使用を開始する - Amazon SageMaker

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

使用を開始する

カスタマイズせずにできる限り早く Amazon SageMaker を自分でセットアップしたい場合は、に記載されている手順に従ってくださいシングルユーザー向けのクイックセットアップ

  • SageMaker コンソールを開き、 SageMaker 左側のナビゲーションペインからアプリケーションにアクセスします。

  • クイックセットアップを使用すると、 SageMaker ドメインの詳細を知らなくても Amazon ドメインをセットアップできます。ドメインのデフォルト設定については、を参照してくださいデフォルト設定

  • ドメインをこれ以上カスタマイズする予定がない場合は、この「はじめに」の章を飛ばして、で SageMaker ML が提供する機械学習環境を使用する SageMaker 環境製品を調べてみてください。

Amazon SageMaker を多数のユーザーや組織向けにカスタマイズできるように設定したい場合は、上級者およびエンタープライズ向けの Machine Learning (ML) step-by-step 管理者向けのコンテキストヘルプを含む以下のガイドのいずれかをご利用ください。組織の管理者は、 AWS Identity and Access Management (IAM) またはを使用した認証によるユーザーまたはグループのオンボーディング AWS IAM Identity Center、スコープダウンされたアクセスポリシーの定義、 SageMakerアプリケーションと設定の管理、VPC 設定の設定を行うことができます。

注記

Amazon SageMaker Studio Lab ML 環境を使用する予定がある場合、または Amazon SageMaker ドメインが既に設定されている場合は、この「はじめに」の章を飛ばして、で SageMaker が提供する機械学習環境を使用する SageMaker ML 環境製品の検討を開始できます。 AWS アカウント

サインイン URL が提供されている場合は、の手順に従って設定できます。オンボーディング後にドメインにアクセスします。

ドメインを設定すると、ドメインを表示および編集します。管理ユーザーおよびユーザーは、サインイン URL を使用するか、SageMaker コンソールを開いて左側のナビゲーションペインから環境を選択することで ML 環境にアクセスできます。