Amazon Redshift
クラスター管理ガイド

Amazon Redshift のログ記録とモニタリング

モニタリングは、Amazon Redshift と AWS ソリューションの信頼性、可用性、パフォーマンスを維持する上で重要な部分です。マルチポイント障害が発生した場合は、その障害をより簡単にデバッグできるように、AWS ソリューションのすべての部分からモニタリングデータを収集できます。AWS には、Amazon Redshift リソースをモニタリングし、潜在的なインシデントに対応するための複数のツールが用意されています。

Amazon CloudWatch アラーム

Amazon CloudWatch アラームを使用して、指定した期間中、1 つのメトリクスをモニタリングします。メトリクスが指定されたしきい値を超える場合、Amazon SNS トピックまたは AWS Auto Scaling ポリシーに通知が送信されます。CloudWatch アラームは特定の状態にあるため、アクションを呼び出しません。その代わり、状態が変更され、指定期間にわたって維持される必要があります。詳細については、「アラームを作成する」を参照してください。メトリクスの一覧については、「Amazon Redshift のパフォーマンスデータ」を参照してください。

AWS CloudTrail ログ

CloudTrail には、IAM ユーザー、ロール、または Amazon Redshift の AWS のサービスによって実行されるアクションのレコードが用意されています。CloudTrail によって収集された情報を使用して、リクエストの作成元の IP アドレス、リクエストの実行者、リクエストの実行日時などの詳細を調べて、Amazon Redshift に対してどのようなリクエストが行われたかを判断できます。詳細については、「AWS CloudTrail での Amazon Redshift API コールのログ記録」を参照してください。