SQL Workbench/J を使用してクラスターに接続する - Amazon Redshift

SQL Workbench/J を使用してクラスターに接続する

Amazon Redshift には SQL クライアントツールまたはライブラリが用意またはインストールされていないため、クラスターで使用するものをインストールする必要があります。既に、標準の PostgreSQL JDBC または ODBC ドライバーでクラスターに接続するビジネスインテリジェンスアプリケーションやその他のアプリケーションがある場合は、このセクションはスキップしてかまいません。クラスターに接続できるアプリケーションがまだない場合、このセクションでは SQL Workbench/J の DBMS に依存しない無料クロスプラットフォーム SQL クエリツールを使用してクラスターに接続する 1 つのオプションについて説明します。

SQL Workbench/J をインストールする

Amazon Redshift 入門ガイド は SQL Workbench/J を使用します。このセクションでは、SQL Workbench/J を使用してクラスターに接続する方法を詳しく説明します。

SQL Workbench/J をインストールする方法

  1. SQL Workbench/J のソフトウェアライセンスを確認します。

  2. SQL Workbench/J ウェブサイトにアクセスし、使用しているオペレーティングシステムの適切なパッケージをクライアントコンピュータまたは Amazon EC2 インスタンスにダウンロードします。

  3. Installing and starting SQL Workbench/J」ページにアクセスします。手順に従って SQL Workbench/J をシステムにインストールします。

    注記

    SQL Workbench/J をシステムにインストールするには、Java Runtime Environment (JRE) が必要です。使用する JRE のバージョンが SQL Workbench/J クライアントに合っていることを確認します。システムで動作している Java Runtime Environment のバージョンを確認するには、次のいずれかを行います。

    • Mac: [System Preferences (システム設定)] で Java アイコンを選択します。

    • Windows: [Control Panel (コントロールパネル)] で Java アイコンを選択します。

    • 任意のシステム: コマンドシェルで「java -version」と入力します。また、https://www.java.com にアクセスして [Do I Have Java?] リンクをクリックし、[Verify Java] ボタンを選択します。

    Java Runtime Environment のインストールと設定の詳細については、https://www.java.com にアクセスしてください。

SQL Workbench/J で JDBC 接続を介してクラスターに接続する

重要

この手順のステップを実行する前に、クライアントコンピュータまたは Amazon EC2 インスタンスに推奨される Amazon Redshift JDBC ドライバーがあることを確認します。最新のドライバーをダウンロードするリンクについては、「Amazon Redshift JDBC ドライバーのダウンロード」を参照してください。また、クラスターへのアクセスを許可するよう、ファイアウォールを設定したことを確認してください。詳細については、「ステップ 4: クラスターへのアクセスの許可」を参照してください。

SQL Workbench/J で JDBC 接続を使用するには

  1. SQL Workbench/J を開きます。

  2. [File (ファイル)] を選択し、[Connect window (ウィンドウの接続)] を選択します。

  3. [Create a new connection profile (新しい接続プロファイルの作成)] を選択します。

  4. [New profile (新しいプロファイル)] ボックスに、プロファイルの名前を入力します。たとえば、examplecluster_jdbc などです。

  5. [Manage Drivers (ドライバーの管理)] を選択します。[Manage Drivers (ドライバーの管理)] ダイアログが開きます。[Name (名前)] ボックスにドライバーの名前を入力します。

    [ライブラリ] ボックスの横にあるフォルダアイコンを選択し、目的のドライバーの場所まで移動してそのドライバーを選択します。次に、[開く] を選択します。

    [Please select one driver (ドライバーを 1 つ選択してください)] ダイアログボックスが表示されたら、[com.amazon.redshift.jdbc4.Driver] または [com.amazon.redshift.jdbc41.Driver] を選択し、[OK (はい)] を選択します。[Classname (クラス名)] ボックスは、SQL Workbench/J によって自動入力されます。[Sample URL (サンプル URL)] ボックスは空白のままにしておいて、[OK (はい)] を選択します。

  6. [Driver (ドライバー)] ボックスで、追加したドライバーを選択します。

  7. [URL] で、Amazon Redshift consoleから JDBC URL をコピーし、ここに貼り付けます。

    JDBC URL を見つける方法の詳細については、「JDBC 接続の設定」を参照してください。

  8. [Username (ユーザー名)] に、マスターユーザーの名前を入力します。

    Amazon Redshift 入門ガイド に従っている場合は、「masteruser」と入力します。

  9. [Password (パスワード)] に、マスターユーザーアカウントに関連付けられたパスワードを入力します。

  10. [Autocommit (オートコミット)] ボックスをオンにします。

  11. 次に示す [Save profile list (プロファイルリストの保存)] アイコンを選択します。

  12. [OK] を選択します。

SQL Workbench/J 接続をテストする

JDBC または ODBC 接続を設定すると、サンプルクエリを実行することで接続をテストできます。

  1. 次のクエリを使用して接続をテストできます。

    select * from information_schema.tables;

    接続に成功すると、[Results (結果)] タブにレコードのリストが表示されます。

  2. または、「Amazon Redshift 入門ガイド」に記載されているサンプルのテーブルとデータを読み込んだ場合は、[Statement (ステートメント)] ウィンドウに次のクエリを入力することで、接続をテストできます。

    select * from users order by userid limit 100;

    接続に成功すると、[Results (結果)] タブにレコードのリストが表示されます。