のトランザクションの開始時の日付を、現在のセッションのタイムゾーン (デフォルトは UTC) で返します。

CURRENT_DATE DATE
DATE_CMP

2 つの日付を比較し、日付が等しい場合は 0date1 が大きい場合は 1date2 が大きい場合は -1 をそれぞれ返します。

DATE_CMP (date1, date2) INTEGER
DATE_CMP_TIMESTAMP

日付を時刻と比較し、値が等しい場合は 0date が大きい場合は 1timestamp が大きい場合は -1 をそれぞれ返します。

DATE_CMP_TIMESTAMP (date, timestamp) INTEGER
DATE_CMP_TIMESTAMPTZ

日付とタイムスタンプをタイムゾーンとリターンと比較します。 0 値が同じ場合、 1 次の場合 日付 大きく、 -1 次の場合 タイムスタンプtz は大きいです。

DATE_CMP_TIMESTAMPTZ (date, timestamptz) INTEGER
DATE_PART_YEAR

日付から年を抽出します。

DATE_PART_YEAR (date) INTEGER
DATEADD

指定された間隔で日付または時刻を増分します。

日付追加(datepart(日付パート)間隔{日付|時間|タイムツ|タイムスタンプ}) TIMESTAMP 又は TIME 又は TIMETZ
DATEDIFF

日または月などの特定の日付部分の 2 つの日付または時刻の差を返します。

日付差(datepart(日付パート){日付|時間|タイムツ|タイムスタンプ}, {日付|時間|タイムツ|タイムスタンプ}) BIGINT
DATE_PART

日付または時刻から日付部分の値を抽出します。

DATE_PART (datepart, {date|timestamp}) DOUBLE
DATE_TRUNC

日付部分に基づいてタイムスタンプを切り捨てます。

DATE_TRUNC ('datepart', timestamp) TIMESTAMP
EXTRACT

タイムスタンプ、時刻、タイムツ、リテラルから日付部分を抽出します。

EXTRACT(datepart(日付パート) {TIMESTAMP 'からリテラル' | タイムスタンプ | 時間 | タイムツ}) INTEGER or DOUBLE
GETDATE

現在のセッションのタイムゾーン (デフォルトでは UTC) で現在の日付と時刻を返します。かっこが必要です。

GETDATE() TIMESTAMP
INTERVAL_CMP

2 つの間隔を比較し、間隔が等しい場合は 0interval1 が大きい場合は 1interval2 が大きい場合は -1 をそれぞれ返します。

INTERVAL_CMP (interval1, interval2) INTEGER
LAST_DAY

date を含む月の最終日の日付を返します。

LAST_DAY(date) DATE
MONTHS_BETWEEN

2 つの日付の間の月数を返します。

MONTHS_BETWEEN (date, date) FLOAT8
NEXT_DAY

次の最初のインスタンスの日付を返します。 より後です 日付.

NEXT_DAY (date, day) DATE
SYSDATE

現在のトランザクション開始時の日付と時刻 (UTC) を返します。

SYSDATE TIMESTAMP
TIMEOFDAY

現在のセッションのタイムゾーン (デフォルトでは UTC) で、現在の曜日、日付、時刻を文字列値として返します。

TIMEOFDAY() VARCHAR
TIMESTAMP_CMP

2 つのタイムスタンプを比較し、タイムスタンプが等しい場合は 0interval1 が大きい場合は 1interval2 が大きい場合は -1 をそれぞれ返します。

TIMESTAMP_CMP (timestamp1, timestamp2) INTEGER
TIMESTAMP_CMP_DATE

タイムスタンプと日付を比較し、値が等しい場合は 0timestamp が大きい場合は 1date が大きい場合は -1 をそれぞれ返します。

TIMESTAMP_CMP_DATE (timestamp, date) INTEGER
TIMESTAMP_CMP_TIMESTAMPTZ

タイムスタンプとタイム ゾーンのタイムスタンプを比較し、 0 値が等しい場合、 1 次の場合 タイムスタンプ は大きい -1 次の場合 タイムスタンプtz は大きいです。

TIMESTAMP_CMP_TIMESTAMPTZ (timestamp, timestamptz) INTEGER
TIMESTAMPTZ_CMP

タイムゾーン値を含む 2 つのタイムスタンプを比較し、値が等しい場合は 0timestamptz1 が大きい場合は 1timestamptz2 が大きい場合は -1 をそれぞれ返します。

TIMESTAMPTZ_CMP (timestamptz1, timestamptz2) INTEGER
TIMESTAMPTZ_CMP_DATE

タイムスタンプの値をタイムゾーンと日付と比較します。 0 値が等しい場合、 1 次の場合 タイムスタンプtz は大きい -1 次の場合 日付 は大きいです。

TIMESTAMPTZ_CMP_DATE (timestamptz, date) INTEGER
TIMESTAMPTZ_CMP_TIMESTAMP

タイムスタンプとタイム ゾーンをタイムスタンプで比較し、 0 値が等しい場合、 1 次の場合 タイムスタンプtz は大きい -1 次の場合 タイムスタンプ は大きいです。

TIMESTAMPTZ_CMP_TIMESTAMP (timestamptz, timestamp) INTEGER
TIMEZONE

指定したタイム ゾーンとタイムスタンプ値のタイムスタンプを返します。

TIMEZONE ('timezone' { timestamp | timestamptz ) TIMESTAMP 又は TIMESTAMPTZ
TO_TIMESTAMP

指定したタイムスタンプとタイム ゾーン形式のタイム ゾーンを含むタイムスタンプを返します。

TO_TIMESTAMP ('timestamp', 'format') TIMESTAMPTZ
TRUNC

タイムスタンプを切り捨てて、日付を返します。

TRUNC(timestamp) DATE
注記

うるう秒は経過時間の計算では考慮されません。

トランザクションにおける日付および時刻関数

トランザクションブロック (BEGIN … END) 内で次の関数を実行すると、関数は現在のステートメントではなく、現在のトランザクションの開始日または開始時刻を返します。

  • SYSDATE

  • TIMESTAMP

  • CURRENT_DATE

次の関数は、トランザクションブロック内にある場合でも、現在のステートメントの開始日または開始時刻を常に返します。

  • GETDATE

  • TIMEOFDAY

廃止されたリーダーノード専用の関数

次の日付関数は、リーダーノードのみで実行されるため、廃止されました。詳細については、リーダーノード – 専用関数 を参照してください。