Amazon Redshift での接続の設定 - Amazon Redshift

英語の翻訳が提供されている場合で、内容が矛盾する場合には、英語版がオリジナルとして取り扱われます。翻訳は機械翻訳により提供されています。

Amazon Redshift での接続の設定

次のセクションでは、SQL クライアントツールからクラスターに接続するように JDBC 接続と ODBC 接続を設定する方法について説明します。このセクションでは、JDBC 接続と ODBC 接続の設定方法について説明します。また、Secure Sockets Layer (SSL) とサーバー証明書を使用して、クライアントとサーバー間の通信を暗号化する方法についても説明します。

Amazon Redshift の JDBC および ODBC ドライバー

クラスター内のデータを操作するには、クライアントコンピューターまたはインスタンスから接続できるようにするために JDBC または ODBC ドライバーが必要です。JDBC または ODBC データアクセス API オペレーションを使用し、JDBC または ODBC をサポートする SQL クライアントツールを使用するようにアプリケーションを記述します。

Amazon Redshift では JDBC および ODBC ドライバーをダウンロードできます。以前は、Amazon Redshift では、JDBC および ODBC 用の PostgreSQL ドライバーを推奨していました。これらのドライバーを現在使用している場合は、新しい Amazon Redshift– 特定のドライバーに移行することをお勧めします。JDBC および ODBC ドライバーをダウンロードし、クラスタへの接続を設定する方法の詳細については、「JDBC 接続の設定」と「ODBC 接続の設定」を参照してください。

クラスター接続文字列を検索する

SQL クライアントツールでクラスターに接続するには、クラスター接続文字列が必要です。クラスター接続文字列は、Amazon Redshift コンソールのクラスターの詳細ページにあります。

注記

Amazon Redshift 用の新しいコンソールが利用可能です。使用しているコンソールに基づき、[新しいコンソール] または [元のコンソール] の手順を選択します。新しいコンソールの手順はデフォルトで開いています。

クラスターの接続文字列を見つけるには

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon Redshift コンソール (https://console.aws.amazon.com/redshift/) を開きます。

  2. ナビゲーションメニューで [CLUSTERS] を選択し、リストからクラスター名を選択してその詳細を開きます。

  3. クラスターの [Properties (プロパティ)] タブを選択します。次に、[Connection details (接続詳細)] を確認し、[View all connection details (すべての接続詳細を確認する)] で、[JDDBC URL] および[ODBC URL] の値を確認します。接続文字列はクラスターが実行される AWS リージョンに基づきます。

  4. [コピー] を選択し、ドライバに必要な接続文字列をコピーします。

クラスター接続文字列を取得するには

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインし、Amazon Redshift コンソール (https://console.aws.amazon.com/redshift/) を開きます。

  2. [クラスター] ページで、接続文字列を取得するクラスターの名前を選択します。

  3. そのクラスターの [Configuration (設定)] タブの [JDBC URL] または [ODBC URL] で、接続文字列をコピーします。

    次の例は 米国西部 (オレゴン) リージョン で起動されたクラスターの接続文字列を示しています。別の AWS リージョンでクラスターを起動する場合、接続文字列はそのリージョンのエンドポイントに基づくものになります。