scikit-learn および Spark ML 用に構築済みの Amazon SageMaker Docker イメージ - Amazon SageMaker

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

scikit-learn および Spark ML 用に構築済みの Amazon SageMaker Docker イメージ

SageMaker は、scikit-learn ライブラリと Spark ML ライブラリをインストールする構築済みの Docker イメージを提供します。これらのライブラリには、SageMaker と互換性のある Docker イメージを構築するために必要な依存関係も含まれています。Amazon SageMaker Python SDK。SDK を使用すると、機械学習タスクには scikit-learn、機械学習パイプラインを作成して調整するには Spark ML を使用できます。SDK のインストールおよび使用の手順については、「SageMaker Python SDK」を参照してください。

SageMaker Python SDK の使用

次の表には、scikit-learn コンテナと Spark ML コンテナのソースコードを含む GitHub リポジトリへのリンクを含みます。また、表には、これらのコンテナを Python SDK 推定器で使用して、独自のトレーニングアルゴリズムを実行し、独自のモデルをホストする方法を示す手順へのリンクも含まれています。

ライブラリ 構築済みの Docker イメージのソースコード Instructions
scikit-learn

SageMaker Scikit-learn コンテナ

Amazon SageMaker Python SDK での Scikit-learn の使用

Spark ML

SageMaker SparkML Serving コンテナ

SparkML Python SDK ドキュメント

構築済みイメージの手動指定

SageMaker Python SDK およびそのいずれかの推定器を使用してコンテナを管理していない場合は、該当する構築済みのコンテナを手動で取得する必要があります。SageMaker 事前構築済みの Docker イメージは、Amazon Elastic Container Registry (Amazon ECR) に保存されます。フルネームのレジストリアドレスを使用して、それらをプッシュまたはプルできます。SageMaker は、scikit-learn および Spark M に対して、次の Docker イメージ URL パターンを使用します。

  • <ACCOUNT_ID>.dkr.ecr.<REGION_NAME>.amazonaws.com/sagemaker-scikit-learn:<SCIKIT-LEARN_VERSION>-cpu-py<PYTHON_VERSION>

    たとえば、746614075791.dkr.ecr.us-west-1.amazonaws.com/sagemaker-scikit-learn:0.23-1-cpu-py3

  • <ACCOUNT_ID>.dkr.ecr.<REGION_NAME>.amazonaws.com/sagemaker-sparkml-serving:<SPARK-ML_VERSION>

    たとえば、341280168497.dkr.ecr.ca-central-1.amazonaws.com/sagemaker-sparkml-serving:2.4

次の表に、アカウント ID でサポートされている値と、対応するAWSリージョン名。

ACCOUNT_ID REGION_NAME
746614075791 us-west-1
246618743249 us-west-2
683313688378 us-east-1
257758044811 us-east-2
354813040037 ap-northeast-1
366743142698 ap-northeast-2
121021644041 ap-southeast-1
783357654285 ap-southeast-2
720646828776 ap-south-1
141502667606 eu-west-1
764974769150 eu-west-2
492215442770 eu-central-1
341280168497 ca-central-1
414596584902 us-gov-west-1

利用可能なイメージの検索

次のコマンドを使用して、使用可能なイメージのバージョンを調べます。たとえば、以下を使用して、使用可能なsagemaker-sparkml-servingイメージでca-central-1サービス対象:

aws \ ecr describe-images \ --region ca-central-1 \ --registry-id 341280168497 \ --repository-name sagemaker-sparkml-serving