AWS SDK for Java をセットアップする - AWS SDK for Java

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS SDK for Java をセットアップする

プロジェクトで AWS SDK for Java を使用する方法について説明します。

Prerequisites

AWS SDK for Java を使用するには、以下が必要です。

プロジェクトに SDK を含める

プロジェクトに SDK を含めるには、使用するビルドシステムまたは IDE に応じて、以下のいずれかの方法に従います。

  • Apache Maven-あなたが使用する場合Apache Mavenから、SDK 全体 (または特定の SDK コンポーネント) をプロジェクトの依存関係として指定できます。Maven を使用する場合の SDK のセットアップ方法の詳細については、「Apache Maven とともに SDK を使用する」を参照してください。

  • Gradle-あなたが使用する場合Gradleを使用すると、Gradle プロジェクトで Maven 部品表 (BOM) をインポートして SDK の依存関係を自動的に管理することができます。詳細については、「Gradle とともに SDK を使用する」を参照してください。

  • Eclipse IDE-Eclipse IDEを使用する場合、インストールして使用することができます AWS Toolkit for Eclipse を開きます。これにより、Java SDK が自動的にダウンロード、インストール、および更新されます。詳細およびセットアップ方法については、『 AWS Toolkit for Eclipseユーザーガイド

上記の方法のいずれかを使用する場合 (Maven を使用するなど)、その場合は、AWSJAR ファイル (次のセクションをスキップできます)。Apache Ant またはその他の方法で、別の IDE を使用してプロジェクトをビルドする予定の場合は、次のセクションで示している手順に従って SDK をダウンロードして展開します。

SDK をダウンロードして展開する

新しいプロジェクトには、SDK の最新のビルド済みバージョンを使用することをお勧めします。これにより、すべてのAWSのサービス。

注記

以前のバージョンの SDK のダウンロードおよび構築方法の詳細については、「以前のバージョンの SDK のインストール」を参照してください。

  1. から SDK をダウンロードします。https://sdk-for-java.amazonwebservices.com/latest/aws-java-sdk.zip

  2. SDK をダウンロードしたら、そのコンテンツをローカルディレクトリに抽出します。

SDK には次のディレクトリが含まれます。

  • documentation-APIドキュメントが含まれます (ウェブでも利用できます)。 AWS SDK for JavaAPI リファレンス).

  • lib— SDK が含まれます。.jarファイル。

  • samples— SDK の使用方法を示す作業サンプルコードが含まれます。

  • third-party/lib-Apache Commons Logging、AspectJ、Spring framework など、SDK で使用されているサードパーティライブラリが含まれます。

SDK を使用するには、libthird-party ディレクトリの完全パスをビルドファイルの依存関係に追加し、コードを実行する Java の CLASSPATH にそれらを追加します。

以前のバージョンの SDK のインストール

最新バージョンの SDK のみが、構築済みの形式で提供されています。ただし、Apache Maven (オープンソース) を使用して、以前のバージョンの SDK を構築できます。Maven が、必要なすべての依存関係をダウンロードし、1 つのステップで SDK を構築およびインストールします。インストールの手順と詳細については、http://maven.apache.org/ を参照してください。

  1. SDK の GitHub ページ「」に移動します。 AWS SDK for Java(GitHub)

  2. 使用する SDK のバージョン番号に該当するタグを選択します。例えば、1.6.10 です。

  3. [Download ZIP] ボタンをクリックして、選択したバージョンの SDK をダウンロードします。

  4. 開発システムのディレクトリにファイルを解凍します。多くのシステムでは、グラフィカルなファイルマネージャーを使用してこれを行うことができます。または、ターミナルウィンドウで unzip ユーティリティを使用できます。

  5. ターミナルウィンドウで、SDK ソースを解凍したディレクトリに移動します。

  6. 次のコマンドを実行 (Maven が必要) して SDK をビルドおよびインストールします。

    mvn clean install

    .jar ファイルが target ディレクトリで構築されます。

  7. (オプション) 次のコマンドを使用して API リファレンスのドキュメントを構築します。

    mvn javadoc:javadoc

    ドキュメントは target/site/apidocs/ ディレクトリに構築されます。

Java 開発環境のインストール

AWS SDK for Java には、J2SE Development Kit 6.0 以降が必要です。最新の Java ソフトウェアは http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/ からダウンロードできます。

重要

Java バージョン1.6 (JS2E 6.0) には、SHA256 で署名された SSL 証明書の組み込みサポートがありませんでした。これはAWS2015年9月30日以降。

Javaバージョン 1.7 以降は更新された証明書でパッケージ化されており、この問題の影響を受けません。

JVM の選択

AWS SDK for Java が搭載されたサーバーベースのアプリケーションで最高のパフォーマンスを得るには、64 ビットバージョンの Java Virtual Machine (JVM) を使うことをお勧めします。この JVM は、実行時にお客様が -Client オプションを指定しても、サーバーモードでのみ稼働します。

実行時に -Server オプションを指定して 32 ビットバージョンの JVM を使うと、64 ビットの JVM と同等のパフォーマンスが得られます。