Amazon Redshift でのクォータと制限 - Amazon Redshift

Amazon Redshift でのクォータと制限

Amazon Redshift のクォータ

Amazon Redshift には、AWS リージョンごとに AWS アカウント内の複数のリソースの使用を制限するクォータがあります。各クォータにはデフォルト値があり、一部のクォータは調整可能です。調整可能なクォータについては、Amazon Redshift 制限引き上げフォームを送信することで、AWS リージョンの AWS アカウントの引き上げをリクエストできます。

クォータ名 AWS のデフォルト値 調整可能 説明

スナップショットごとにスナップショットの復元を許可できる AWS アカウント

20

いいえ

スナップショットごとにスナップショットの復元を許可できる AWS アカウントの最大数。

AWS KMS キーごとにスナップショットの復元を許可できる AWS アカウント

100

いいえ

AWS KMS キーごとにスナップショットの復元を許可できる AWS アカウントの最大数。つまり、1 つの KMS キーで暗号化された 10 個のスナップショットがある場合、10 個の AWS アカウントで、各スナップショットを復元することを許可できます。または、最大 100 個のアカウントのその他の組み合わせや、スナップショットごとに 20 アカウントを超えないその他の組み合わせを許可できます。

他の AWS のサービスにアクセスするための Amazon Redshift のクラスター IAM ロール

10

いいえ

クラスターと IAM ロールを所有するユーザーの他の AWS のサービスへのアクセスを Amazon Redshift に許可するために、クラスターに関連付けることができる IAM ロールの最大数。

すべてのユーザー定義の手動 WLM キューの同時実行レベル (クエリスロット)

50

いいえ

手動ワークロード管理によって定義されるすべてのユーザー定義キューの最大クエリスロット。

同時実行スケーリングクラスター

10

はい

同時実行スケーリングクラスターの最大数。

クラスター内の DC2 ノード

128

はい

クラスターに割り当てることができる DC2 ノードの最大数。各ノードタイプのノード制限の詳細については、「Amazon Redshift のクラスターおよびノード」を参照してください。

クラスター内の DS2 ノード

128

はい

クラスターに割り当てることができる DS2 ノードの最大数。各ノードタイプのノード制限の詳細については、「Amazon Redshift のクラスターおよびノード」を参照してください。

イベントサブスクリプション

20

はい

現在の AWS リージョンにおけるこのアカウントのイベントサブスクリプションの最大数。

ノード

200

はい

現在の AWS リージョンにあるこのアカウントのすべてのデータベースインスタンスにおけるノードの最大数。

パラメータグループ

20

いいえ

現在の AWS リージョンにおけるこのアカウントのパラメータグループの最大数。

クラスター内の RA3 ノード

128

はい

クラスターに割り当てることができる RA3 ノードの最大数。各ノードタイプのノード制限の詳細については、「Amazon Redshift のクラスターおよびノード」を参照してください。

リザーブドノード

200

はい

現在の AWS リージョンにおけるこのアカウントのリザーブドノードの最大数。

クラスターごとの各データベースのスキーマ

9,900

いいえ

クラスターごとに各データベースで作成できるスキーマの最大数。ただし、pg_temp_* スキーマはこのクォータにはカウントされません。

セキュリティグループ

20

はい

現在の AWS リージョンにおけるこのアカウントのセキュリティグループの最大数。

COPY によりロードするときの単一行のサイズ

4

いいえ

COPY コマンドを使用してロードするときの単一行の最大サイズ (MB 単位)。

スナップショット

20

はい

現在の AWS リージョンにおけるこのアカウントのユーザースナップショットの最大数。

サブネットグループ

20

はい

現在の AWS リージョンにおけるこのアカウントのサブネットグループの最大数。

サブネットグループ内のサブネット

20

はい

サブネットグループのサブネットの最大数。

large クラスターノードタイプのテーブル

9,900

いいえ

大規模クラスターノードタイプのテーブルの最大数。制限には一時テーブルが含まれます。一時テーブルには、ユーザー定義の一時テーブルや、クエリの処理またはシステムメンテナンス中に Amazon Redshift によって作成された一時テーブルが含まれます。ビューはこの上限には含まれません。

xlarge クラスターノードタイプのテーブル

9,900

いいえ

xlarge クラスターノードタイプのテーブルの最大数。制限には一時テーブルが含まれます。一時テーブルには、ユーザー定義の一時テーブルや、クエリの処理またはシステムメンテナンス中に Amazon Redshift によって作成された一時テーブルが含まれます。ビューはこの上限には含まれません。

4xlarge クラスターノードタイプのテーブル

20,000

いいえ

4xlarge クラスターノードタイプのテーブルの最大数。

8xlarge クラスターノードタイプのテーブル

20,000

いいえ

8xlarge クラスターノードタイプのテーブルの最大数。制限には一時テーブルが含まれます。一時テーブルには、ユーザー定義の一時テーブルや、クエリの処理またはシステムメンテナンス中に Amazon Redshift によって作成された一時テーブルが含まれます。ビューはこの上限には含まれません。

16xlarge クラスターノードタイプのテーブル

20,000

いいえ

16xlarge クラスターノードタイプのテーブルの最大数。制限には一時テーブルが含まれます。一時テーブルには、ユーザー定義の一時テーブルや、クエリの処理またはシステムメンテナンス中に Amazon Redshift によって作成された一時テーブルが含まれます。ビューはこの上限には含まれません。

クラスター内のユーザー定義データベース

60

いいえ

クラスターごとに作成できるユーザー定義データベースの最大数。

Amazon Redshift Spectrum のクォータと制限

Amazon Redshift Spectrum には、次のクォータと制限があります。

  • AWS Glue データカタログ を使用する場合の AWS アカウントあたりのデータベースの最大数。この値については、『アマゾン ウェブ サービス全般のリファレンス』の「AWS Glue サービスクォータ」を参照してください。

  • AWS Glue データカタログ を使用する場合のデータベースあたりのテーブルの最大数。この値については、『アマゾン ウェブ サービス全般のリファレンス』の「AWS Glue サービスクォータ」を参照してください。

  • AWS Glue データカタログ を使用する場合のテーブルあたりのパーティションの最大数。この値については、『アマゾン ウェブ サービス全般のリファレンス』の「AWS Glue サービスクォータ」を参照してください。

  • AWS Glue データカタログ を使用する場合の AWS アカウントあたりのパーティションの最大数。この値については、『アマゾン ウェブ サービス全般のリファレンス』の「AWS Glue サービスクォータ」を参照してください。

  • AWS Glue データカタログ を使用する場合の外部テーブルの列の最大数。疑似列が有効な場合は 1,598、疑似列が有効でないときは 1,600 です。

  • AWS Glue データカタログ を使用する場合の ION ファイルまたは JSON ファイルの文字列値の最大サイズは 16 KB です。

  • 単一の ALTER TABLE ステートメントを使用して、最大 100 のパーティションを追加することができます。

  • すべての S3 データは、Amazon Redshift クラスターと同じ AWS リージョンにある必要があります。

  • ION および JSON 形式のタイムスタンプには、ISO8601 形式を使用する必要があります。

  • ORC ファイルの外部圧縮はサポートされていません。

  • テキスト、OpenCSV、Regex SERDE では、'\177' より大きい 8 進数の区切り記号はサポートされていません。

  • すべてのパーティションからの読み取りを回避するには、パーティション列に述語を指定する必要があります。

    たとえば、次の術語は ship_dtm 列でフィルタリングしますが、パーティション列 ship_yyyymm にはフィルタリングを適用しません。

    WHERE ship_dtm > '2018-04-01'

    不要なパーティションをスキップするには、術後 WHERE ship_yymmm = '201804' を追加する必要があります。この述語はパーティション \ship_yyyymm=201804\ への読み込みオペレーションを制限します。

これらの制限は Apache Hive メタストアに適用されません。

命名に関する制約

次の表に、Amazon Redshift での命名に関する制約を示します。

クラスター識別子

  • クラスター識別子には小文字のみ使用できます。

  • 1~63 文字の英数字またはハイフンを使用する必要があります。

  • 1 字目は文字である必要があります。

  • ハイフンを、文字列の最後に使用したり、2 つ続けて使用したりすることはできません。

  • AWS アカウントのすべてのクラスター間で一意である必要があります。

データベース名

  • データベース名には 1~64 個の英数字を使用する必要があります。

  • 小文字のみを使用する必要があります。

  • 予約語は使用できません。予約語の一覧については、Amazon Redshift Database Developer Guide の「予約語」を参照してください。

マスターユーザー名

  • マスターユーザー名には小文字のみ使用できます。

  • 1~128 個の英数字を使用する必要があります。

  • 1 字目は文字である必要があります。

  • 予約語は使用できません。予約語の一覧については、Amazon Redshift Database Developer Guide の「予約語」を参照してください。

マスターパスワード

  • マスターパスワードは、8~64 文字である必要があります。

  • 最低 1 個の大文字を含める必要があります。

  • 最低 1 個の小文字を含める必要があります。

  • 数字を 1 個含める必要があります。

  • ASCII コード 33~126 の ASCII 文字のうち、' (一重引用符)、" (二重引用符)、\、/、@ を除く任意の文字を使用できます。

パラメーターグループ名

  • パラメータグループ名には 1~255 文字の英数字またはハイフンを含める必要があります。

  • 小文字のみを使用する必要があります。

  • 1 字目は文字である必要があります。

  • 文字列の最後にハイフンを使用したり、ハイフンを 2 つ続けて使用したりすることはできません。

クラスターセキュリティグループ名

  • クラスターセキュリティグループ名には 255 文字以下の英数字またはハイフンを使用する必要があります。

  • 小文字のみを使用する必要があります。

  • Default」という文字列を使用することはできません。

  • AWS アカウントで作成したすべてのセキュリティグループ間で一意である必要があります。

サブネットグループ名

  • サブネットグループ名には 255 文字以下の英数字またはハイフンを使用する必要があります。

  • 小文字のみを使用する必要があります。

  • Default」という文字列を使用することはできません。

  • AWS アカウントで作成したすべてのセキュリティグループ間で一意である必要があります。

クラスタースナップショット識別子

  • クラスタースナップショット識別子には 255 文字以下の英数字またはハイフンを使用する必要があります。

  • 小文字のみを使用する必要があります。

  • Default」という文字列を使用することはできません。

  • AWS アカウントで作成したすべてのセキュリティグループ間で一意である必要があります。