認証情報プロバイダーの変更 - AWS SDK for Java 2.x

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

認証情報プロバイダーの変更

このセクションでは、AWS SDK for Java のバージョン 1.x と 2.x 間の認証情報プロバイダクラスとメソッドの名前変更のマッピングを提供しています。

顕著な違い

  • デフォルトの認証情報プロバイダは、バージョン 2.x の環境変数前にシステムプロパティをロードします。詳細については、「認証情報の使用」を参照してください。

  • コンストラクタメソッドは、create あるいは builder メソッドで置き換えられます。

    DefaultCredentialsProvider.create();
  • 非同期リフレッシュはデフォルトで設定されなくなりました。認証情報プロバイダーの builder で指定する必要があります。

    ContainerCredentialsProvider provider = ContainerCredentialsProvider.builder() .asyncCredentialUpdateEnabled(true) .build();
  • ProfileCredentialsProvider.builder() を使用して、カスタムプロファイルファイルへのパスを指定できます。

    ProfileCredentialsProvider profile = ProfileCredentialsProvider.builder() .profileFile(ProfileFile.builder().content(Paths.get("myProfileFile.file")).build()) .build();
  • プロファイルのファイル形式がより AWS CLI に一致するように変更されました。詳細については、「AWS Command Line Interface ユーザーガイド」の「AWS CLI の設定」を参照してください。

バージョン 1.x と 2.x 間でマッピングされた認証情報プロバイダの変更

AWSCredentialsProvider

カテゴリの変更 1.x 2.x
パッケージ/クラス名 com.amazonaws.auth.AWSCredentialsProvider software.amazon.awssdk.auth.credentials.AwsCredentialsProvider
メソッド名 getCredentials resolveCredentials
サポートされていないメソッド refresh 非サポート

DefaultAWSCredentialsProviderChain

カテゴリの変更 1.x 2.x
パッケージ/クラス名 com.amazonaws.auth.DefaultAWSCredentialsProviderChain software.amazon.awssdk.auth.credentials.DefaultCredentialsProvider
作成 new DefaultAWSCredentialsProviderChain DefaultCredentialsProvider.create
サポートされていないメソッド getInstance 非サポート
外部設定の優先順位

システムプロパティの前の環境変数

環境変数の前のシステムプロパティ

AWSStaticCredentialsProvider

カテゴリの変更 1.x 2.x
パッケージ/クラス名 com.amazonaws.auth.AWSStaticCredentialsProvider software.amazon.awssdk.auth.credentials.StaticCredentialsProvider
作成 new AWSStaticCredentialsProvider StaticCredentialsProvider.create

EnvironmentVariableCredentialsProvider

カテゴリの変更 1.x 2.x
パッケージ/クラス名 com.amazonaws.auth.EnvironmentVariableCredentialsProvider software.amazon.awssdk.auth.credentials.EnvironmentVariableCredentialsProvider
作成 new EnvironmentVariableCredentialsProvider EnvironmentVariableCredentialsProvider.create
環境変数名 AWS_ACCESS_KEY AWS_ACCESS_KEY_ID
AWS_SECRET_KEY AWS_SECRET_ACCESS_KEY

SystemPropertiesCredentialsProvider

カテゴリの変更 1.x 2.x
パッケージ/クラス名 com.amazonaws.auth.SystemPropertiesCredentialsProvider software.amazon.awssdk.auth.credentials.SystemPropertyCredentialsProvider
作成 new SystemPropertiesCredentialsProvider SystemPropertiesCredentialsProvider.create
システムプロパティ名 aws.secretKey aws.secretAccessKey

ProfileCredentialsProvider

カテゴリの変更 1.x 2.x
パッケージ/クラス名 com.amazonaws.auth.profile.ProfileCredentialsProvider software.amazon.awssdk.auth.credentials.ProfileCredentialsProvider
作成 new ProfileCredentialsProvider ProfileCredentialsProvider.create
カスタムプロファイルの場所
  • AWS_CREDENTIAL_PROFILES_FILE 環境変数

  • new ProfileCredentialsProvider

  • AWS_SHARED_CREDENTIALS_FILE 環境変数

  • ProfileCredentialsProvider.builder

ContainerCredentialsProvider

カテゴリの変更 1.x 2.x
パッケージ/クラス名 com.amazonaws.auth.ContainerCredentialsProvider software.amazon.awssdk.auth.credentials.ContainerCredentialsProvider
作成 new ContainerCredentialsProvider ContainerCredentialsProvider.create
非同期更新を指定する 非サポート デフォルトの動作

InstanceProfileCredentialsProvider

カテゴリの変更 1.x 2.x
パッケージ/クラス名 com.amazonaws.auth.InstanceProfileCredentialsProvider software.amazon.awssdk.auth.credentials.InstanceProfileCredentialsProvider
作成 new InstanceProfileCredentialsProvider InstanceProfileCredentialsProvider.create
非同期更新を指定する new InstanceProfileCredentialsProvider(true)

InstanceProfilerCredentialProvider.builder().asyncCredentialUpdateEnabled(true).build()

システムプロパティ名 com.amazonaws.sdk.disableEc2Metadata aws.disableEc2Metadata
com.amazonaws.sdk.ec2MetadataServiceEndpointOverride aws.ec2MetadataServiceEndpoint

STSAssumeRoleSessionCredentialsProvider

カテゴリの変更 1.x 2.x
パッケージ/クラス名 com.amazonaws.auth.STSAssumeRoleSessionCredentialsProvider software.amazon.awssdk.services.sts.auth.StsAssumeRoleCredentialsProvider
作成
  • new STSAssumeRoleSessionCredentialsProvider

  • new STSAssumeRoleSessionCredentialsProvider.Builder

StsAssumeRoleCredentialsProvider.builder
非同期更新 デフォルトの動作 デフォルトの動作
構成 new STSAssumeRoleSessionCredentialsProvider.Builder StsClient および AssumeRoleRequestリクエストを設定する

STSSessionCredentialsProvider

カテゴリの変更 1.x 2.x
パッケージ/クラス名 com.amazonaws.auth.STSSessionCredentialsProvider software.amazon.awssdk.services.sts.auth.StsGetSessionTokenCredentialsProvider
作成

new STSAssumeRoleSessionCredentialsProvider

StsGetSessionTokenCredentialsProvider.builder
非同期更新 デフォルトの動作 StsGetSessionTokenCredentialsProvider.builder
構成 コンストラクタパラメータ ビルダーで StsClientおよび GetSessionTokenRequestリクエストを設定する

WebIdentityFederationSessionCredentialsProvider

カテゴリの変更 1.x 2.x
パッケージ/クラス名 com.amazonaws.auth.WebIdentityFederationSessionCredentialsProvider software.amazon.awssdk.services.sts.auth.StsAssumeRoleWithWebIdentityCredentialsProviderr
作成

new WebIdentityFederationSessionCredentialsProvider

StsAssumeRoleWithWebIdentityCredentialsProvider.builder
非同期更新 デフォルトの動作 StsAssumeRoleWithWebIdentityCredentialsProvider.builder
構成 コンストラクタパラメータ ビルダーで StsClientおよび AssumeRoleWithWebIdentityRequestリクエストを設定する

置き換えられたクラス

1.x クラス 2.x 置換クラス
com.amazonaws.auth.EC2ContainerCredentialsProviderWrapper software.amazon.awssdk.auth.credentials.ContainerCredentialsProvider および software.amazon.awssdk.auth.credentials.InstanceProfileCredentialsProvider
com.amazonaws.services.s3.S3CredentialsProviderChain software.amazon.awssdk.auth.credentials.DefaultCredentialsProvider および software.amazon.awssdk.auth.credentials.AnonymousCredentialsProvider

削除されたクラス

1.x クラス
com.amazonaws.auth.ClasspathPropertiesFileCredentialsProvider
com.amazonaws.auth.PropertiesFileCredentialsProvider