Amazon Redshift での接続の設定 - Amazon Redshift

Amazon Redshift での接続の設定

次のセクションでは、SQL クライアントツールからクラスターに接続するために、JDBC、Python、および ODBC での接続を設定する方法について説明します。このセクションでは、JDBC、Python、ODBC での接続を設定する方法について説明します。また、Secure Sockets Layer (SSL) とサーバー証明書を使用して、クライアントとサーバー間の通信を暗号化する方法についても説明します。

Amazon Redshift 用の JDBC、Python、および ODBC ドライバー

クラスター内のデータを操作するには、クライアントコンピュータまたはインスタンスから接続できるようにするために、JDBC、Python、または ODBC のドライバーが必要です。JDBC、Python、もしくは ODBC サポートする SQL クライアントツールを使用するために、JDBC、Python、ODBC のデータアクセス API オペレーションのいずれかを使用するように、アプリケーションを記述します。

Amazon Redshift では JDBC、Python、および ODBC ドライバーをダウンロードできます。これらのドライバーは AWS Support によってサポートされています。PostgreSQL ドライバーはテストされておらず、Amazon Redshift チームによってサポートされていません。Amazon Redshift クラスターに接続するときは、Amazon Redshift 固有のドライバーを使用してください。Amazon Redshift ドライバーには以下の利点があります。

  • IAM、SSO、およびフェデレーション認証のサポート。

  • 新しい Amazon Redshift データ型のサポート。

  • 認証プロファイルのサポート。

  • Amazon Redshift の機能強化に伴うパフォーマンスの向上。

JDBC および ODBC ドライバーをダウンロードし、クラスターへの接続を設定する方法の詳細については、Amazon Redshift での JDBC ドライバーのバージョン 2.1 による接続の構成Amazon Redshift Python コネクタの設定および ODBC 接続の設定 を参照してください。

クラスター接続文字列を検索する

SQL クライアントツールでクラスターに接続するには、クラスター接続文字列が必要です。クラスター接続文字列は、Amazon Redshift コンソールのクラスターの詳細ページにあります。

クラスターの接続文字列を見つけるには

  1. AWS Management Console にサインインして、(https://console.aws.amazon.com/redshift/)でAmazon Redshift コンソール を開きます。

  2. ナビゲーションメニューで [Clusters] (クラスター) を選択し、リストからクラスター名を選択してその詳細を開きます。

  3. JDBC URL および ODBC URL 接続文字列は、追加の詳細とともに、[General information (一般情報)] セクションで手に入れることができます。各文字列はクラスターが実行される AWS リージョンに基づき決まります。適切な接続文字列の横にあるアイコンをクリックしてコピーします。